« 【翻3-18】オルドスのソグド聚落 | トップページ | 【翻3-20】セリンディアのペリオイキス »

2007年6月19日 (火)

【翻3-19】城塞都市

городище がらぢーしぇ

 考古学の用語で、防塞集落趾、城塞趾。

 いかにもгород(ごーらと 街、市、都市)等々と同じ仲間の言葉。そもそも「街」の起源が城壁に囲まれている集落だったせいだろう。中国語の「城」に近い感じなんではないだろうかと思ったりして。実際、『大唐西域記』からの引用部分では、「城」の訳語としてゴーラトが使われている(【翻3-27】都市国家参照)。

 でも、城塞趾とはいっても、カラヂーシェは、我々が「城」という言葉から思い浮かぶような、がっちりした石造りの城壁があるのはごく稀で、ましてや現代の日本人が城を復元、という時に思わず造って(創って?)しまいがちな天守閣などはあるまい。

創作例:千葉城
Chibajo

 そういうわけで、城趾と訳してしまうと誤解を受ける可能性がある単語のためか、昔の論文なんかでは(今も?)「ゴロジシチェ」とか、訳さずにそのまま書いてある事がよくある。最近見た、白石典之著『チンギス・カン』では「ガラディーシェ」と書いてあったな(p.13)。『チンギス・カン』にはそれがどういうモノか説明してあるのでわかるのだけれど、説明なしでいきなり出て来ることがある。表記が今風でないと「え?」と一瞬わからないことあるんだけど、これって考古学の世界では説明無しでもOKなほど定着した用語なのかなぁ?

【3-19】参考資料:
白石典之『チンギス・カン “蒼き狼”の実像』中公新書
Genghiskhan

|

« 【翻3-18】オルドスのソグド聚落 | トップページ | 【翻3-20】セリンディアのペリオイキス »

中央アジア」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

突厥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/15493219

この記事へのトラックバック一覧です: 【翻3-19】城塞都市:

« 【翻3-18】オルドスのソグド聚落 | トップページ | 【翻3-20】セリンディアのペリオイキス »