« ドラマ「チンギス・ハーン」 | トップページ | 映画「鬼戦車T-34」 »

2007年12月10日 (月)

【モ1-2】「オルガナはオレの嫁」

 ホラーサーンのバーミヤーン攻略の際、敵の矢に当たって死んだチャアダイの長男モエトゥケン(ムトゥゲン)。
 彼は四人の息子を遺して逝きました。末の息子カラ=フレグに、美人の産地として名高いオイラトから妃を迎えることになりました。それがオルガナです。

 オルガナは、オイラトに嫁いだチンギスの娘・チチェゲンの娘です。
 後に若くして亡くなったカラ=フレグに代わり、チャアダイのウルスの当主になる彼女は、よほど美人だったのか、気の利く女性だったのか、いたく気に入ったオゴデイがこんな事を言っています。

「オルガナはオレの嫁(ベリ)」

……ん?
オゴデイ?

(おいおい、チャアダイの孫にきた嫁じゃんよ……)

 大カアンよ、その発言はまずくないですか? 普通、「オレの嫁」とか思っても、口に出して言うもんじゃないでしょー。
 そういう事うっかり口にしちゃうと、末代までの語りぐさになっちゃうよ!

チャアダイ家系図(暫定)
Genealogy2
チンギスの子供って誰だっけ?と思ったらこちら
参考:オイラト・クトカ=ベキ家の系図

|

« ドラマ「チンギス・ハーン」 | トップページ | 映画「鬼戦車T-34」 »

モンゴル」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/17331895

この記事へのトラックバック一覧です: 【モ1-2】「オルガナはオレの嫁」:

« ドラマ「チンギス・ハーン」 | トップページ | 映画「鬼戦車T-34」 »