« 【旅】エルミタージュ・『草原の支配者』 | トップページ | 【旅】エルミタージュに歩いていく »

2011年2月 3日 (木)

【旅】ピョートルの冬の宮殿・血の救世主教会

 夕べはビールを飲んだせいでぐだぐだになって寝てしまい、起きたのは7時頃。

 朝食を食べたあと、部屋で昨日の整理をしていると、ルームサービスの人がバストイレを掃除してくれた。
「ベッドはいい。きれいだから」
と言うと、ベッドのほうをながめて
「きれい?」
と首を傾げる。疑り深そうに聞こえたのはたぶん気のせい。

Hsp006

←きれいです!
汚部屋じゃありません!
「廃墟」とかいってたくせにすっかり気に入って住み着いている図

 

 

 たまには休みの日がないと、やったことも整理できないであとで忘れちゃったり、やるべき事が絞れないもんな。

 11時頃部屋を出ると、スロヴァキアから来たらしい団体がいてレセプションが混雑していた。いつものように地下鉄でネフスキー通りへ。今日は雪も雨も降ってない。

 12時過ぎにはエルミタージュの河側を歩いてピョートルの冬の宮殿へ向かう。

Ermitazhticket003

←たまたま第一水曜日で無料だった

 

 

 ピョートルの冬の宮殿は、エルミタージュの一部ではあるのだけれど、運河を隔てて渡り廊下でつながっている。地下に埋もれてたピョートル時代のものを掘り出して復元したものなんだそうだ。

 無料公開日なのに観光客はいなかった。本当に遺跡って感じで暗くて古いレンガを壁に見えるようにしてあったりして良い雰囲気だった。

 しかし天井が低いな。ピョートルって大きい人じゃなかったっけ。部屋も今のエルミタージュから比べれば小さくて地味だけど、地味に豪華なのが「らしい」よな。ピョートル・ファンには納得の部屋ではないだろうか。
траурная залаは臨終の間って事か?そんなのもある。

 その後、冬の小運河沿いの小道を通って宮殿広場の方へ出る。

Ermitazh005

←冬の小運河
これもピョートルが掘らせたんだよな、確か

 

 

 

Ermitazh003

←アトラスが支えてる
(新エルミタージュの玄関)

 

 

 

 この辺、エルミタージュの入り口から遠くて観光客があまり来ないせいか、工事中だらけ。寒いことは寒いが0℃前後で大して寒くもないので、道がぐだぐだになっている。

Ermitazh004

 それでもカメラを出して撮りたいようなものがたくさんあって
(←こういうのとか)
撮っていると、カメラが二台ともおかしくなってきた。
μはピントが合わない。F1はシャッターが切れない。
F1の方は、露出計の電池を抜けばシャッターは切れる(露出計自体はまだ動いている)のでいつものことだが、μTough って-10でも大丈夫ってうたい文句ではなかったか? バッテリーが上がってきてるんだろうか? まぁ、確かに、そろそろ電池切れになってもおかしくはないが……。

 宮殿広場でエルミタージュの建物を見てると、また入りたくなるが、焦ってもしょうがない、今日はオフ日なんだからと自分に言い聞かせ、文学カフェに行く。

 ここは、プーシキンが決闘に行く時、最後に立ち寄ったケーキ屋「ヴォリホフとベランジェ」なんだって。一度は行こうと思ってた(プーシキンファンでもないのに)。今日こそは。

Businesslunch001

←ビジネス・ランチを食す
サラダ、スープ、パン、肉と付け合わせ、飲み物、それぞれ何種類かの中から好きなのを選んで175ルーブルだった
これはビートサラダ、レバー焼とソバ、ボルシチ、黒パン、リンゴのコンポート

 

黒縁眼鏡で黒髪をポニーテールにした黒いTシャツ、黒いタイトスカートのすらっとした女の子が皿を下げに来たときは、うおっ漫画みたい、と思った。

 その後、血の救世主教会に行く。

Spas_na_krovi001

血の救世主教会(フラム≪スパス・ナ・クラヴィー≫)

入場料は200ルーブル

 

 

 

 こ、これはすごい。隙がないほどにぎっしりモザイク!

 上を見上げれば、遙か高い天窓からマリア様やキリストがのぞいてる見たいな絵が。あれもモザイクだよな。

 そもそもアレクサンドル2世が爆殺されたところに建てられた教会なので、その現場が記念碑的にそのまま残されてるのが歴史好きには興味深い。その上に付けられた屋根みたいなのも色とりどりの石の花が付いていたりでこれも何だか現実離れしている。

……帝政時代から爆弾テロって、今とあんまり変わらないな。ロシアの伝統なのかねぇ。

 あまりにもすごいモザイクなので、パソコンで見られるディスクを250ルーブルで購入したのだが、ホテルに帰るとないんだな、これが。落としたんだろうが、あんな大きなもの落として気がつかないもんかな。キリスト教とは相性悪いからしょうがないか……。あのモザイクを修復するのはとてもたいへんだったそうなので、寄付したと思えばまぁ、いいかという気分になる。

Calendar001

←せめて卓上カレンダーを、とあとでイサーク大聖堂でモザイクのカレンダー買いましたよ
血の救世主教会は、他の二つの教会と供にイサーク大聖堂と同じ管轄なのでイサーク大聖堂でも売ってるのだ

|

« 【旅】エルミタージュ・『草原の支配者』 | トップページ | 【旅】エルミタージュに歩いていく »

2011冬」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/50828278

この記事へのトラックバック一覧です: 【旅】ピョートルの冬の宮殿・血の救世主教会:

« 【旅】エルミタージュ・『草原の支配者』 | トップページ | 【旅】エルミタージュに歩いていく »