2016年8月28日 (日)

モスクワに新しい観光名所ができる?

 モスクワ・クレムリンのスパスカヤ塔のすぐ内側にあった14番館取り壊しに伴い、発掘調査が行われているけど、そこでモスクワ最古の銘文が刻まれた礎石が出土したそうな。

モスクワ・クレムリンにおける新たな考古学的調査
(ロシア科学アカデミー考古学研究所・ロシア語、写真多数)

 ここにはもともと、1365年にアレクシー府主教が基礎をおいたチュードフ修道院があった場所で、ソヴィエト時代の1929年に破壊され、その上に14番館が建てられていた。
 14番館が取り壊されることになったので、2015年12月から発掘調査も行われていたわけだ。14番館もロシア革命後最初にクレムリンに建設された建物で、長らく最高会議幹部会が置かれていたということで、冷戦期を経験してきた者にとっては歴史的な建造物に思えるのだけれど、このたび完全に解体された。

Kremlin administration building 14
<14番館:背後にスパスカヤ塔がちょこっと見える>(wikipediaより

 何で英語でクレムリ「ン」と言うのかは知らんけど、クレムリというのはロシア語で城塞という意味。もともとこのモスクワ川に臨む高台の上に築かれた城塞(クレムリ)がモスクワの起源だから、あそこは掘れば何か出てくるわけ。しかも、文献史料からクレムリンの中でもあの場所がもっとも最初に建造物が建てられたことになってるから、期待値は高まっていた。

 で、期待通り/リンク先の写真の通りの興味深い結果が出た。
 文献通りであるなら、あの礎石に刻まれた銘文は、モスクワ最古の銘文ということになる。
 まぁ、草原者的に興味あるのは、13世紀半ばに激しい火災の跡があるって点だね。元記事(大元ウルスの記事という意味ではないぞ)には「バトゥの略奪?」なんて疑問符付きで書かれていて、それ直に見たい!って目が輝いちゃう(笑)。

 ニュースでもプーチンがこの発掘現場を視察する様子を流していて、ここを地下博物館にするよう任せたっていうことだから、そのうち、クレムリン内に新しい博物館が出来るかもね。

プーチン視察の様子(RT)

 余談だけど、アレクシー府主教っていうのは、ロシア映画「オルド」でスハーノフが演じてた主人公(一応)だよね。
 1365年っていうとあの映画のあとになるのかな。馬でトコトコ去るシーンで彼の出番は終わるけど、モスクワに帰ったあとこういうことやってたのかぁ、と妄想しながら遺跡見物をしたら楽しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

ドキュメンタリー「ロシア:氷に隠された自然の神秘」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
ロシア:氷に隠された自然の神秘(2015)

 おお! 最近ニュースで「400年生きる」と話題になったニシオンデンザメの動いてる映像ではないですか!
 場所はロシアと言っても極北も極北、北緯80度より上の地球のてっぺんにあるフランツ・ヨーゼフ諸島です。

 表題に「氷に隠された」と謳っているけども、実際には氷河は溶けてるんですね。19世紀の写真と比べると一目瞭然。
 同じくナショナルジオグラフィックの「北欧物語~生きる」でも、ホッキョクグマが島に取り残されて厳しい状況になっていたけれども、ここでも同じように取り残され、主たる獲物のアザラシが捕れなくなってるんですな。セイウチのコロニーはあるけど、あの牙にはさすがのホッキョクグマも太刀打ちできないか。ホッキョクグマが青々とした草(←これがもっさもっさに茂ってるのも問題かと思うが)を一心に食べてるっていうのも驚きです。クマは雑食とはいえ、ホッキョクグマが肉以外のものを食べている映像って珍しいかもしれません。

 氷山の近くの水温の低い所の方が微細物がたくさんっていうのもおもしろいですね。極北の海は地味だけれども、全体が滋養たっぷりのスープみたいなものって事でしょうか。
 温かい海の方が生物が豊かなように思い込んでいましたが、微生物っていうのはそれぞれの環境に適応してどんどん変化していけるんですね。これだけ氷の溶け方が激しいと、今までいた生物が死滅してしまうんじゃないか、と心配ではあるんですが、環境が変わればそれに順応した生物が繁茂していくんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

ドキュメンタリー「スロヴァキア」

Slovakia: Treasures in the Heart of Europe

2016年アメリカ/スロヴァキア
旅人…パット・アスカート
ガイド…ミラ・キッソヴァ

 最近アマゾン・プライムもYouTube化してきたのか、海外の映像そのままっていうビデオが増えてきた。英語・字幕なしなので意味が今ひとつわからないけれども、スロヴァキア各地の風景が見られれば良いので問題なし。

 スロヴァキアは古いヨーロッパの風情が味わえるっていうので人気なんでしょうね。過度に観光化していない城が多いのも魅力で、以下に紹介された場所を見ても、随分とたくさんの城が紹介されている。まぁ、お城フェスティバルみたいなのもあるんで、そこがスロヴァキア旅行のウリでもあるんだろうな。私は特に廃墟ハイキングに行きたくなった。

ブラチスラヴァ
 ブラチスラヴァ城
 聖マルチン大聖堂
 聖ミハエル門
 プライメット・パラス
 旧市庁舎
 ジェヴィーン城
ドナウ川
シュトーロヴォ ニトラと大モラヴィア
 ニトラ城
 プリビナ像
 キュリロスとメトディオス像
廃墟ハイキング
 フルショフ遺跡
 ギメシュ遺跡
ボイニッチ城
チチマニ
 フォーク・ミュージック・フェスティバル
お城フェスティバル
 オラヴァ城
 トレンチン城
ラフティング
下カルパティアン・ルテニア
バルデヨフ
スピシュ城
スロヴェンスキー・ライ(スロヴァク・パラダイス)
バンスカ・シュティアヴニツァ
冬のお楽しみ・温泉
コシツェ
ポプラト

 そこで甲冑を着たり、ドナウ川をジェットフォイルで行ったり。田舎道をバイクで行くのも爽快そうです。

 旅のスロヴァキア語会話もやってるが、ちょっとロシア語に似てる。それもそのはず。モラヴィアにあるキュリロスとメトディオス像。キュリロスは「キリル文字」の人ではないですか(キリルはロシア語読み)。キリル文字・グラゴール文字の歴史博物館も充実している。なかなかおもしろそうな国ですな。特にヨーロッパに興味のない私から見ても、あの城の風情は行ってみたいレベル。歴史好きや、古き良きヨーロッパを感じたい人には特にオススメだねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

コミケット90に参加したよ

先日は、暑い中来て下さった方々、どうもありがとうございます。

Comiket901

なにしろ、コミケ雲さえ出ませんでしたが、この有り様。

Comiket902
これは、港で船を待つ難民の群れ?

Comiket903
それとも、バターン死の行進?

……動きが鈍かったような気もしますが、まぁ、あの暑さじゃしかたありません。

そんな火炎地獄の責め苦をものともせず、「部族編」完結編となる第四章を手にとって下さった方々に感謝、感謝です。

これで『モンゴル史(集史)』の翻訳は一区切り。

ゴジラVSシリーズ風に、
「私の役目は終わった……」
というところですが、冬には群雄堂の20周年記念出版物が出るらしいので、また冬コミで会いましょう~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

モンゴル史「部族編4」が我が家に着いたぁ@日東ヒ34b

 そ、そりゃないぜ、小澤さん…。

 小沢さんといっても「仮面ライダーアギト」の小沢澄子じゃないぞ(あたり前田のクラッカー)。

 スカヌウトの部族名の元になってる「スカイ」ってモンゴル語にねえなあってずっと探してたんだけどさ。

 なんのことはない、現代モンゴル語辞典みたら、まんま載ってたわ。しかも、キリル文字表記の現代語辞典だから探すの苦労なしで。なんなのこの「青い鳥は家にいた」みたいなオチは…。

……あぁ、我が家にいなかっただけなのね、ウチにある貰い物の超古くて簡単な現代モンゴル語辞典には出てなかったもんな。DA・KA・RAさんざん探してたんだけどさ。そりゃあ、いないよね、ウチに青い鳥さん……シクシク。

 ま、いいんだけどね、ラシードの解説が正しいって事を自分で納得するために調べてただけなので……。

 だって、もう「部族篇4」刷り上がっちゃったから!

Mongol41
ほれぼれする出来上がり

Mongol42
そしてこの注の量である(セミョーノフの注だよ、私じゃないので信用できる)。

 カノッサ編集長、ありがとうございます。

 さて、再来週の「部族篇4」は:
●シギ=クトクとヤギの*の話
●チンギスがボオルチュの尻を愛でる話
●チンギスに「おまえの娘なんかガマかカメみたいだ、このおれが娶るかよププ」と言って処刑されたアミールの話
…等々、見所たくさんだよ~。

みんな、見てね~!
Pop1
『モンゴル史』部族篇4
\1,000.-
「群雄」日東ヒ34b

……そしてますます秘史原理主義者になるわしであった……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

ハザール帝国時代の墓地を発掘しているよ

シンフェローポリ市(クリミア)のサイトによると、東ボスポロス調査隊がケルチ市郊外クズ=アウル遺跡でハザル可汗国(ハザール帝国)時代のアランと見られる人々の墓を発掘したと報じています!

2016年7月21日
クリミアで考古学者が古代の墓地を発見(写真あり)←というかほとんど写真

場所はケルチの郊外です。
上の記事の写真見ると、海に臨む高台(海岸段丘の上)のようですね。
古墳好きも納得の(?)良さげロケーションです。

 プレス・リリースによると、手に持ってるのが石英塊、銅製の装飾品とおもり。1~1歳半の子供が埋葬されてました。その遺骨の上には玉髄の大きなビーズ。5~8世紀のいわゆる「サルトフ=マヤーツカヤ文化」に属しているものである事が判明しています。というわけで、この墓の被葬者はハザル可汗国を構成していたアランであったとみなされています。

 遺骸は法医学鑑定ののち発掘物共々クリミアの博物館に収められるとのことですが、具体的な館名が書いてない…クリミアにあるのなら、いずれにせよ、なかなか行くのが難儀そうな(政治的に)所でしょうなぁ。

 ハザールってだけでユダヤがどうのー、アシュケナージがどうのー、色々面倒くさい事を言ってくる人がいるのに、クリミアかよ!って思いますが、政治的意図があるからそこら辺から発掘費用が出てくるんでしょうね。ポル=バジンなんかもそうでしょう。わざわざプーチンが見に来たりしてさ。

 考古学なんて浮き世のどろどろからほど遠い、純粋でひたむきな学問のようなイメージがありますが、なかなかに生臭い事でございます。

<広告>
Pop1
『モンゴル史』部族篇4
\1,000.-
「群雄」日東ヒ34bで買う←

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

自家用ヘリを買おうぜ

 ヘリコプターマネーではなく、リアル・ヘリコプターの話です。

個人所有ヘリ:どれを買うべき? どうやって飛ばす?

 ↑なんてなタイトルのロシアの雑誌記事を見かけまして。
 ほほー、ロシアの金持ちはどんな自家用ヘリコプターに乗ってるのかナー?と興味津々でのぞいてみました。

 結果から言えば、ロビンソンR-22、ローターウェイA600タロン、ヘリ・スポルトCH-7、CH-77、懐に余裕があればエアバスヘリコプターズもしくはベルと、なんてことはない、欧米と同じじゃないですか。

G-HIZZ Robinson R-22 Helicopter (27189429136)
<ロビンソンR-22>

 なるほど、とは思いました。最近どうもロシアのニュース映像でロビンソンよく見かけるなぁ、と思ってたんです。ロシアでもポピュラーになったんですね。
 まぁ、R-22なら価格が3000万円前後(輸送費関税等含まず)とお手頃なんでしょう。

 しかし!

 ロシアなのにロシア製のヘリはどうした、と思うわけです。

 一応、自家用に使えそうなものとしてカザン・ヘリコプターズのアンサト(タタル語で「難しくない」「簡単」という意味だそうな)、

Kazan Ansat
<カザン・ヘリコプターズ アンサト:wikipediaでは「軽量多目的ヘリコプター」に分類されてるけど、後部キャビンに7~9人乗れますってそこそこ大きいような>

 カモフKa-226T

Ka-226T maks2009
<カモフ Ka-226T:自家用ユースには若干無骨なフォルムかもしれません。でも、カモフ特有の二重(同軸)反転式メインローターがステキって人もきっといる…か?>

 カモフKa-62の名が挙がっています。

MAKS Airshow 2013 (Ramenskoye Airport, Russia) (519-10)
<カモフ Ka-62:テイルローターの形状(フェネストロン)からしてドーファンじゃねーかと突っ込みたくなりますケド(汗)>

 しかし、これらロシア製のヘリコプターはR-22やA600のように自分で飛ばして楽しむってタイプではありませんよね。大きいし。
 大金持ちならパイロットもお抱えだし、後部キャビンを豪勢なサロンに仕立てて空飛ぶ執務室・応接室として使ってもいいじゃないか、とも思いますが、それだと、お洒落な(笑)エアバス・ヘリコプターズH135、H155やアグスタ・ウエストランド(フィンメカニカ)AW139とまるかぶりです。何となく成金だと舶来品を選びそうな気がします。

I-easj
<AW139:ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーでも取り上げられてましたね>

※逆に言えば、Ka-62の工場は極東・沿海州アルセーニエフ市にあるんだし、日本と極東の経済交流って事で日本の個人なり航空会社がKa-62買ってもいいんじゃないかと思いますね。
 昔、日本でもソ連製ヘリコプター運用してた会社がありましたが、きわめて頑丈で故障しないって聞いたことあります。ロシア製ヘリは極地やアフガニスタンで鍛えられ、Mi-8/17のように改良を加えられながら50年以上生産し続けている機種もあります。ソユースもそうですが、ロシアはそういう息の長い技術が得意ですよね。

 その他、カザン・ヘリコプターズのアクタイ、トリアッチ市の企業の製造しているベールクトの名が挙げられていました。両方とも二人乗りの小型ヘリです。まだまだロシアではこういう軽量ヘリコプターの歴史は浅いので一般的ではないのでしょうが、 そのうち、ロビンソンR-22のライバルに成長するかもしれませんね。

Berkut (helicopter)
<ベールクト:「イヌワシ」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

映画「ノスタルジア」

ノスタルジア [DVD]

1983年イタリア/ソ連
監督:アンドレイ・タルコフスキー
キャスト:
アンドレイ・ゴルチャコフ…オレーク・ヤンコフスキー
ドメニコ…エルランド・ジョセフソン
エヴゲニア…ドミジアナ・ジョルダノ

 なぜか、タルコフスキーの映画って途中で必ず寝る。半分くらいは夢みたいな幻想みたいな、あるいはあの世の光景のような場面だからだろうか。
 早く寝なきゃならないのに寝付かれないなんて時に見るに最適の映画!……かも知れないけどご注意を。アンドレイは現実から逃れたかったのか、最後には、あっちの世界逝っちゃったみたいだし、一緒に連れて行かれないようにね(そんなこたーない)。

 正直、エヴゲニアがどうして突然キレたのかサッパリわからなかったし、ドメニコの行動も謎なんだけど、イタリア人のやることはわからん、というアンドレイ視点なのかな?最後の方の焼身自殺を固まった姿勢のまま見ている人々の群れの表現と同じで、リアルな映像ではなくて、いったんアンドレイのフィルタを通った映像なのかもしれない。
 でも、この映画見て、「ロシア人は移植できない植物のようにロシアから離れて生きていけない」というのは、単に自分たちは特別の民族である、と思いたいから言ってるだけなんじゃないかって気がしてきた。ここで表現されているのがそれだというのなら、誰しも感じる普通のことじゃない?ってね。

 両方の世界にいるイヌはアヌビスなんだろうか。演じているのが普通のシェパードなんでこれだけ見たら単にイヌとしか思わなかったかもしれないが、「ストーカー」のイヌは真っ黒で耳がピンと立った有名なアヌビスの像にそっくりのイヌだったのでわかりやすかった。たぶんあれと同じ意味の象徴ではないかと。ヨーロッパの人にとってはイヌはアヌビスとかケルベロスとか、死の世界を連想させるものなのかね? 本来はジャッカルだとすると、それほど聖書の世界観が浸透しているって事か。
 でもさ、そんなの上っ面だけだよね。キリスト教以前の信仰が絶対、心理の古層に残ってるって。季節の行事なんか見れば一目瞭然。タルコフスキーで取り上げられる「信仰心」もキリスト教って訳じゃないもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

映画「雪の轍」

雪の轍 [DVD]

2014年トルコ
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
キャスト:
アイドゥン…ハルク・ビルギネリ
ニハル…メリサ・ソゼン
ネジラ…デメト・アクバー
ヒダーイェット…アイベルク・ペクジャン
ハムディ…セリハト・クルチ
イスマイル…ネジャト・イシレリ

 いやぁ、何はともあれ、最後はアイドゥンが最もすべきだった彼に相応しい仕事に着手できて良かった。いろいろあったけど、それも物書きには糧になるさ。

 なにしろ、周囲の働かない連中ほどプライドが高く、偉そうに他人を批評するのが笑える…と言うか酷い話。盗人にも三分の理で、そういう批判の中にも自分のためになる事がある、と思ってアイドゥンが真摯に反省して歩み寄ろうとしても、それは違う、とかまた批判。その一方で、相手のおかしい所を指摘しても同じ話をぐるぐる繰り返すばかりでちゃんと反論できない。しかも最後は逆ギレ。…ネットの書き込みかーい!

 逆恨みして刺しそうな勢いの人さえいて、それも最近のストーカー事件みたいなネット・トラブルを思わせる。カッパドキアののどかなホテルの裏でこんなストレスのたまる人間関係が繰り広げられているという対比がすごいけれども、日本でも田舎って僻みっぽい人多いからな、こういう面倒くさい人間関係、実際ありそうだよなー(だから過疎るんだよ)とも思った。
…もっとも、田舎だろうと都会だろうといつの時代でも人を批判して貶めることで自分を高めて偉ぶってる人間は大勢いるのかもしれないけどねー。

 そうそう、アイドゥンが馬を買いに行くシーンがあるんだけれど、やっぱり馬が少し小さいような。我々の祖先の馬だ、とか言ってるからトルコの馬もあんなもんなんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

ドキュメンタリー「真相解明!恐怖の人食い動物」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
真相解明!恐怖の人食い動物シーズン1(2011)
第4話「人間を襲うオオカミ」

 カメラマンのゴードン・ブキャナンは、以前捕食動物を追って大自然の中へ入っても、危険だと感じることはほとんどなかったのだという。ところが、近年状況は大きく変わって、こうした動物たちはヒトを獲物として捕食するようになったというのだ。

 それはなぜか?

 それを解明するために、ブキャナンは身一つで人間狩りの舞台となった現場に入り込んで行く。

 このシリーズで取り上げられているのは次の四種類の動物。

第1話「人間の味を覚えたライオン」LION ATTACK(タンザニア)
第2話「殺人キラー:ヒョウ」KILLER LEOPARDS(インド)
第3話「連続殺人鬼:トラ」TIGER AT LARGE(ネパール)
第4話「人間を襲うオオカミ」WOLF HUNT(アラスカ)

 クマが人を食うのは当たり前過ぎるほど当たり前の事だから取り上げられないのかとも思ったが、アマゾン・プライムで見られないだけで他にもあるのかもしれないナ。

 当然、一番興味があるオオカミ編の感想をば。

 北米でオオカミが人を食った事件は二件しかないんだって。2010年アラスカのチグニックレイクでキャンディスという女性が殺されたのがその一つ。つい最近の話だ。

 普通、
「オオカミは人間を尊敬し、恐れているので人を襲うことはない」
そうで、キャンディスが食われたのは余程の特殊事情だったのかとも思うが、この回だけなーんか変な感じ…。

 ネコ科の動物ならしょせんデカネコ、人間なんか尊敬も畏怖してもいないだろう、という思いが心の底にあるせいか、人を食うようになった原因が徹底的に解明されているせいか、割と納得できる結果だったんだけどな~? 現地の人たちも原因を解明したいというブキャナンに協力的にみえたし。原因に即した対応も取られるようになってたみたいだし。

 オオカミの回は、結局の所、人を食った当事オオカミが駆除されたのかどうかわからずじまい(殺されたオオカミの腹からキャンディスの遺体の一部が出た等の証明がされていない)。理由も想像に過ぎないんじゃないかなぁ。まぁ、襲われた人は食われちゃって状況はわからないもんな。参考にするような類似事件も少ない訳だし。

 メイデイ・シリーズと同じで、原因が徹底的に解明されないと、人身事故は繰り返されるんじゃないのかねぇ。手近にいる個体を駆除して終わり、では何の解決にもなっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コミックマーケット90に参加します@日東ヒ34b