« 映画「グレイヴ・エンカウンターズ」 | トップページ | ドラマ「レッド・スナイパー ―独ソ最終決戦―」 »

2014年9月27日 (土)

映画「グレイヴ・エンカウンターズ2」

グレイヴ・エンカウンターズ2【DVD】

2012年カナダ
監督:ジョン・ポリカン
キャスト:
アレックス・ライト…リチャード・ハーモン
ジェニファー・パーカー…リアン・ラップ
トレバー・トンプソン…ディラン・プレイファー
テッサ・ハミル…ステファニー・バネット
ショーン・ロジャーソン(ランス・プレストン)…ショーン・ロジャーソン

 ファウンド・フッテージってジャンルがあるんですなぁ。この映画見て初めて知りました。

 と、いうのも、Web上でいろいろな人が前作「グレイヴ・エンカウンターズ」の感想を述べる動画を集めたシーンから始まるのだが、その中に今回の主人公・ホラー映画マニアで映画学校に通っているアレックスの評も入っていて、その中で「グレイヴ・エンカウンターズ」をカテゴライズしてそう述べているのだ。

 どんなのがファウンド・フッテージかというと、最近見たのでは「フィンランド式残酷ショッピングツアー」、「ディアトロフ・インシデント」、感想は書いてないけど「クロニクル」、「スキンウォーカー・プロジェクト」といったところ……って結構見てるじゃん!(笑)。
 死んだか何かで撮った人がいなくなった後に残された映像をなんらかの方法で発見・入手したって体の映画ですにゃ。

 「グレイヴ・エンカウンターズ」がまさしくそういう映画だったわけだけれど、2では「あれは実は、作り物でなくガチだった」という事に気付いたアレックスが、「このオレが歴史に残るすごいホラー映画を撮ってやる」という下心を抱きつつ、件の廃精神病院に侵入して怖ろしい目に遭う、というお話。

 良い意味でも悪い意味でもB級臭が薄まり、ホラーらしくまとまっているので、1作目でモヤモヤして気分悪かった人にはお勧め。
 私はやりっ放しでも1作目の方が好きかな。意気込みというか勢いみたいなものが感じられるところが。

 それでも、2のラストはなかなか秀逸だと思う。心にふと、「あれ?……まさか……」という思いが湧いたもの。

|

« 映画「グレイヴ・エンカウンターズ」 | トップページ | ドラマ「レッド・スナイパー ―独ソ最終決戦―」 »

ホラー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/60377071

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「グレイヴ・エンカウンターズ2」:

« 映画「グレイヴ・エンカウンターズ」 | トップページ | ドラマ「レッド・スナイパー ―独ソ最終決戦―」 »