« ドキュメンタリー「スターリンについて知っているいくつかのこと」 | トップページ | ドキュメンタリー「ロシア最後の皇帝 ロマノフ家の悲劇」 »

2009年4月18日 (土)

映画「赤壁 レッドクリフ part II ―未来への最終決戦―」

レッドクリフpart II ―未来への最終決戦―

2009年中国
監督:ジョン・ウー(呉宇森)
キャスト:
周瑜…トニー・レオン
諸葛亮…金城武
曹操…チャン・フォンイー
孫権…チャン・チェン
尚香…ヴィッキー・チャオ
趙雲…フー・ジュン
甘興…中村獅童
小喬…リン・チーリン

 おもしろかったよ! ジョン・ウーらしくて!!
 火攻めがしたくてこの挿話を選んだんじゃないかって思うくらい気持ちよく爆裂してくれました。

 まぁ、曹操軍が硫黄、孫権軍が魚油を使ってる事になってる割にはいろいろ炸裂しまくってて、硫黄ってもっといやらしい燃え方するんじゃなかったかな、とか爆発するアブラってガソリンくらいだよな、という思いが頭の片隅に浮かばないでもなかったが、そういう事に拘りたいならこの監督起用しないわな。
 なかなか複雑な話のはずだが前知識なくてもすごくわかりやすく、さすがにうまい(手慣れてる)な、と思った。その分、真の三国志ファンにはいろいろ言いたいことがありそうだ(笑)。

 第1部でなんだよ、結局変態コスプレ親父の妄想かよ、という終わり方をしたのでどうなることかと思ったが、曹操がとても格好良く、一兵卒として仕えるならこいつの方が良い、と思ってしまった。だって劉備や孫権存在感なしで、どの点が人々に慕われるのかまったくわからない。民のためになんちゃら~という話しはしばしばするが、「民のために」「国民のために」というヤツの「民」なんていわば「民(脳内)」であってリアルな民のことなんてわかっちゃいない事が多いからな。口先だけで言われても説得力はないねぇ。
 そんなわけで曹操がそれほどひどい暴君に見えなくなってるところでもあり、双方が間諜を放って情報収集をしているのに、曹操だけが周瑜の策略に引っかかったような描き方は少しかわいそうに思った。情報なんて集めれば集めるほど正反対の情報が同じような信用度で入ってくるもの。「情報ほどあてにならないものはない」って言うじゃないか。周瑜の得たのが良い情報ばかりってのがリアリティがぁ……まぁそんなもの最初から求めてないから良いんだけどね。ただちょっとかわいそうかなって。

 甘興がまたおいしいところをもっていってて、火炎瓶っぽいものの試作段階で思ったより火力が強くてぬおってなる役(わりとお約束)をやってた。
 あと、槍ぐさーっと刺さって逆側から引っこ抜いて貫通~ってのも、チャン・チェの「水滸伝」のシーンを思い出して一人でウケてしまった。↑のもいわばセルフパロディだけど。

関連作品→「赤壁 レッドクリフ part I」「男たちの挽歌II

|

« ドキュメンタリー「スターリンについて知っているいくつかのこと」 | トップページ | ドキュメンタリー「ロシア最後の皇帝 ロマノフ家の悲劇」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/44701691

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「赤壁 レッドクリフ part II ―未来への最終決戦―」:

» 【映画評】レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [未完の映画評]
三国志の「赤壁の戦い」を描いたスペクタクル歴史戦争アクションの続編。 [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 02時36分

» レッドクリフ Part II 未来への最終決戦 [だらだら無気力ブログ]
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ PartⅠ』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を配..... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 15時44分

» 映画「レッドクリフ PartⅡ -未来への最終決戦-」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ 日本において天下分け目の決戦といわれる「関ヶ原の戦い」は東軍7万5,000、西軍10万、... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 19時07分

» 『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: REDCLI...... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 17時17分

» レッドクリフ part2 [Akira's VOICE]
なが〜〜〜い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!   [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 11時07分

» レッドクリフ (トニー・レオンさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり)映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 16時34分

» 映画:レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- [よしなしごと]
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 01時26分

» 『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』  [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々エイベックスが仕掛けたこの作品。 業界のルールを無視し、レンタルにおいても、TVにおいても従来の殻を破ってしまった... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 17時40分

« ドキュメンタリー「スターリンについて知っているいくつかのこと」 | トップページ | ドキュメンタリー「ロシア最後の皇帝 ロマノフ家の悲劇」 »