« 映画「バトル・オブ・リガ」 | トップページ | 映画「ハイジャック181」 »

2009年9月26日 (土)

映画「裏切りの報酬」

裏切りの報酬

2005年チェコ
監督:ジリー・スヴォボダ
キャスト:
カレル…ミハル・ドロウヒー
ルドヴィク…ヤン・ドランスキー
イヴェータ…アリス・ヴェセラー

 1990年代。今まで正しいとされてきたことが間違っていた、ということとなり、全ての価値観、全てのモラルが崩壊したチェコ。明日が見えない。生きていくための指針もない。何でもあり、というような風潮の中で、ごく普通の人までも今の最低の生活から抜け出したい、もっとでっかいことをやってやる、との欲望を際限なく抱く。
 そんな中でも踏み越えてはいけない一線というものがあるのだ。

 若手№1の実力を持つ特別機動隊員カレルは、非番の時はカジノの用心棒をして小銭を稼いでいる。…というのは表向きの顔で、裏では武器の横流しをして荒稼ぎしている。しかし、そんなものははした金。彼と仲間たちはもっと大金があればでかいことをやれるのに、と常に金づるを探している。
 そんな代わり映えのない毎日。ルドヴィクという若者がカレルに近づいてきてからなにかが狂い始める。

 ルドヴィクはコソボのアルバニア人ということだが、殺しも含めて犯罪に対する罪悪感がいっさいないから、何も恐れない。義理とか人情とかもない。麦を刈ったり魚を釣ったりするくらいの感覚で人を殺し、それを楽しんでさえいる。ルドヴィクに引きずられるようにしてカレルも殺しに荷担してしまうが、それも信義にもとるような殺しで、心から愛する女性に出会えた時に、じわじわとカレルを追いつめていくことになる。

 1990年代のなんとももやもやした雰囲気がすごくよくでている。むしろ今の日本のようでさえある。象徴的に何度も出てくる橋の映像が印象的。

|

« 映画「バトル・オブ・リガ」 | トップページ | 映画「ハイジャック181」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/46312566

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「裏切りの報酬」:

« 映画「バトル・オブ・リガ」 | トップページ | 映画「ハイジャック181」 »