« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月28日 (月)

「部族篇3」入稿したよ@15日西お20a

Pop3v2

 以前コピー誌で出したヤツの改訂版ではありますが、訳文を全面的に見直し、省略していたセミョーノフ脚注を全部戻し(ペルシャ語部分を含む)、気付いたところを訳注としてメモしまくったので、18%を越す増量(当社比)となっております。

Kaitei





18%増量中(当社比)

 先に挙げた部族リストの通り、「部族篇3」はテュルク系の部族が取りあげられるぷりちーな章です。
 そもそも、これらテュルク系諸部族についての情報が欲しかったけど日本語訳がないから読み始めたロシア語版『年代記集成(集史)』=『モンゴル史』でありますから、この「部族篇」シリーズの原点とも言えます。

 そして、『集史(モンゴル史)』の必要性を人に聞いた借り物の知識でなく自分自身の実感として感じられたのもこの「部族篇3」でした。
 具体的には沙陀雁門の後裔とも言われるオングトの項ですね。系図書きをしてこの「部族篇3」と『元史』アラクシ=テギン=クリ伝を比べて、双方の情報は矛盾しないけど、どちらも自分に都合が悪いところはだんまりかよwwwという(もちろん『元朝秘史』にもそういうところがありますしね)。今回はウィグルの所を少し調べて更にその傾向が顕著だなぁ、という感じがしました。イディクト家なんかは漢文史料が比較的多く残っているだけに『集史(モンゴル史)』と突き合わせるとボロが出るというか(笑)。
「隠されたもので、明らかにされないものはない」とは言いますが、そのためには価値観の違う複数の情報源にあたってみるのが手っ取り早い。

 ともあれ、どんな出来上がりになるか……あとは待つだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

宇宙博行ってチベット料理を食す

暑い…暑いぞ!
このまま部屋にいたら死んでしまう。
ということで、宇宙博に行って涼んできました。 
宇宙開発合戦と言えば、ケネディvsフルシチョフということで、キャロライン・ケネディが駐日大使な今の開催は実にタイムリー。

もちろん、NASA、JAXAの展覧会なので、ソ連ものはメインじゃありませんが、スプートニク一号が空を飛んでいたり、さりげなくライカのパネルがあったりと、わかる人はニヤリとするはず。初期の宇宙開発におけるソ連の役割は無視できませんからね。

Lunokhod_2

ルノホートたん
昔のSFを思い出させるノスタルジックな風貌

 

Apollo_2

アポロ月面車

映像でよく見るアレですな。一つ目がくりりっとしていてポメラニアンみたい。

Japan

日本の月面探査車(名前はまだない…のか?)

やっぱりどことなくはやぶさに似てる

Curio

キュリオシティさん

火星探査車。思わず「さん」づけしてしまう力強さがあります。

人はまぁまぁ入っていましたが、会場が余裕を持ってた展示だったのですかすかに感じられました。これだけ人出をみこんだ展示でも会期後半になると待ち時間とか出るもんなのかな?

はやぶさ関連の展示もありました。これについては、知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。目が悪いので、イトカワから回収してきた微粒子は見えたような見えなかったような…?(笑)

Hayabusa

はやぶさ

尻でスマン。右下に見える○○っとしたのがはやぶさ2の模型

Kibo

日本実験棟のきぼう

中入ったら、宇宙飛行士の気分ていうか、映画「アルマズ・プロジェクト」思い出した。作業スペースに付箋紙が備え付けられていたのが普通の会社のオフィスっぽくて。

そして、涼みに行ったはいいが、寒くなりすぎたので、日のあるうちにネパール料理屋ジャイネパールに行き、(ネパール料理屋にもかかわらず)チベット料理のモモ(ボーズみたいなの)とブツワ(干したラムを炒めた料理。これ美味かった)を食べて帰りましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

「部族篇3」改訂したよ@15日西お20a

 『モンゴル史』「部族篇3」改訂作業終わりました。
 まだ細かな訂正や手を入れる個所、表紙・裏表紙がまだなので、気は抜けませんが、なんとか出せるかな?というレベルには到達したかも?(もう祭りの直前じゃん)

 いやー、今回入院する事になった時には、ふと「『集史』の翻訳に取り掛かると死ぬ」なんてジンクスが頭をよぎったもんです。まさにヘタグーロフさんの翻訳が途切れる辺りまでやって入院したので、呪い発動?!かと(笑)。
 まぁ、手術自体は難しいものではなく、まったく心配していなかったのですが、ホラーでは呪いのせいでなんでもない病気でもよく死にますからねぇ。でも一方で、これで私が普通に退院したら、「部族編4」もやれっていうテングリの思し召しかもしれない、なんて思ったりして(笑)。

 まぁ、ここまでやって出せないとがっかりなので、もうちょっと頑張ろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »