« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン1(9.囚われの身) | トップページ | 映画「ヒックとドラゴン」 »

2015年10月22日 (木)

ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン1(10.天と地)

マルコ・ポーロ 予告編

2014年アメリカ
監督:ジョン・ファスコ
キャスト:
マルコ・ポーロ…ロレンツォ・リチェルミ
フビライ・ハーン…ベネディクト・ウォン
賈似道…チン・ハン
チャブイ皇后…ジョアン・チェン
チンキム皇太子…レミー・ヒー
ハイドゥ…リック・ユーン
百の眼…トム・ウー
アフマド…メヘシュ・ジェドゥ
ビャンバ…ウリ・ラトゥケフ
クトゥルン…クラウディア・キム

 第1シーズンも最終話。

 襄陽の壁をマルコがダマスカス出身の技師に設計させたマンジャニークで破壊して、フビライ指揮するモンゴル軍が攻め入る。
 この物語のフビライは「壁を崩す」ということにこだわってるように見受けられるんだけれども、チンギスは万里の長城なんか眼中になかったんじゃなかったっけ? 別に物理的に城壁を壊すことだけが城の攻略法でもなし。

 憎たらしい賈似道も遂に倒される。
 マルコじゃまるでかなわないんだけれど、主人公なのに! まぁ、ここでマルコが勝っちゃったんじゃ、いくらドラマでもリアリティゼロだもんな。ここは師匠の百の眼の出番です(笑)。
 とはいえ、賈似道、ここまで敵方のモンゴルに対してばかりでなく、宋の宮廷内でも謀略の数々やら幼児虐待やらをやらかして きたんだから、もっと惨たらしく殺されても良かったのに。ちょっと格好良すぎでは?

 それにしても、第2シーズンに向けていろいろ伏線張りまくりのエピソード10だった(笑)。

 コカチンと関係しちゃって後でチンキムとまずいことになるんじゃあ?…とか。
 せっかく親しくなれたのに、ビャンバはクトゥルン、つまりハイドゥの所に走ってしまうとなると後で戦うことになるんだろうな…とか。
 うわー、やっぱアフマド悪い奴だー…とか。
 フビライはおおむねかわいく描かれていたけれど、敗戦を体験した今後、ひねくれちゃったりしたらいやだなー…とか。
 チャブイなんかコワイ…とか。

 これだけ伏線張ったんだから、シーズン2も3もあるんだよね?
 期待しちゃっていいんだよね?
 てつはうあれだけ映像に出てきたんだから、日本遠征もあるんだよねー?

|

« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン1(9.囚われの身) | トップページ | 映画「ヒックとドラゴン」 »

モンゴル」カテゴリの記事

中央アジア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/62524458

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン1(10.天と地):

« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン1(9.囚われの身) | トップページ | 映画「ヒックとドラゴン」 »