« 2013年5月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月19日 (月)

じゃあ、イスタンブル写本って正史じゃなくね?―『モンゴル帝国史研究 正篇』読んだ3

イスタンブル写本=「モンゴル史」じゃないんじゃ?

 イスタンブル写本を作った人は、間違いなく『集史』(テヘラン写本かそれと同じもの)を見ている。だからこそ、『集史』の枠組みで『モンゴル史』を写しているのだが、それは、奥書にはっきり書かれているとおり。『モンゴル帝国史研究 正篇』でも強調されているとおり。

 だが、なぜ『モンゴル史』をそのまま忠実に写さなかった?

 そりゃあ、たまたま両書を見た当時のモンゴルヲタが個人的に、
「両方の良いとこ取りをして、最高の『オレのモンゴル史』を書いてやるぜ!」
って言って作ったのなら、まぁ、そういうこともあるだろう、「薄い本(同人誌)」にしちゃ少々ぶ厚いが、と思わないでもない。イスタンブル写本の特徴である、不注意による書きミス、モンゴル語やテュルク語に疎い事による固有名詞の誤りなどは、そのせいかー!と妙に納得したりして(笑)。

 しかし、そうなると、イスタンブル写本に酷似したタシケント写本の存在が引っかかる。その時代にもコミケみたいな同人誌即売会があったのか?! いやいやいや。

 いかにヲタの執念恐るべし!とはいえ、手書きの時代にこれだけの量を写すには、何か強い動機(お金とか)があるはずだ。『入唐求法巡礼行記』みたいに信心の力がなせる技、とういう性格の本でもなし。よほどのインセンティヴがない限りできないと思うのだ。
 そもそも、何でイスタンブルやシャフリシャブズにあるのよ? テヘラン写本がフレグ=ウルス本拠地に代々伝えられて来たのと比べると、奇妙な感じはますます強くなる。

『モンゴル史』→『集史』と改変される過程で大量削除された箇所は、オルジェイトにとって都合の悪いことで、しかも伝聞に基づく部分だと『モンゴル帝国史研究 正篇』では結論づけている。
 伝聞だからって削ってしまうのは、正確なことだけ書こうとすると歴史家は何も書けなくなってしまう、不確かな話でも失われてしまうよりは書き残そう、というラシードの編集方針(『集史』序文より)に反するようにも思えるが、それほどオルジェイトの意向が強く働いたのなら、オルジェイト政権の恥部を暴くような『モンゴル史』は、そもそも書写されてはならない本なのではないのだろうか。オルジェイト政権にとって、少なくても積極的に広めたいという性格の本ではないはずだ。イスタンブル写本/タシケント写本以外の写本がすべて『集史』系なのはそのためとも考えられる。

 イスタンブル写本の書写がオルジェイトが存命中に始まっているのならなおさらヤバイでしょ。『モンゴル史』が正史のひとつであり、現政権が前政権の継承者である事を高唱しているとしても、時の政権にとって都合が悪ければ、見ちゃいけない、持ってたらヤバイっていうこともよくある話。スターリン時代を思い起こせばそんなことはザラだ。
 だから、ガワは『集史』にしておいて、中味は『モンゴル史』にしちゃえ、って秘匿手段を考える人がいてもいいとは思うよ。だけど、その時点でイスタンブル写本の中味と『モンゴル史』の中味の同一性は疑わしくなっているワケだ。なんらかの操作が行われていないとなぜ断言できる? フレグ=ウルスにとって都合の悪い話を後世まで伝えたいと願う人(人かな?)の意向がイスタンブル写本の内容に影響を与えていないとなぜ言いきれる?

 ラシード自身がこっそりディレクターズカット版を作ってたって言うなら別だけど。ガザンのために情熱を傾けて創った物がむざむざ失われてしまうのが惜しいと、ラシードが思うのは自然なことだろうが、それにしてはイスタンブル写本は杜撰すぎるし、時系列的に無理がある。

 いやね、ソ連版『集史(年代記集成)』(=タシケント写本+イスタンブル写本)を読んだ時にヘンな感じはしてたのよ、ラシードの主家筋でもないのにバトゥを「陛下」付けで呼んだりさ。
 ジョチの出生についての話が三回も繰り返されてたり(部族篇、チンギス=カン紀、ジョチ=カン紀の三回)さ。「大事なことだから三回言いました」ってか? それ、誰にとって大事なのよ?って。

 ガザンに捧げられた『モンゴル史』とオルジェイトに捧げられた『集史』「モンゴル史」の性格の違いを理解せずに諸写本をごたまぜにして使うのが危険というのなら、イスタンブル写本がなぜ作られたのかはっきりしないのに、イスタンブル写本=『モンゴル史』とみなしてそこから制作者の意図をくみ出そうとする試みだって充分危険な気がするんだけど、『モンゴル帝国史研究 正篇』を読んだ人はどう思っているのかな?

以上:マニアの言いたい放題を最初から読みたい人はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

じゃあ、イスタンブル写本って正史じゃなくね?―『モンゴル帝国史研究 正篇』読んだ2

イスタンブル写本とテヘラン写本の違いとは

 で、『モンゴル史』と『集史』の違いに触れたところで、本題の『モンゴル帝国史研究 正篇:中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造』を読んで思ったことを率直に書こうかな。主にイスタンブル写本とテヘラン写本の性格の違いは、『モンゴル史』と『集史』「モンゴル史」の性格の違いに起因する、と説く第一部についてだけど。
 そりゃあもう圧巻ですよ。今流行のビッグデータって感じの膨大なデータを縦横に使っての諸写本の比較の表たちは説得力抜群。「統計という名のウソ」という格言(?)を常に念頭に置きながらその説明を読んだが、これは納得せざるを得ない(最初からディジタル化されているPOSと違い、読むだけでも大変な古い写本をデータとして扱えるまで正規化するだけでも、想像しただけでも気が遠くなる!)。

 1946年に出版されたソ連版『集史(年代記集成)』第III巻のロマスケーヴィチの解説と比較すると、70年近い間に多くの人たちの手によって着実にモンゴル研究は進んでいた、とうれしくなった。
 単純化するとこういう(↓)流れかな。

1.ただ単に『集史』というすごい史料がある!翻訳しよう、利用しよう、という時代(ドーソン、ベレジンの時代)から

2.世界中に散らばる写本を比較し、「イスタンブル/タシケント写本」というより優れた写本がある!これこそ翻訳・利用すべき写本だという時代(ソ連版『集史(年代記集成)』の時代)

3.「テヘラン写本」というオフィシャルな写本が存在し、「イスタンブル/タシケント写本」の特徴と比較した結果、この二つの系統の違いはラシード存命中にすでに存在していた事が判明

4.更に詳細に比較検討した結果、「イスタンブル/タシケント写本」と「テヘラン写本」の違いは『モンゴル史』と『集史』の違いに由来する事が確実になる←今ココ!

まさに科学の進歩はステップバイステップで、地道な研究の積み重ねって感じがした。

 ソ連版の底本はタシケント写本で、イスタンブル写本と校合しつつ翻訳されているのだが、性格の大きく異なる二つ(細かに分けると三つ)の系統の写本群がある、ということは既にはっきり認識されていて、他の写本をむやみに混ぜて使ってはいない。

 テヘラン写本(イラン国民議会図書館写本2294番)がどういう経緯で再発見され(あるいは、その価値が見直され)たかは『モンゴル帝国史研究 正篇』を読んだだけではよくわからないが、戦後の出来事ではないのか? ロマスケーヴィチもへタグーロフもレニングラード封鎖の時に死亡していて、テヘラン写本を見ていない。あるいはこの書物の価値が再評価されたティムール朝シャー=ルフ時代の再編集によるものでは?と推測しているのなら、当時の資料状況では、常識的で妥当な判断だったのではないかな。

 テヘラン写本がどういう性格のものなのかは、かなりはっきりしている。この写本は『集史』そのものだ。

 つまり、ラシードがガザンの死後オルジェイトに献呈した『モンゴル史』をオルジェイトの指示で改定、世界の歴史を書きたして作った『集史』と考えられる。君主に捧げるにふさわしい入念さで作成されていて、これぞ「正史」という姿形をしている。オルジェイトに献呈された原本そのものか忠実な写しかまではわからないが、官製のオリジナルの一つであることには変わりあるまい。
 極めてオフィシャルな印象を受けるテヘラン写本と比較検討しない限り、イスタンブル/タシケント写本とその他の写本の違いがいつの時点で生じたかというのははっきりわからない(証明できない、想像の範疇を出ない)んじゃないかなぁ。奥書が欠落して書写年代が明示されていないテヘラン写本の重要性を再発見して喧伝した人にも大きな功績があると思うんだけど。

 とまぁそんなこんなで現在に至り、『モンゴル帝国史研究 正篇』でイスタンブル写本が『モンゴル史』の面影を残す重要な史料である事が証明されたわけだけれども、邪心なく平たく『モンゴル帝国史研究 正篇』第一部を読んだ感想は、
「……んんっ、じゃあ、イスタンブル写本って「正史」じゃなくね?」。

(続く:イスタンブル写本は同人誌?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

じゃあ、イスタンブル写本って正史じゃなくね?―『モンゴル帝国史研究 正篇』読んだ1

突厥碑文との類似性

Mongole001

 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇:中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造 』(東京大学出版会)私も読んだー。おもしろかったよー。

 私ゃあ突厥の人でモンゴルの人じゃないのに、モンゴルものにこのお値段……と少々躊躇したが、買って良かった。
 今まで、チンギス=カンがあれほどの大帝国を築けた理由、みたいに列挙される事柄って、そんなの突厥の時代からあるよ……と思って納得しにくいもんだったが、それについて「その通り。お前は正しい!」とお墨付きをもらったようでうれしい。勘違いかも知れないが、私はそう受け取った!

 こんなことが書いてある。

「突厥碑文」類は突厥支配者層自らが、自らの言語で突厥遊牧部族軍連合国家の内実を記しているところに圧倒的な史料的価値がある(p.1012)

 そうだ。その通り。
 突厥・ウィグル関係の研究でもソグド系が盛り上がっている近頃の傾向に隔靴掻痒の観を持っていた者としては我が意を得た思い。だって、ソグド人なんて突厥にとって所詮は召使いじゃないの。
 いや、わかるよ、書き文字の伝統をソグドから学んだらしい突厥の碑文類のよくわからない単語や文法を粘り強く検証していくには必要な作業だとは。研究者の皆さんは良くこんな気の遠くなるような作業を続けてるな-、といつも驚嘆しながら読んでる。
 だけど、専門家でないマニアの見地からすると「萌えー!」と燃え上がるには遠回り過ぎてなんかこう、欲求不満が溜まっていたんだな。

Uighur01

 このところ、クリャシトルヌィ『ウィグル=カガン国のルーン文字碑文とユーラシア草原の歴史』とトゥグシェヴァ『モンゴルの突厥ルーン文字碑文』を立て続けに読んで、
「これだ。やっぱり突厥碑文こそが私が読みたいものだ(なんで日本にはこういうまとめ本がないんだ)!」と思っていたところだったので、『モンゴル帝国史研究 正篇』の力強い言葉に我が意を得た思い。

Turk01

『モンゴル帝国史研究 正篇』では、『モンゴル史』はガザンがフレグ=ウルスの危機的状況に際して家臣たちを説諭するものだっていうけれど、それってビルゲ=ガカンがキョル=テギン碑文やビルゲ=カガン碑文で一人称で語るのとよく似てる。それは、遊牧社会の伝統を受け継いだものだという。
 でも、そこでちょっと引っかかった。キョル=テギン・ビルゲ=カガン碑文を書いた(刻んだ)人はビルゲ=カガン自身じゃない。それは碑文にもはっきり書かれている。それと同じように『モンゴル史』の「筆者」をガザン自身としてしまうのは、少々言い過ぎな気がするんだけどなぁ。

 現代にたとえるなら、アメリカの大統領のスピーチにもライターがいるだろ、って感じかな。

 それに、『モンゴル史』やそれを受けた『集史』が遊牧社会の伝統に沿ってて、イラン定住民の伝統から生まれたものではないというのなら、これらの形式が『シャーナーメ』のようなイランの伝統的な史書の形式からは外れていて、『モンゴル史』『集史』以降の史書もこれらを模範とすることはなく、『シャーナーメ』に回帰している、くらいのことはあっても良さそうなんだが、そういう事はないのかな? そこまで言えるなら、「野蛮で未開の遊牧民族を開化した定住民が教導してできた書」なんて間違った評価を覆すのも簡単だと思うんだがなー。

(続く:イスタンブル写本とテヘラン写本の違いは『モンゴル史』と『集史』の違いに起因する)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

映画「オフシャンキ」

「オフシャンキ」トレーラー

2010年ロシア
監督:アレクセイ・フェドロチェンコ
キャスト:
ミロン…ユーリィ・ツリロ
アイスト…イーゴリ・セルゲーエフ
ターニャ…ユーリヤ・アウグ
アイストの父…ヴィクトル・スホルコフ

 自分の一番大切なもの、心の核になっているもの……。
 それを失った時はじめて、自分はそのことを実は何も知らなかったのだと思い知る。失われたものは、もう二度と取り戻すことはできない。その身もだえするほどの喪失感がメリャの文化に託して語られる。

 紙パルプ工場の工場長、ミロンの妻ターニャが死んだ。
 ミロンは彼女をメリャ風に葬ってやりたいと思い、二人の共通の友人であるアイストとともに二人が新婚時代を過ごしたオカ川の岸辺を目指す。

 メリャとは、かつてヴォルガ河上流にいたフィン・ウグル系の民族だが、現在、その言語を話す人はもういない。民族そのものがロシア人に吸収されて消滅しつつあるが、皆の記憶に冠婚葬祭の儀式や独特のあの世観の断片が残っている。アイスト自身も道中、自分の母や姉妹を父がメリャの儀礼に則って葬ったことを思い出す。しかし、父その人はキリスト教式に葬られているのだ……。

 オフシャンキとはホオジロのこと。
 アイストが今までに見たこともない鳥だと言って市場でつがいのオフシャンキを買ってくるところから物語が始まるが、これがとても象徴的。ミロンも初めて見る鳥だと言っているが、二人とも「オフシャンキ」という言葉はよく知っている。なぜなら、ターニャのあだ名が「オフシャンキ」だったからだ。
 死んだ妻と同じ名前の鳥……という時点でいやーな予感がする。魂が鳥のカタチをしている、というのは北方ではよく聞く話。ついでながら、主人公の名「アイスト」もコウノトリだ。

 どういうジャンルに分類したものか難しい映画だが、全編に漂う不安感や理不尽な結末からすると広義のホラーといってもいいかもしれない。オバケとかは出ないけど魂観(?死後の世界観とでもいうか)に関わる事だしねぇ。

 仏教や国家神道のような権威ある宗教に我々が本来持っていた魂観が全否定されている日本でも、この映画の持つ独特の雰囲気に共振するところがあると思われるが、なにぶんにも地味……というより死を扱う重い話題であるうえに、ヘア全開(メリャの儀礼に関わるところなのでボカシを入れると意味不明になる可能性あり)である所から、日本での公開は難しかったのかな。
 こういう、ひょっとしたら日本文化の深層心理と関わりがあるのではないか、と考えさせられる北ユーラシアものの映画はせめてDVDになって欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

群雄堂は11(日)東ピ59a

群雄堂書店コミックマーケット84に参加しますが、私は出す!とか言っていた『モンゴル史』「部族篇2」間に合いませんでした。スミマセン。

マルコさんはちゃんと五代十国萌エエ……もとい、五代十国ものを出すそうですので、五代十国ファンの方はお楽しみに)

できてる部分(メルキト、クルラウト、タルグト、オイラト、バルグト、コリ、トゥラス、トゥマト、ブラガチン、ケレムチン、ウラスト、テレングト、クシテミ、森のウリャンカト、クルカン、サカイト)にちょうどシベリアの森林諸部族がたくさん出てきて、なぜか翻訳メモに突厥碑文を引用しているというタイムリーさだったので、ここだけでも分割して出そうと思ったのですが、技術的な問題で断念しました(見本をおいてくださいとカノッサさんにはお願いしてありますので、手にとっていただければ、と思います)。

Lexicon2013

とりあえず、コミティア104で発行された『Lexicon(歴史魂)2013』に、ロシア語版『集史』関連の話を投稿しましたので、そちらの方もよろしくお願いします。たぶん、ご近所のs-mixさん等々に置いてあると思います(いつも他力本願)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

映画「イヤー・オブ・ザ・スネーク」

イヤー・オブ・ザ・スネーク-第四の帝国- [DVD]

2012年ドイツ
監督:デニス・ガンゼル
キャスト:
ポール…モーリッツ・ブライプトロイ
カーチャ…カシア・スムートニアック

 ベルリンからモスクワにやって来た芸能ジャーナリストのポール。彼が働く「マッチ」誌はファッション情報やら有名人のゴシップやらを載せる娯楽雑誌だが、実はポールの父が創刊にかかわっており、その頃は政治的な記事も載せていたという。

 ポールは父がかつて住んでいたフラットに住み、精力的に仕事をこなしモスクワでの生活も楽しんでいたが、政府に批判的なジャーナリスト・イジェンスキーが射殺される場に居合わせてしまう。

 イジェンスキーの死亡を公にしようといろいろな所を回っていたカーチャを助け、マッチ誌に記事を載せた事により、周囲の雰囲気が一変。まるでソ連時代に戻ったかのような…。

 そして地下鉄爆破事件に巻き込まれたポールは、テロリストの容疑で拘束されてしまうのだ。

 冒頭のアパート爆破シーンですぐにアレだ、とわかる。あの事件は実はチェチェン侵攻を正当化するための政府の陰謀だった、というサスペンスで、拘置所のシーンが結構酷い。ポールどうなっちゃうのって本気で心配になった。一見、もうロシアも普通の国になったように見えるが、ある特定の話題に触れると命が危うくなるというある意味リアルすぎて背筋の寒くなる話。

 今なぜこの話題?とふと思っちゃった私は相当平和ボケなんだろうなぁ。名指しはされていないが、この映画で黒幕とされている人物は今もロシアの大統領なんだから。まぁ、あくまでフィクション。フィクションなんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年11月 »