« 2010年最も印象に残った脇役 | トップページ | 映画「ドウエル教授の首」 »

2011年1月21日 (金)

【旅】まず、ロシアのビザを取らねば

 今回の旅行の目的は、ずばり「日本で旅行するようにロシアでも旅行する」。

 空港から市街への公共交通機関の乗り継ぎにも慣れるばかりでなく、ホテルや鉄道の手配も日本でやるようにネットでちゃかちゃかっと予約してやってやろう、ということ。目的地がサンクト・ペテルブルグという大都会なので、困難なことはないだろうとは思ったが、何しろロシアは10年ぶりくらい? サンクト・ペテルブルグははじめて行く町である、レニングラードなら行った事あるけどってなもんで、相当変わっているに違いない。

Isakold001レニングラード時代の聖イサーク寺院。こういうのは変わっていないと思うが……。

 ただ、日本とロシアはまだ平和条約を結んでいない戦争状態だからかどうか、ビザの減免措置がまったくない。このまえ、蒸しパンさんに見せてもらった「地球の歩き方 ロシア 2010-2011」には、ビザ取得は難しいのでロシア専門の旅行会社に頼んだ方が無難などと書いてあった。
 しかし、そんな阿呆なことはない。ロシア大使館のビザについてのページを読んだ限りでは、ロシアの旅行会社に直接に頼んでも問題はなさそうなので、今回はソ連時代からの老舗で外国語ページの充実している(逆にロシア語ページがなくて泣いた)インツーリストに頼んでみることにした。

 このサイトのホテルリストに出ているような主要都市であれば、ネットでぽちっと予約して、しゃかしゃかっと必要事項を英語で書き込めばいいだけ。あとはPDFでビザ取得に必要な書類を送ってくれるから、この他の必要書類を揃えてロシア大使館領事部に持っていって提出するだけ。拍子抜けするくらい簡単。

 ……なはずなんだけど、6ヶ月くらい前から申し込んだのが気が早すぎたのか、担当者がいつの間にか変わって(それについての挨拶もなかったが)引き継ぎが良くされていなかったらしく、結局、全部手配ができて書類が送られてきたのが出発日の2週間前。それもあっちが営業日でこっちが休みの日にあたった実質2日くらい、激しくメールをやりとりしてできたんだよなぁ。……やればできるのに、ギリギリにならないと本気出さないってロシアじゃよくあるよなぁ。ロシアの年末年始はやたらと休みが多いので早めに申し込んだのに、これでは意味がない(笑)。

 でもまぁ、領事館の方は良い意味での(?)お役所仕事で書類さえ揃っていれば(過去ロシアで悪事をはたらいていなければ)ビザは出るんだなぁ(しかもお金さえ出せば翌日に受け取ることだってできる)。
 なにしろ、領事部に印刷した正式の書式があるかと思ってたのにそういうものはなく、サイトからダウンロードした紙に下書きのつもりで書いた、ペンでグジャグジャッと消して直して汚かったり、「サンクト・ペテルブルグ」の綴りが間違ってる(あとで気づいた)のを提出する羽目になって相当心配した。だって、日本じゃ就活や転職で履歴書に誤字があるだけではねられるとか、写真が曲がってるだけで不採用とか言われてるでしょ。何しろ外国の役所に提出する書類だから、そのくらいの厳密さが求められると思う訳だ。
 しかし、そんなことは杞憂だった。すんなりビザは出た。……まぁ、肝心のパスポート№や自分の名前は正しかったし、内容的には合ってるし、本人が出頭してるんだから問題ないと言えば問題ないんだろうが……。きちんと清書して持ってけばムダな心配をしなくて良かったんだよ。

 とにかく、ビザは自分で申請してみるのも悪くない。領事部の営業時間が短いので自分で行けないとか、そもそもロシア大使館が遠すぎるというのでない限り、日本の旅行代理店に頼むほどのことでもない。私なんかバイト先で海外旅行の許可を取る手続きやら書類書きの方がよほど七面倒くさいと思ったもんね。
 それに何より、旅行会社とのやりとりを含め、事前にロシアの空気に触れることができるのがいい。予防注射代わりになる(笑)。

|

« 2010年最も印象に残った脇役 | トップページ | 映画「ドウエル教授の首」 »

2011冬」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/50805352

この記事へのトラックバック一覧です: 【旅】まず、ロシアのビザを取らねば:

« 2010年最も印象に残った脇役 | トップページ | 映画「ドウエル教授の首」 »