« ヴァシリエフ「ポル=バジン要塞のルーン文字銘文」を読んで | トップページ | 映画「シャークトパスVSプテラクーダ」 »

2016年1月 9日 (土)

ドキュメンタリー「僕らの戦争はまだ終わっていない」

Tell Spring Not to Come This Year

2015年UK/アフガニスタン
監督:サイード・タージ・ファールーキー/マイケル・マクエボイ

「外国の軍隊が撤退するのは良い事だ。自分の国は自分で守るべきだ」
と思うと同時に、
「国際社会に見捨てられたような気がする」
とも思う。
 相反するようにも見える気持ちが同時に湧き上がる……それが本当のところなんだろうな。
 現実に起こっている事に対して何らかの対処をしなきゃならないんだけど、どんな対処方を取ったとしても完全に成功か全くの失敗かなんて、どっちかにはっきり判定できるもんでもない。

 2014年12月にISAF(国際治安支援部隊)撤退した後のアフガニスタン国軍のある部隊に密着したドキュメンタリー。

 男が一人現れ、タリバンじゃないかもしれないから撃つな、なんて怒鳴りあっているうちに銃撃戦がはじまり、たちまち包囲されて死傷者が出だすのが何とも怖い。武器を持っていたら即座に射殺して良い、もし間違っていても罪には問われない、という決まりでもあれば事は簡単。
 しかし、国民を守るためという大義がある国軍だとそうも行かないんだろうなぁ。ケシ畑を無条件に焼き払ったりしないで村人に事情を聞いている辺りから察するに、そういう強権はないみたい。法治国家ではそれは無理、国民の反感を招いてタリバンを利するばかりって事なんだろうけど、そんな平和ボケな方針では兵士の身も心も持たないんじゃないかなぁ。

 実際、状況を本部に連絡しても誰も助けに来ないしさ。銃弾飛び交う中を撤退せざるを得なくなるんだもの。

 職がなくぶらぶらしてるくらいなら自国のために志願したそうだけれど、タリバンの下っ端の兵士だって似たようなもんなんじゃないかなぁ、と思ってしまう。

 そういう人たちは仕方なく戦っているように見えるんだが……っていうかアフガニスタンって相当長い間戦争状態なんだし、みんないい加減戦争に倦んでると思うんだけど、どうして終わらせる事ができないのかねぇ? 誰でも働けばいくらでも稼げるような環境になったら戦争しなくても良くなるものなんだろうか。

|

« ヴァシリエフ「ポル=バジン要塞のルーン文字銘文」を読んで | トップページ | 映画「シャークトパスVSプテラクーダ」 »

中央アジア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/63034971

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー「僕らの戦争はまだ終わっていない」:

« ヴァシリエフ「ポル=バジン要塞のルーン文字銘文」を読んで | トップページ | 映画「シャークトパスVSプテラクーダ」 »