« ドキュメンタリー「IN THE WILD野生への旅 ジュリア・ロバーツwithモンゴリアン・ホース」 | トップページ | 映画「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」 »

2008年11月13日 (木)

映画「赤壁 レッドクリフ part I」

レッドクリフ Part I

2008年中国
監督:ジョン・ウー
キャスト:
周瑜…トニー・レオン
諸葛亮…金城武
曹操…チャン・フォンイー
孫権…チャン・チェン
尚香…ヴィッキー・チャオ
趙雲…フー・ジュン
甘興…中村獅童
小喬…リン・チーリン

 バーサンジャプ(関羽役)さんが出てると聞き、やっぱり行ってしまった。決して馬としゃべる女(ヴィッキー・チャオ)目当てではない。ゴホンゴホン。
 関羽、格好良かった。劉備軍が難民を逃がすために踏みとどまり、圧倒的な曹操軍の前に全滅してしまうのだが、勝ち戦に満足げな曹操に部下が、
「なんか一人、まだ戦ってるのがいます(汗)」
って言う状況は、「英雄十三傑」で史敬思(ティ・ロン)がたった一人で槍を振るってあとからあとから湧いてくる敵をなぎ倒すシーンを思い浮かべてしまうのだが、あれをもっとハデハデにした感じ。だって光の中にばばーんと登場ですよ。ウルトラマンか(笑)。史敬思と違ってちゃんと脱出できるし。
 ……っていうかこっちが元ネタなのかな。史敬思は本当は弓の名手のはずだからな。

 甘興が敵の頭の上をテケテケって走っていったところで笑ってしまった。と同時に、あーいつもの香港映画じゃん?と安心した。この方がジョン・ウーらしくっていい!!(笑)。
 主要人物がうっかり不死身だったりするのもステキ。矢がぐっさり刺さって抜いたらぴゅーと血が出てんのに、その後長時間無敵に戦っちゃうのに大喜びしたのは私だけではないはずだ(←いや、喜んでるのは自分だけかも?!)。

 全体的に芝居がかってる感じ。大見得切ったりするとことか、張飛の顔とか(笑)。三国志知らないけど(知らないから?)楽しめた。
 しかし、諸葛亮ってあんなに爽やかないい男だったのかね? それが本当なら、歴史ものにしては三国志に女性ファンが多いってのもわかるけど……。それって脳内補完されてるだけじゃないの? いや、知らないけどさ!(←無責任)

 Part IIはいつもより余計に爆裂してくれるんだろうな? だったら大画面で見たい。

|

« ドキュメンタリー「IN THE WILD野生への旅 ジュリア・ロバーツwithモンゴリアン・ホース」 | トップページ | 映画「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

人によって感想ってちがうもんですねえ(^^;

自分は、諸葛亮は史実に近い?はったりだけで使えない男に見えたし、
関羽格好いいのに、なんで小さく見えるの?!
・・・って感じでしたけど(笑

つっこみ所多くて笑い転げてましたが(大袈裟
やっぱり正史では・・・とか、演義ではとか
つっこんじゃいけないんでしょうねえ(笑

投稿: 武藤 臼 | 2008年11月13日 (木) 23時30分

あー、やっぱり知ってる人にはツッコミどころ満載なんだ(笑)。

いやいや、笑うのは笑ってましたよ。だって、そういうところをおもしろがる映画でしょ? 私の大好物です。もっとも、周囲の人は笑ってなかったケド。ひょっとして、史実と違う!とか怒ってたのかな。

がんがん突っ込めたらもっと遊べたのかも?とは思います。

投稿: 雪豹 | 2008年11月13日 (木) 23時51分

 ううくそぉ。今日見に行こうかと思ったけど、ユニクロがやたらと混んでて疲れたのでやめた…

 三国志で今更「史実と違う」なんていうトンチンカンもいないとは思いますよ。「三国無双」っぽい感じだしね~…
 で、史敬思の太平橋の仁王立ちは、別に元ネタがこれじゃないとは思うな。
 三国志の場合、長坂橋の張飛は一喝で曹操100万を退けるってヤツだから、スケールが違うわなw

投稿: マルコ | 2008年11月16日 (日) 23時45分

やっぱり、普通に
チャン・チェ→ジョン・ウー
という継承関係と考えた方が自然ですかね……ってか、別に元ネタなんてあってもなくてもなんでも良いんですがね。

投稿: 雪豹 | 2008年11月18日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/43106723

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「赤壁 レッドクリフ part I」:

» 「レッドクリフ Part1」大地を駆けるいにしえの男たち [soramove]
レッドクリフ Part1」★★★☆ トニー・レオン、金城武 主演 ジョン・ウー 監督、2008年、145分 三国志は中学の頃確か 読んだはず、 最近になって読み返そうかと 書店へ行ったら、分厚い文庫が5巻、 その背表紙を見ただけで退散した。 物語の量を考えると 中心となる人物はもちろん、 もっと語られるべき人たちの キャラクターも薄められているだろうが、 全部を忠実にというより 描きたいところをとりだしたのだろう、 心躍るシーンもいくつかあって、 見応え... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 20時24分

« ドキュメンタリー「IN THE WILD野生への旅 ジュリア・ロバーツwithモンゴリアン・ホース」 | トップページ | 映画「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」 »