« 【翻3-e】6月のまとめ | トップページ | 映画「かもめ食堂」 »

2007年7月 2日 (月)

映画「極限水域」

極限水域 ファースト・アフター・ゴッド

2005年ロシア
監督:ヴァシーリィ・チギンスキー
音楽:ダト・エヴゲニゼ
キャスト:
マリーニン…ドミートリィ・オルロフ
シャラビゼ少佐…ミハイル・ゴミアシヴィリ
旅団長…ヴラジーミル・ゴステュヒン
アンナ…イリーナ・ビョルクルンド
ターニカ…エリザヴェータ・ボヤルスカヤ
ミーシャ…スヴェトラーナ・ナペベデヴァ

 原題は、「神に次ぐもの」。
 さすがに、ドラゴンボールみたいに神を越えちゃったりはしない(笑)。

 1944年ソ連占領下のフィンランド。レニングラードからやってきたターニカにとって、なにもかもが包囲下のレニングラードとは違っていた。
 特に、潜水艦が帰ってくるたびに、戦勝祝いというのが何ともおめでたく見えたのだが、それというのも、潜水艦にとっては負けて帰ってくるということはありえないから。負ければ沈没、墓標もなく海の底に沈むのだ。生きて戻ってくるものは、常に勝者である。

 すねに傷持つ潜水艦艦長サーシャ・マリーニン。
 とはいっても、彼自身ではなく彼の兄弟がいわゆる「人民の敵」な訳だが、当時としてはそれは逮捕に充分すぎる理由だった。ただ、戦時下ということで、出撃するたびに大勝利を得て帰ってくるマリーニンは「英雄」であった。
 その英雄の化けの皮を剥ぐべく、シャラビゼ少佐がやってくる。彼の仕掛けたは罠に、マリーニンはおもしろいくらいにばっちり引っかかるわけだが…。

 しゃべったこともない片思いなのに、マリーニンを思ってあれだけヒステリックに泣きわめくターニカを見てしまうと感情移入できなくて冷めてしまうが、絆が恋しい戦時下風なんだろうか?
 フランス語を話して現地の美女と懇ろになるマリーニンもなんだか少し前に流行ったちょい悪オヤジ風で、失笑してしまう。外国語ができる=格好良いとでも思っているのだろうか(爆)。
 まぁ、そういった何が粋なのかについての感覚の違いや、綿密とか用意周到といった感覚からほど遠いのに、最後にはなんだか上手くいってしまうところもおもしろい。ぉぃぉぃという感じもするが(笑)。これがスラヴ魂というヤツか(ニチェボー精神ってこういうことを言うのか?)。

 潜水艦の艦内シーンもそれほど閉塞感を感じないので、日曜の夜に気軽に見るにはちょうどいい娯楽大作だろうと思う。


関連作品:
チギンスキー監督作品→「ミラーウォーズ
チェチェン・ウォー」→ゴステュヒンがイヴァンの父親役でちらっと(笑)。

|

« 【翻3-e】6月のまとめ | トップページ | 映画「かもめ食堂」 »

ソ連」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/15239221

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「極限水域」:

« 【翻3-e】6月のまとめ | トップページ | 映画「かもめ食堂」 »