« 【翻3-25】カシュガルのマフムード | トップページ | 【翻3-27】都市国家 »

2007年6月26日 (火)

【翻3-26】「キオスク」はトルコ語か?

кёшки きょーしき

 たぶん、トルコ語でいうところのköşk(キョシュク 別荘、離れ)のことだろう。ロシア語のкиоск(きおーすく 売店、キオスク、(東洋風の)園亭)はここから来ているんじゃないかと思うんだけど、手元の語源辞典には載ってない。
 某鉄道会社の売店にこの名前が付いていて、トルコ語からとったって説明されていることがあるような気がするが、あれはどう見てもロシア語の形であって、トルコ語には見えないんだけど…。まー、どうせロシア語にはタタル語経由で入ったんだろうが。
 しかもköşkって、本来のトルコ語ではないらしく、トルコ語辞書を見ると、ペルシャ語って説明されている。ペルシャ語辞典は全然引けなかったので(字からして読めない)英和辞典を見てみると、

>ペルシャ語「宮殿」の意

と解説されてる。宮殿~~~(爆)。


【3-26】参考資料:
竹内和夫著『トルコ語辞典 改訂増補版』大学書林 1996年10月
Tjsozluk








N. M. シャンスキー、T. A. ボブロヴァ『ロシア語語源辞典』1994年
Н. М. ШАНСКИЙ Т. А. БОБРОВА ЭТИМОЛОГИЧЕСКИЙ СЛОВАРЬ РУССКОГО ЯЗЫКА "ПРОЗЕРПИНА" ТОО "ШКОЛА" МОСКВА 1994
Etymological_dictionary
「小」とはどこにも書いてはないが、小さい辞典なので小辞典なのかもしれない。だって、フランス語とかドイツ語とか比較的近年(17世紀とか)に入ってきた単語だけでなく、ラテン語、ギリシャ語起源なんてのは載ってるクセに、明らかにトルコ語、モンゴル語ってのはあんまり出てないんだもの。

|

« 【翻3-25】カシュガルのマフムード | トップページ | 【翻3-27】都市国家 »

中央アジア」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

突厥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/15561943

この記事へのトラックバック一覧です: 【翻3-26】「キオスク」はトルコ語か?:

« 【翻3-25】カシュガルのマフムード | トップページ | 【翻3-27】都市国家 »