2022年8月13日 (土)

嵐のC100(物理)

100回記念のコミックマーケットに参加しました。

台風の影響で風が強く、直射日光もなかったので、待ち時間もそんなに暑くなくて良かったのですが……

C1002

不穏な雲が流れる流れる。

そして、入場が始まり建物の中に入る直前にぽつんぽつんと降り始め、群雄スペースへ向かう頃にはザーッとすごい勢いで雨が降ってきました。

ひょえ~。すごいタイミング。まぁ、そのお陰で夏コミ特有の酷暑はなく、楽ではありました。

C1003

『ウンゲトゥの石像』は右端。台風の影響で、早めに帰る人が多かったようですね。いつ電車が止まるかわからない、みたいな過酷な条件の中で来てくださった方々、ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

『ウンゲトゥの石像』刷り上がったそうです!

C100に間に合ったー!

「群雄」は13日(東Q12b)。ギリギリ過ぎる~(笑)。

実物はまだ手元にないので、画像は次の機会に。

ところで、今回の薄い本には巻頭カラー頁がありますが、そこに入れなかった写真を一つ。

03062128c 

なぜ入れなかったかというと、石人とも自然石とも判断がつかなかったため。顔ないし。

でも、後から考えると、16頁の№27(35)の人物像なんじゃないかと思えてきました。

№27にはイラストがないので、すり合わせるすべもないんですがね。ナンバリングされているということは、発掘報告書かなんかを見るとイラスト的なものが出ているかもしれません。

| | コメント (0)

2022年8月 8日 (月)

C100では『ウンゲトゥの石像』@土東Q12b

薛延陀の夷男の廟だという説を称えるヴォイトフの『ウンゲトゥの石像』ですが、表紙はこんな感じになる予定です。

Ungetusenden1

地味?

Ungetusenden2

こんな感じの方が良かった?

ところで、この表紙を作ってるときに、この石人の目って卵形の出っ張りの下のへこみのところで、卵形の出っ張りは帽子かなんかの装飾品のような気がしてきたんですけど(バランス的に)、どうでしょうか?

| | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

C100には石人本!

かなりぎりぎりになりましたが、コミケット100に出す薄い本はできました。

 

『ウンゲトゥの石像』石人本です!

羊やライオンの像もあるので、「像」にせざるを得なかったんですが、石人本です!

久々にモンゴルのカラー写真もあります。どんなできばえになるのか?自分でも楽しみです。

序文なんかは2時間くらいで書いたので、きっと穴があると思います。是非、間違い探しをしてみてください?(笑)

そして、うろうろしているのを呼び出して指摘してくれると喜びます(Mかな?)

| | コメント (0)

2022年6月11日 (土)

コミックマーケット100に参加します

群雄はコミックマーケット100(Comiket100)に当選しました。
2022年8月13日土曜日 東Q12bです。
Gunyu1

世にも珍なる薛延陀ネタ「ウンゲトゥの石人」の準備はしているんですが、間に合うかなぁ……という感じです。
とりあえずは前回のコミケで出したバルトリドの「アニー マヌチェ・モスクのペルシャ語碑文」をよろしくお願いします。

あー、でも一般入場は今回も抽選でしょうから、まずはそれに当たらないといけませんが!

| | コメント (0)

2022年5月27日 (金)

ついに出た『集史』「モンゴル史」部族篇の日本語訳!

お?

Shimbun01 

おおっ?!

Shimbun03 

おおおお!!

Shimbun04
一面じゃないですか! 風間書房さん!!

ついに出ました。

『集史』「モンゴル史」部族篇 訳注ぅぅううう!!!

Shushi2__-1

……まぁ、発行は先月だったんですけれど。ようやく世に出ました。

2年くらいこれに全力を注ぎ込んでいたので、ブログ書き込みがおろそかになっていましたが、ようやく何か書く余裕が出てきました。なにしろ、版下もカバーデザインも自分でやったので、いろいろいっぱいいっぱいでして。

それはともかく、モンゴルに興味のある人におすすめです! チンギス=ハンに関係のあるいろいろな人が出てきて、しかもキャラが立っているので、教科書の中でしか知らない様な人でも、あの人はああだったのかなー、こうだったのかなーと想像が広がり、血肉のある人間として感じられるようになりますぞ。

| | コメント (0)

2022年3月 6日 (日)

『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』を読んで

 YouTubeの「スカパー!」公式チャンネルにて、ディアトロフ峠事件についての海外ドラマの宣伝をしていたが、ゲストで出ていた荻田泰永さんのお話や写真がとても素晴らしく、極地(寒冷地)探検熱が蘇ってきて『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』や『北極読本』などを衝動買いした。

 意図して買ったわけではないのだが、『アグルーカの行方』で筆者と一緒に北極を歩いているのが荻田さんだった。と、いうか、日本人で北極を歩いて旅するなんて冒険家は荻田さんくらいのものなのかもしれない。序盤で荻野さんがホッキョクグマと格闘して(?!)撃退したシーンがあり、また久々に読んだ探検もの(ノンフィクション)だったせいもあってとてもおもしろかった。そして、胸をきゅんと締め付けられるような読後感がまたノンフィクションっていいなと思わせてくれた。現地調査は本当に大切。詳細な地図が付いているのも良かった。

 オカルト好きには有名なディアトロフ峠事件だけれども、フランクリン隊の運命の方がよっぽど謎だしゴア表現がきついかも。なにしろ129人も死者が出ているからね? 最新の工業技術だと信じていたものが次々と人命を奪っていくところも皮肉で怖い。ディアトロフ峠事件の方は、冷静に見ていくとなんだか普通の雪山遭難のような気もするし……。オカルトネタにされちゃうと、変な尾鰭がつくからなぁ。そういうのない方がロマンがあるし、怖いと思うんだけどねぇ。

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

超かんたん 自分用栗きんとん作ってみた

正月の準備、今日一日じゃできそうもないけど、餅ばっかりじゃ繊維不足になりそうなので、栗きんとん作ろ。

Kurikinton01Kurikinton02

用意するのはさつまいもと栗の瓶詰めだけ

Kurikinton03
いもをレンジでチン

Kurikinton04
皮をむいて

Kurikinton05
手動でつぶす(自分用なので漉さないでヨシ)

Kurikinton06
瓶詰めの汁を加えて煮たら栗投入

Kurikinton07
以上。できあがり。

市販の栗きんとんのような鮮やかな色ではないけど、自分が食べるだけだから良しとしよう。

しかし、2020年最後の投稿がこれでいいのか(笑)。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

PCあるあるっ

 かなり前から、パソコン……具体的にはグラフィックボードが不調(寿命?)で、9月くらいにWindowsは正常に立ち上がるんだけど、画面が真っ黒……ってな具合で、Win+Ctrl+Shift+Bを押してもウンともスンともいわなくなり、そのたびにグラボをせっせと掃除してだましだまし使ってきた。

 というのも、どうしてもやり遂げなければならない仕事があり、パソコンを根本的に組み直している時間がなかったから。で、毎日クリーニングしている暇もないから、今度止まったら取りかえようと、急いでグラボを買った。

Graphicboard01
はい、開封! これでいつ止まっても大丈夫ッ!

 ところが、グラボが来てから今日この日まで一度も黒画面にならず、普通に使えているという……。←これって、PCあるあるだよね。

 いったいどういう事ーっ? PCパーツには人間の言葉がわかるのかな?

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

『モンゴルの親族組織と政治祭祀 オボク・ヤス構造』を読んで考えたことなど

Obokh2
モンゴルの親族組織と政治祭祀―オボク・ヤス(骨)構造

 『モンゴル史(集史)』ロシア語版を訳しているとき、悩んだことの一つがローヂチ(родич)の訳。
 そもそもこれ、モンゴル語の何の訳なんだろう? アカ・ヴァ・イニと一緒に出てくる印象があったので、オボクの訳なんだろうか? じゃあ、ロート(род)がウルクかな???と思っていたが、ラシード原文のペルシャ語を見ているワケではないので、想像の域を出なかった。

 そんなとき、楊海英著『モンゴルの親族組織と政治祭祀 オボク・ヤス構造』という本が出ているのを知り、これで謎が解けるかも、と思って即ポチした。

 読み始めて間もなく、30ページにモンゴル語とロシア語の対照表が出ていた。
 積年の悩みに決着が!と胸が高鳴ったのだが、思っていたのと何か違うような?

 というか、この本、ウルクが全く出てこない。最終章にようやく出てきて、ウルクはオボクのテュルク語的表現だとひとことで終わり。そ、そうだったのか?

 つまり、ウルクとオボクには差がなく、差がないところに無理に違いを見いだそうとしていたから混乱しまくっていた(←自分が勝手に)ってこと?

 とはいえ、『モンゴル史(集史)』も「部族篇」しか訳してないので、『集史』全体では違うのかもしれない。しかもロシア語の時点でいわばモンゴル語→ペルシャ語→ロシア語の重訳だから、もとのモンゴル語がどの程度反映されているかわからないよなー、と思い、とりあえず「部族篇」も一部訳しているスミルノヴァさん訳の「祖先紀」「チンギスカン紀」で、ロート(род)が何の訳かハッキリ書いてある箇所をピックアップしてみた。

ナサブ(nasab)5箇所
ウールーク(ūrūġ)2箇所
カビーレ(qabīle)6箇所
ナスル(nasl)4箇所
クドゥード(qu ̒dūd)3箇所
ヘイル(kheyl)2箇所
シャヂャル(shadjar)1箇所
アスナーフ(aṣnāf)1箇所

……って、バラバラやん!(笑)結局、一般的にロートに訳されてるのは普通のペルシャ語なんだろうな?
 どんどん群盲象を撫でる的な方に行ってる気がするので、余談は脇に置いとくとして。

 『モンゴルの親族組織と政治祭祀 オボク・ヤス構造』そのものは、とてもおもしろかった。モンゴルの部族や氏族の名称について、今まで、全部個別案件、それぞれ来歴をたどらなきゃダメかとあきらめていたものが、オボク、ヤス、オトク等から考えて、これほどスッキリわかりやすく系統づけられたものはなかったように思う。「だいたいこんな感じ?」と漠然と感じていたことともピタリ合ってる。

 ただこれ、『集史』『秘史』あたりでモンゴルの部族名と系統というか関係性が頭に入っていないと、とっつきにくいかもしれないな。逆にそれがわかると、チンギス時代のあの部族が、今はこうなってああなっているんだ、と面白さ倍増。
 モンゴル帝国時代が現代モンゴルにも生きている感じがしてとても良い。

| | コメント (0)

«『モンゴル紀行』(1972年)を読んでみたらおもしろい発見があった