« 【翻3-29】ウルスとは、人々…とは限らない | トップページ | 【翻3-e】6月のまとめ »

2007年6月30日 (土)

【翻3-30】カガンのフィギュア

подставная фигура ぱつたう゛なーや ふぃぐーら

 パツタブナーヤは、偽のとかダミーのという意味。フィグーラは図形、彫像、人間、(人間の)姿…要するに、英語のfigure。
 ぴったり来る名詞が思いつかないで「形骸化した」と意訳にしてみたが、これは【翻3-12】傀儡(くぐつ)で中宗、睿宗が武則天の手の中で操られるマリオネットになっているのより更にひどく、西突厥のカガンがお飾りのお人形さんになっている様を表していて、まさに「フィギュア」。マリオネットなら、まだ動いたり踊ったりもするんだけどね~。フィギュアは飾るだけ…。

Linew_2


 あ゛ーーー、最後のシメがこんなんで良いんだろうか~。
 …でも順番だからしょうがないか~。

 そういえば、「第2節 テュルク」の参考文献をあげてなかった。資料を書き込もうとした記事がボツになったせいもあるけど、実のところまだよく調べてないのであんまりないのです。今後の課題ということで…。…というか、手元にある資料もよく読み直さなければならないな、という気持ちで一杯です。
 とりあえず、「第3節 アルグゥの国」、気がついた分だけでもあげておきます。

参考文献:
玄奘著 水谷真成訳『大唐西域記1』平凡社東洋文庫653
Saiikiki1
1999年5月
(「中国古典文学大系」1971年11月の一冊だったものの再版)
56~68頁



護雅夫『古代トルコ民族史研究II
Noimage11992年 山川出版社
「いわゆるテュルギシュの銅銭について」





内藤みどり『西突厥史の研究
Nishi1988年2月 早稲田大学出版会
「砕葉の牙庭と羯丹山」1~21頁、
「初代砕葉鎮と唐軍に軍糧を送った安国」21~29頁





内藤みどり「突厥カプガン可汗の北庭攻撃」東洋学報 第76巻第3・4号 1995年3月

護雅夫訳『中央アジア・蒙古旅行記
Noimage1桃源社 1969年1月
197、198頁。ルブルクのギョームの言う「オルガヌム」は「アルグゥ」の国が訛って伝わったものだという話。

東西交渉旅行記全集〈1〉中央アジア・蒙古旅行記(1965年)の新装版。


佐藤長『古代チベット史研究Noimage1東洋史研究会 昭和34年10月
「ロンチンリンの活動」p.344-361

|

« 【翻3-29】ウルスとは、人々…とは限らない | トップページ | 【翻3-e】6月のまとめ »

中央アジア」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

突厥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/15596462

この記事へのトラックバック一覧です: 【翻3-30】カガンのフィギュア:

« 【翻3-29】ウルスとは、人々…とは限らない | トップページ | 【翻3-e】6月のまとめ »