« 映画「パレスチナ」 | トップページ | 映画「フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~」 »

2012年5月16日 (水)

映画「ドミートリ・ショスタコーヴィチ ヴィオラ・ソナタ」

ドミートリ・ショスタコーヴィチ ヴィオラ・ソナタ

Shostakovich002_2

1981年ソ連
監督:セミョーン・アラノーヴィチ/アレクサンドル・ソクーロフ

 

 

 ショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタはショスタコーヴィチの最後の作品で、ショスタコーヴィチの遺言が織り込まれているともいわれる。
 人間、死を目の当たりにすると、それまでの人生が走馬灯のように思い出されるというが、ヴィオラ・ソナタの中にもショスタコーヴィチが過去に聞いて心に残っている曲を思い出しているかのようにベルクやベートーヴェンの断片がところどころに聞こえる。

 この映画にも似たようなところがあって、時系列のようでそうでもなくショスタコーヴィチ個人の身の上やソ連で起こった重大な出来事(例えば、レニングラード包囲戦のような)の映像が、断片的に次々と表れる。
 そして、ふと正気を取り戻した時に目に入る天井の電球のショット、ショスタコーヴィチの声で終わる構成など、「遺書」を強く思わせる。

 しかし、ショスタコーヴィチ本人がこの映画を撮ったのではない以上、ここで表現されている事が必ずしもショスタコーヴィチ自身の本心ではないと考えるのが自然だ。

 むしろ、違和感のある箇所があって素直に受け入れることをためらわせる。
 例えば、大祖国戦争(第二時世界大戦)の過酷な映像に交響曲第11番の第2楽章(「血の日曜日」)があてられているのだが、曲のクライマックスのところで映像は健康的な男女の体操にいつの間にか切り替わってしまう。何らかの意図がありそうなのだが、どう解釈したものか悩む。

 あと、交響曲第8番、第9番を批判される、という場面があるからこれをどうやって切り抜けるのか、とドキドキしながら見ていると、いきなり5番が流れるのである。
 この交響曲5番を指揮しているのはムラヴィンスキーとバーンスタイン(若い!)。
 まぁ、歴史的録音で記録映画としては意味があるんだろうけれども、かなり唐突に感じる。

 しかし、オペラ「鼻」について聴衆の質問に答えてショスタコーヴィチが、
「芸術は難しい。ゆえに理解する努力も必要なのです…」
と答える場面があるところをみると、あれ、変だななんだろうと考えさせること自体が目的だったりしてね。
 だとしたら、監督の罠にまんまとはまってるな(笑)。

参考:

|

« 映画「パレスチナ」 | トップページ | 映画「フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~」 »

ソ連」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/54540689

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ドミートリ・ショスタコーヴィチ ヴィオラ・ソナタ」:

« 映画「パレスチナ」 | トップページ | 映画「フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~」 »