« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月13日 (木)

映画「赤壁 レッドクリフ part I」

レッドクリフ Part I

2008年中国
監督:ジョン・ウー
キャスト:
周瑜…トニー・レオン
諸葛亮…金城武
曹操…チャン・フォンイー
孫権…チャン・チェン
尚香…ヴィッキー・チャオ
趙雲…フー・ジュン
甘興…中村獅童
小喬…リン・チーリン

 バーサンジャプ(関羽役)さんが出てると聞き、やっぱり行ってしまった。決して馬としゃべる女(ヴィッキー・チャオ)目当てではない。ゴホンゴホン。
 関羽、格好良かった。劉備軍が難民を逃がすために踏みとどまり、圧倒的な曹操軍の前に全滅してしまうのだが、勝ち戦に満足げな曹操に部下が、
「なんか一人、まだ戦ってるのがいます(汗)」
って言う状況は、「英雄十三傑」で史敬思(ティ・ロン)がたった一人で槍を振るってあとからあとから湧いてくる敵をなぎ倒すシーンを思い浮かべてしまうのだが、あれをもっとハデハデにした感じ。だって光の中にばばーんと登場ですよ。ウルトラマンか(笑)。史敬思と違ってちゃんと脱出できるし。
 ……っていうかこっちが元ネタなのかな。史敬思は本当は弓の名手のはずだからな。

 甘興が敵の頭の上をテケテケって走っていったところで笑ってしまった。と同時に、あーいつもの香港映画じゃん?と安心した。この方がジョン・ウーらしくっていい!!(笑)。
 主要人物がうっかり不死身だったりするのもステキ。矢がぐっさり刺さって抜いたらぴゅーと血が出てんのに、その後長時間無敵に戦っちゃうのに大喜びしたのは私だけではないはずだ(←いや、喜んでるのは自分だけかも?!)。

 全体的に芝居がかってる感じ。大見得切ったりするとことか、張飛の顔とか(笑)。三国志知らないけど(知らないから?)楽しめた。
 しかし、諸葛亮ってあんなに爽やかないい男だったのかね? それが本当なら、歴史ものにしては三国志に女性ファンが多いってのもわかるけど……。それって脳内補完されてるだけじゃないの? いや、知らないけどさ!(←無責任)

 Part IIはいつもより余計に爆裂してくれるんだろうな? だったら大画面で見たい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年11月 1日 (土)

ドキュメンタリー「IN THE WILD野生への旅 ジュリア・ロバーツwithモンゴリアン・ホース」

WildIN THE WILD~野生への旅~モンゴリアン・ホース

2000年イギリス
監督:ナイジェル・コール
出演:ジュリア・ロバーツ

 馬のことを考えると思わず叫んじゃうくらい馬大好きなジュリア・ロバーツがモンゴルの田舎にホームステイ。子供の頃から馬に乗ってる彼女でも、「野生に近い」モンゴル馬に乗るのは恐いと言ってる。うーん、モンゴル人が乗ってるの見ると易々と乗ってて小型でおとなしい馬に見えるんだけど。スポーツで乗るのと日々の生活で乗るのは違うって事か。こういう本当に馬を知ってる人の感想は興味深いな。

 「IN THE WILD」なのに家畜を扱ってるのはなぜかと思ったりもするが(蒙古野馬(タヒ)もほんのちょっと出てる)環境自体がワイルドだよな。ジュリアの感想の一言一言がモンゴルの気象の厳しさを思い出させてくれる。
 それにしても寒そうだ。野糞もカラカラ(笑)。

 それにしても、これテレビでやってた頃とはモンゴルはあらゆる面で激変してるんだろうな、と思うとちょっと感慨深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »