« 【翻3-0】まえがき | トップページ | 【翻3-2】ツァーリ≡ハーン »

2007年6月 1日 (金)

【翻3-1】ボリシェビキ…?

Большая надпись ばりしゃーや・なーとぴし

 どの突厥碑文を表すかの略称で
(КТб)
(КТм)
というのが出てくる。КТというのは「キョル=テギン碑文」の略称なんだろうが、問題は小文字の部分。
 б…とみると、反射的に「большевики(ばりしう゛ぃきー ボリシェビキ)?」と思ってしまう。じゃあ何だ、мはメンシェビキか? あり得ないだろ(笑)。
 бとмと対比して使われているからには、やはりбольшая(ばりしゃーや 大きい)とмалая(まーらや 小さい)なのだろう。でも、ビルゲ=カガン碑文なら、大断片なのかもしれないが、キョル=テギン碑は特に割れてないはず。大と小って?

 それで、小野川秀美訳の突厥碑文と見比べてみると、大となっているのは東面で、小となっているのは南面だ。この段落の本文中にも出てくるが、突厥では正面は東なので、碑石は東を向いて建てられる。それで正面の東が広い(大きい)面となるから、そういうことなんだろうか。
 しかし納得しがたいのは、広い面は前だけでなく後ろにもあるだろう、という事。
 たまたま、キョル=テギン碑文、ビルゲ=カガン碑文の裏は、当時の唐の皇帝・玄宗の書いた漢文なので紛れることはないのだろうが、実はその余白にもルーン体文字が書かれているし、狭い(小さい)方の面に至っては同等なのが二つある(南面と北面)ではないか。その区別はどうすんだ。
???

 えーい。もういーわい。出てくるたびに確認するから(投)。

|

« 【翻3-0】まえがき | トップページ | 【翻3-2】ツァーリ≡ハーン »

中央アジア」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

突厥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/15280506

この記事へのトラックバック一覧です: 【翻3-1】ボリシェビキ…?:

« 【翻3-0】まえがき | トップページ | 【翻3-2】ツァーリ≡ハーン »