« じゃあ、イスタンブル写本って正史じゃなくね?―『モンゴル帝国史研究 正篇』読んだ3 | トップページ | コミックマーケット85に参加します@(火) 西る14b »

2013年11月 4日 (月)

「部族篇2」翻訳できました

『モンゴル史』「部族篇2」の翻訳がようやく完了。
……はしたのですが、問題がありまして。

今回、アラビア文字ペルシャ語の部分も入れてみたんですが、単語はともかくとして、左から右へ進むロシア語の文の中に、右から左へ進むペルシャ語の文が混じっている箇所をどっちからどっちへ読んだら良いのかわからなくて悩んでいます。

この部分↓

Per001

たぶん、1,2,3の順番で矢印の方向に読めば良いんだろうと思うのですが、そうなると3の部分なんか文の頭というか途中にピリオドが付くことになっちゃうのでいいのかな?と迷いがあるわけです。

ペルシャ語わからないでお前は『集史』をやっているのかと笑われそうですが、まぁ、そうなんです。いやー、ロシア語だって大してわかっちゃあいません。

どなたか教えていただけるとうれしいのですが……。

|

« じゃあ、イスタンブル写本って正史じゃなくね?―『モンゴル帝国史研究 正篇』読んだ3 | トップページ | コミックマーケット85に参加します@(火) 西る14b »

ソ連」カテゴリの記事

トルコ」カテゴリの記事

モンゴル」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

中央アジア」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/58514314

この記事へのトラックバック一覧です: 「部族篇2」翻訳できました:

« じゃあ、イスタンブル写本って正史じゃなくね?―『モンゴル帝国史研究 正篇』読んだ3 | トップページ | コミックマーケット85に参加します@(火) 西る14b »