« 佐原でうなぎを食す | トップページ | 『ゴビの岩画』SE@31日東U-39b »

2011年10月 8日 (土)

映画「道中の点検」

道中の点検(アレクセイ・ゲルマン DVD-BOX)

German003

1971年ソ連
監督:アレクセイ・ゲルマン
キャスト:
ロコトコフ…ロラン・ブィコフ
ペトゥシコフ…アナトーリィ・ソロニツィン
ラザレフ…ヴラジーミル・ザマンスキー
ソロミン…オレーク・ボリソフ

 どんなに憎い敵でも、戦いが終われば寛容に扱うばかりでなく健闘をたたえる一方、身内から出た裏切り者は、これ以上ない卑劣漢に描きろくでもない死に方をさせる。
 別に「人民の敵」を叩きに叩いたスターリン時代のソ連に限ったことでなく、今のロシアでも、ロシアに限らず日本の映画でもこういう傾向はある。

 主人公の一人ラザレフは独ソ戦の初期、ドイツ軍の怒涛の進撃に巻き込まれ、捉えられて捕虜になったものの、やっぱり自分の生まれた国の陣営で戦おうとソ連のパルチザンに投降した人物である。日々ドイツ軍占領下の故郷の惨状を目にしながら社会主義の祖国・ソ連のために戦ってきたパルチザン連中から見たら、八つ裂きにして細切れに切り刻んでやりたいくらいの裏切り者である。

「行ったり来たり裏切るのが好きなんだな」
と皮肉を言われたり、彼を仲間の元に連行していった少年兵が
「なぜ即座に射殺してしまわなかったのか」
となじられたりしているのを耳にしても淡々としているので、一見、よくあるヒーローものの主人公のように不屈の闘志と揺るぎない意思を持つ強い男に見えるのだけれど、そんなことはなく、ごくごく普通の人とわかった時は、してやられたというか、騙されたというか、そういうところでどんでん返しか!と新鮮だった。…あ、これってネタばれかも。

というわけで、新鮮な気持ちで見たい人はここから先を読んではいけません!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 トラブルを起こした時ばかりでなく危険な任務で命をかけて成果をあげても、汚名をそそぐどころか処刑されそうになってしまうというような状況に絶望したラザレフは、首を吊ってしまうのである。

 パルチザンの隊長で元警察官のロコトコフの尋問の中でラザレフは言う、
「一度間違いを犯しても、やり直せるものと思っていた」。

 最初はロコトコフもラザレフの言い分を言い訳だと思っていたのかもしれない。ただ、ラザレフがある作戦のために必要な情報を持っており、使い道があったので、感情的になりがちな仲間の悪意から守っていただけかもしれない。でも、事情を聞くうちに死ななけらばならないほどの重大な落ち度はなかったと思うようになっていたのかもしれない。

 死ぬこともできなくて泣き崩れるラザレフを叱るロコトコフの言葉は、不器用だけれども実にぐっとくる。

|

« 佐原でうなぎを食す | トップページ | 『ゴビの岩画』SE@31日東U-39b »

ソ連」カテゴリの記事

ソ連」カテゴリの記事

ソ連」カテゴリの記事

ソ連」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/52935146

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「道中の点検」:

« 佐原でうなぎを食す | トップページ | 『ゴビの岩画』SE@31日東U-39b »