« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月25日 (土)

ドラマ「Wスナイパー」

Wスナイパー 宿命の対決 前編 FBX-068 [DVD]  後編 FBX-069 [DVD]

2007年ウクライナ
監督:アレクサンドル・ベレザニ
キャスト:
タチヤーナ・ウヴァロヴァ…イリーナ・アレクシモヴァ
アレクセイ・ポゴジェフ…イリヤー・シャクゥノフ
エーヴァ…ユーリャ・ベレッタ
カドゥイシェフ局長…セルゲイ・ロマニュク

 以前見たTV映画「アンチ・スナイパー」シリーズの1、2話目だが、今この時期に見るのはなんとも複雑な気持ちだ。

 と、いうのもウクライナとロシアの治安当局が協力して捜査したり、捜査員同士が仲よく酒飲んで馬鹿やらかしたりして和気あいあいしているのがなんとも皮肉な気がしたからだ。

 表面上和気あいあいとしていても腹の中は微妙なのかな、と知らず知らずのうちに言葉の端々からそういったニュアンスを読み取ろうとしてしまう。邪推も甚だしいが、この作品が撮られたのが2007年。その後ロシアとウクライナの間にいろいろあったもんでつい…。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 おとり捜査でフリーのスナイパー・カムィシを逮捕したウクライナ警察(内務省)の捜査官ポゴジェフたち。カムィシの標的は、ある国際的詐欺団のカネの流れを熟知する人物モリンであった。

 モリンは警察に保護されたものの、彼の尋問は国税庁(財務省)の美人部長ウヴァロヴァが担当することになった。インチキ株取引で巨額のカネをだまし取っているこの詐欺団、当然のことながら税金を払っておらず、脱税について捜査するのは国税庁であるからだ。役所の壁もあり、ウヴァロヴァの参加をおもしろく思わない者もいる中、あろうことかカムィシが裁判所から出た所を狙撃されて殺される。

 そして、モリンを尋問して詐欺団についての重要情報を握ったとみなされたのだろうか、ウヴァロヴァも狙撃された。ポゴジェフが危険を察知して危機を逃れたものの、スナイパーが狙撃ポイントに残していった赤い珠は、ポゴジェフに過去のある事件を思い起こさせた……。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 いちおう↑では「美人」って書いたけど、ウヴァロヴァが最初登場した時ミスター・スポック見たいな面構えで男?って思った(笑)。話が進んで、あれ?きれいじゃん?って見えるようにはなってもカワイイという感じではないなぁ。東欧辺りの男は強い女がお好みなのかな? 女王様に仕える騎士のような役回りに萌える、とか。日本のドラマでは強い女がヒロインでも、ここまで強くはないような気がする。

 ストーリィはといえば、スナイパーが誰なのか動機は何なのかは結構最初の方で察しがつくので、推理ものほど細部まで目を凝らして見なくても良い。気軽にスナイパーもののスタイリッシュなエキスを楽しめるって感じのTV映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

カサンドラは実在した! ウィグルの城址ポル・バジン

……というのは冗談ですが、友人が紹介していた記事がとても気になったのでメモしておきます。

いったい誰が?何の目的で?謎に包まれたシベリアの孤島にある1300年前の遺跡「ポル=バジン」

(元記事は「シベリア・タイムズ」。)

 見るからにウィグルっぽい城址で、規模もかなり大きいようでGoogleマップでもよく見えます

 まぁ、ロシアと言ってもトゥバなので、モンゴルに残っているハルバルガス(オルドゥ・バリク)バイ・バリクからそう遠くもない。湖の中の孤島というのが変わったロケーションですが、感じも似ています。

 なになに、中国っぽいって? そりゃそうでしょう。唐はウィグルの保護国ですから。唐の職人も作業員も好きに使えるわけですよ。

※2016年1月4月追記:「ヴァシリエフ「ポル=バジン要塞のルーン文字銘文」を読んで」を書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

ドラマ「メッサーシュミット・ダウン」

メッサーシュミット・ダウン 前編・後編2枚組 [DVD]

2011年ロシア
監督:アレクセイ・チスチコフ/アレクサンドル・フィロノフ
キャスト:
アレクセイ・ルダコフ…デニス・ロシコフ
ポリーナ・ルダコヴァ…グラフィーラ・タルホノヴァ
ステパン・ルダコフ…フェージャ・スミルノフ
マレツキー…アルチョーム・トカチェンコ
ヴォローニン…イヴァン・スチェブゥノフ
カトゥリスキー…ミハイル・トルゥヒン
ラブス…ヴィターリィ・キシェンコ
キジャエフ第二書記…コンスタンチン・スパスキー

 1941年7月。ソ連のエースパイロット・ルダコフは州第二書記のキジャエフの「重要な」任務に駆り出される。重要な書類を疎開させる輸送機を護衛するというものだが、実際にはコニャックなど酒類を運んでいたことがわかり、任務遂行中に戦友をドイツ機に撃墜されていたルダコフは激怒。飛行場に来ていたキジャエフをぶん殴り、更に銃を抜いてしまったことから軍法会議にかけられ、銃殺刑を言い渡される。

 まさに引き金が引かれようという所で、処刑は突如中止に。ドイツ軍の配置を偵察するという危険で更に重要な任務に彼の腕が必要となったためだった。

 ルダコフは見事任務を成功させるのだが、帰途撃墜されてしまう。幸いにしてうまく不時着したものの、意識を失ってドイツ占領下の地元民に捕獲されてしまった。ルダコフは「ソ連軍」に助け出されるが、どうもこの連中、おかしいと気付く。実は、彼らはドイツの親衛隊中佐カトゥリスキーが偽装した部隊だったのだ(このカトゥリスキーがのちのちルダコフのライバル的存在になっていく)。

 それでもルダコフはなんとか逃げ出すことに成功。雪原の中をさまよううちに、たまたまドイツ軍の飛行場に行き当たった。メッサーシュミット(Bf109?)を奪取して大空に飛び立つルダコフ。敵機の翼を操っての活躍はこうして始まった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 これさぁ、見るからに危ないよね。自軍に敵として狙われるし、最初は奇襲に成功してもじきにドイツ軍に機体番号とかで識別されちゃうだろうし。

 そもそもキジャエフに目の敵にされているから、ルダコフ自身は軍法会議にかけられて銃殺されるくらいなら祖国のためにやれるだけやって死のう、とはじめから命は捨ててかかっているようだけど。

 ルダコフも乗ってるうちに「オレのメッサー」とか愛でちゃっててこの人たち絶対ドイツ好きだよね?って思った。いやそもそも、マルクス・エンゲルスからしてドイツ人だろうけどさ。

 朝の連続TV小説のようなノリの6話連続TVシリーズ。いや、朝っぱらからこんなに血なまぐさいのはまずいか。じゃあ、昼ドラ? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

映画「メトロ42」

メトロ42[DVD]

2013年ロシア
監督:アントン・メゲルジチェフ
キャスト:
アンドレイ…セルゲイ・プスケパリス
ブラト…アナトーリィ・べールィ
イリーナ…スヴェトラーナ・ホッチェンコヴァ
クシューシャ…アンフィサ・ヴィスチンガウゼン
デニス…アレクセイ・バルドゥコフ
アリサ…カテリーナ・シピツァ

 地下鉄。
―車両が通る時の窓の明かりだけで見える廃止された駅がどこそこの駅とどこそこの駅の間にある。
―もともと戦時中に空襲時の参謀本部として掘られたものを戦後転用したので、あそこの駅の構造はどこかおかしい。
―某駅のある扉は昔の防空壕に繋がっている。
……閉じた空間であり、いくつもの路線が交錯する地下鉄は、正常に動いている時でも秘密の地下迷宮のように感じられるのか、根拠があるのかないのか定かでない様々な噂に彩られている。

 モスクワの地下鉄も全く同じだ。

 ベルトコンベアか?って程速度の速いエスカレータでガタゴト地下のかなり深い所へ連れて行かれる経験は、モスクワを訪ねたことのある誰もが経験しているだろう。どの駅も宮殿のような造りであり、かつ相当の年代物であることは映画の通り。

 これ、モスクワ川の下走っているんだよなぁ、なんか水染みてるけど大丈夫か? と乗れば誰でもそんなことを冗談半分にでも考えるはず。それをこれでもかという程リアルに映像にしてみたパニック映画である。モスクワ川の底が抜けて大量の水が流れ込むのが一番の見どころ。主役は水。重量感、制御不能感が圧倒的。1/1セットでの撮影だとか。地下鉄の中央制御室(?)なんかも本物で撮影させてくれるわけないんだろうが、いかにもソ連っぽく無骨でさもありなんって感じ。

 急ブレーキ踏んだだけであれほど酷く脱線するか?とも思うが、日本の地下鉄でも2000年に死傷者の出る脱線事故があった程だし、まぁ、何とも言えないよな。あのシーンはいやでもJR福知山線脱線事故を思いださせる。今後電車に乗る時でも先頭車両はやめておこうかな……と本気で考えさせられてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

я слушала открытый симпозиум "Ислам, женщина и пор"

 28 марта я слушала открытый симпозиум "Ислам, женщина и пор -- разнообразие ценности и динамизм".

 Разнообразные исследователи выступили о сегоднящных мусульманских женщинах. Особенно женщны арабских страрах Персидского залива, Турции и Ирана из своих точек зления.

 Нескольких из них приведут на примеру;

--Ислам и спортсменки: В основном иранский женский футбол. (Ямагиси Томоко)
 Когда в 2011 была открыта футбольная предварительная игра Лондонской Олимпиады, иранской женской команде отказали в участии.
 Это потому, что ирансие футболистки надели хиджаб.
 FIFA объясняет, что в футбольное поле не должен ввести религию.
 В конце концов в 2012 году FIFA разрещило надевать хиджаб.
  Не касаясь религии, FIFA объсняет что, хиджаб не опасен во время игры.
  Лектор Ямагиси весело сказала; "тогда мы поможем приглашать их в Токио в 2020 г."

--Atatürk и женщны. "Избежать ислама" освободило женщну ? (Уно Ёко)
  Atatürk советовал своим
приёмным дочерям активно работать в обществе.
  Для того, чтобы они стали образцом женщин, которые живут в Турецкой Республике равноправия мужчин и женщин.
  Это значит, что феминистическое движение в Турции было зделана инициацивой политики.
  Я думала, что это похоже на в сегоднящнюю японскую ситуацию. Японский пример-министр Абэ говорит, что "Япония должна стать обществом, где женщны могут свететь."

--Женщны, которые хочят "выйти замуж" и "розвеститсь". Изменяющие ислам, женщны и пол. (Гото Эми)
  Вид замужества сегоднящних женщин в Египте к примеру два комедии "Я хочу выйти замуж (2010)" и "Я хочу развестись (2005)".
  В Египте женщин в университеты поступает больше, чем мужчин. Такие женщны хочят успешно выйти замуж; у них высокая оплата и хорошая внешность и хорошо делают домашние дела и т. д.
  Я думаю, что это напоминает японских женщин, которые делают "Конкацу" (-- сокращение "Кэккон Кацудо").

 Я чувствовала, что неотложная задача для женщин, говоря одном словом, та же самая и в Японии.

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

続きを読む "я слушала открытый симпозиум "Ислам, женщина и пор""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »