« 【翻3-6】襲い掛かるもの | トップページ | 【翻3-8】キタイと契丹 »

2007年6月 7日 (木)

【翻3-7】漢の武帝

Хяо Ву-ди ひゃお う゛ぅ=ぢぃ(?)←読めない。

 ピンインxiao wu-di(孝武帝)のキリル文字表記らしい。う゛ー=ぢーってのが武帝だというのは想像が付いたものの、Хяо(ひゃお?)ってなんだろうってずっと悩んでいたが。

 でも武后はимператрица У(いんぴらとりーつぁ うー 武皇后または女帝武)になってるんだな。武攸宜もウ=ユイって読んでるし…。

 確かに、時代によって漢字の音は違うということだけど、これは武帝の時代と武后の時代の音の違いと言うよりは、むしろ、拠っている資料がバラバラに読んでいるからかな、と想像してみたり…。

 そうだ、慣用読みって可能性もあり?
 …でも、そもそも「慣用」読みがあるほどメジャーな分野なのかな?(汗)

 日本語でも、「和尚」と書いて、おしょう、かしょう、わじょうなどといろいろに読んだり、呉音とか漢音とかあるのと似たようなことがロシア語でもあるってことか?

|

« 【翻3-6】襲い掛かるもの | トップページ | 【翻3-8】キタイと契丹 »

中央アジア」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

突厥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/15340301

この記事へのトラックバック一覧です: 【翻3-7】漢の武帝:

« 【翻3-6】襲い掛かるもの | トップページ | 【翻3-8】キタイと契丹 »