« 映画「トゥヤーの結婚」 | トップページ | 映画「ブリッジ」 »

2008年4月 7日 (月)

映画「モンゴル」

Mongol

2007年ロシア/カザフスタン/ドイツ
監督:セルゲイ・ボドロフ
キャスト:
テムジン(チンギス・ハーン)…浅野忠信
ボルテ…フラン・チュルーン
ジャムカ…スン・ホンレイ(孫紅雷)
タルグタイ…アマドゥ・ママダコフ
子供の頃のテムジン…オドナン・オドスレン
子供の頃のボルテ…バヤルツェツェグ・エルデネバト
子供の頃のジャムカ…アマルボルド・トゥフシンバヤル
エスゲイ…バーサンジャプ
ホエルン…アリヤ

 パンフレットのプロダクションノーツに、

>当時の歴史を記した『元朝秘史』によれば、チンギス・ハーンの人生には空白の期間があるという。

と書かれているが、これ『集史』の間違いじゃないのか?
 『元朝秘史』は日本語訳が数種あるから読めばわかると思うが、特に空白の期間はないだろ。
 それに対して、『集史』「チンギス=カン紀」にはこういう記述がある。

ネズミの年であり(その始まりが)ヒジュラ暦563年ラビー第I(月)[西暦1167年12月~1168年1月]に当たるクルギネの年の初めから、トラの年であり始まりがヒジュラ暦590年サッファール(月)[西暦1194年1月~2月]に当たるバルスの年の終わりまでは、27年の間がある。最後の年には、チンギス=ハンは数えで41歳であった。ここに述べた期間、彼の人生のこの間の状況は、詳しく年ごとには知られていないので、それらは短的に記されよう。
(ラシード=アッディーン『年代記集成(ふつう日本で『集史』と呼んでいるもの)』スミルノーワ訳からの重訳←ボドロフ監督もこれを読んでるはず)

 プロダクションノーツの言ってる空白期間って、このことを言ってるんじゃないか?
 だってさ、今回、「モンゴル」の扱ってる期間って、まさにこの期間じゃん。
 もちろん、ラシードは『元朝秘史』見てるからこの後、タルグタイ・キリルトゥグやジャムカ・セチェンとの抗争については書いてあるよ。でも、このあたり『元朝秘史』だってどの程度史実か確かめようがないんだから、『元朝秘史』から着想を得て自由に物語を組み立てたって、決して間違いじゃない。むしろ『集史』の言ってることを素直に解釈したともとれる。
 …え? 非歴史ヲタにはどうでもいい? スイマセン(笑)。


 そういうわけで、『元朝秘史』からネタを取ってるようだけど、拘り過ぎずにジャムカやボルテとの横の関係を前面に押し出して再構成したわかりやすいストーリィ展開になってる。それでいて細々としたところにさりげなく「あ、それ『集史』ネタだろ?」ってな所があってそれもおもしろい。「木の驢馬(三角木馬に非ず…でもたぶん拷問具)」なんてちゃんと出てんだよ。笑っちゃった。
 それにジョチと楽しく青々とした草原で転げ回ってるお父さんテムジンってほほえましいよなぁ。それをうらやましそうに見てる娘のムングンがまたかわいい。
 ジャムカに
「おまえ(=テムジン)あんな恐ろしい女とよく一緒に寝られるな~」
と言わしめるほどボルテが「漢(おとこ)」なのもまた良い感じ。
 たぶんその通りだと思うよ。もっと後の世代を見ても、チンギス家の男ってたいてい奥さんの尻に敷かれてるから。あ、チンギス家に限らないか(笑)。

 一方、オン・ハンの存在がバッサリ切られてるのな。仮父的存在のオン・ハン殺しやらホエルン母の無限の愛やらの縦関係の葛藤、絆にグッときてた辺り、加藤剛版「蒼き狼」は実に日本的だったんだなぁ、と再認識した。ま、『秘史』もオン・ハン殺しについては長々言い訳してるから、日本的というかアジア的なのかもしれない。BBCのドラマ「チンギス・ハーン」でもオン・ハンはカットされてたし。

 アクションもまぁ良かった。正直言ってグッとくるほどじゃなかったが。
(参考:私がグッときたアクションの例「マッハ!!!!!」「五毒拳」←カルトムービーじゃん!)
 贅沢を言うのなら、モンゴルって「弓手民族」って呼ばれるくらい弓矢が得意なんだから、もっと弓使えよ~!とは思った…地味になっちゃうからしょうがないのかな? でもアクション映画界(?)では「ガン・アクション」というジャンルもちゃんとあるくらいなんだから、飛び道具でもできないことはないはず。誰か格好いいアーチェリー・アクションやってよ。あ、でも空中で鏃どうしが当たるってのはナシね。いくら何でもウソクサイ(笑)。

 おもしろかったし、ツッコミどころがないというわけでもない(といっても、大方はオン・ハン抜きが原因で起こる諸々の矛盾だから、許容範囲ではある)ので詳しーーーく書きたいのは山々なんだけど、事前に歴史を知らなければついていけないような複雑なストーリィではないので、それは後の機会に…。

4/21追記。
見つけたからはっとくか。
映画「MONGOL」エンディングの曲(幅425ピクセルだから右側切れてます)。

|

« 映画「トゥヤーの結婚」 | トップページ | 映画「ブリッジ」 »

モンゴル」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ああ。。。
集史を読んでない、わっちには突っ込みようが無いわけですな(笑
いや、秘史くらいちゃんと読めよ自分

投稿: 武藤 臼 | 2008年4月 7日 (月) 23時41分

いえいえ、テムジンの若い頃って、結局『秘史』しかネタ元ってないようだから是非突っ込んでください(笑)。
いずれにせよ、偉い先生方に『集史』、特に「チンギス=カン紀」「クビライ=カアン紀」あたりの邦訳を出してもらえないことには、何とも動きが取れませんね(泣)。
あ、あと、『世界征服者の歴史』もあるとなお良いっすね~(欲張り)。

投稿: 雪豹 | 2008年4月 8日 (火) 00時06分

>『世界征服者の歴史』もあるとなお良いっすね~(欲張り)。

いやいや、それは当然の帰結です
強く!支持しますよ

投稿: 武藤 臼 | 2008年4月 8日 (火) 00時24分

『世界征服者の歴史』があると、アサシンネタが充実しますよ!(たぶん)
それにしても、『集史』が誰にでも読める状態になってないって本当にまずいってますます切実に感じました。

投稿: 雪豹 | 2008年4月 8日 (火) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/40805705

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モンゴル」 :

» 「モンゴル」 第9位 [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 149  オープニング土日興収: 3200万円「蒼き狼 地果 [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 00時11分

» 「MONGOL モンゴル」かつて大帝国を造った男の伝説前夜 [soramove]
「MONGOL モンゴル」★★★☆ 浅野忠信、スン・ホンレイ 主演 セルゲイ・ボドロフ 監督、2007年 ドイツ、ロシア、カザフスタン・モンゴル合作、125分 アカデミー外国語映画賞ノミネートで 一気に知名度を上げた本作品。 浅野忠信は映画俳優だ、 こ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 00時21分

» 映画「モンゴル」(2007、カザフスタン) [富久亭日乗]
    ★★★★☆  12世紀のモンゴルを舞台にGenghis Khanが 国家統一を果たすまでを描いた歴史スペクタクル。 原題は「MONGOL 」。  一部族の族長の息子Temujin=後のGenghis Khan= (浅野忠信)は9歳の時に別の部族の娘Börte(Khulan Chuluun)と 運命的な出会いをする。 その直後父を敵に毒殺されたり、 捕虜にされ、奴隷として売られたり、 波乱万丈な運命の中を潜り抜け、 王者としての風格を身につけたTemujinは、 国家統一に向けて戦いに身を投じ... [続きを読む]

受信: 2008年4月25日 (金) 08時18分

« 映画「トゥヤーの結婚」 | トップページ | 映画「ブリッジ」 »