« 映画「雪の轍」 | トップページ | 自家用ヘリを買おうぜ »

2016年6月17日 (金)

映画「ノスタルジア」

ノスタルジア [DVD]

1983年イタリア/ソ連
監督:アンドレイ・タルコフスキー
キャスト:
アンドレイ・ゴルチャコフ…オレーク・ヤンコフスキー
ドメニコ…エルランド・ジョセフソン
エヴゲニア…ドミジアナ・ジョルダノ

 なぜか、タルコフスキーの映画って途中で必ず寝る。半分くらいは夢みたいな幻想みたいな、あるいはあの世の光景のような場面だからだろうか。
 早く寝なきゃならないのに寝付かれないなんて時に見るに最適の映画!……かも知れないけどご注意を。アンドレイは現実から逃れたかったのか、最後には、あっちの世界逝っちゃったみたいだし、一緒に連れて行かれないようにね(そんなこたーない)。

 正直、エヴゲニアがどうして突然キレたのかサッパリわからなかったし、ドメニコの行動も謎なんだけど、イタリア人のやることはわからん、というアンドレイ視点なのかな?最後の方の焼身自殺を固まった姿勢のまま見ている人々の群れの表現と同じで、リアルな映像ではなくて、いったんアンドレイのフィルタを通った映像なのかもしれない。
 でも、この映画見て、「ロシア人は移植できない植物のようにロシアから離れて生きていけない」というのは、単に自分たちは特別の民族である、と思いたいから言ってるだけなんじゃないかって気がしてきた。ここで表現されているのがそれだというのなら、誰しも感じる普通のことじゃない?ってね。

 両方の世界にいるイヌはアヌビスなんだろうか。演じているのが普通のシェパードなんでこれだけ見たら単にイヌとしか思わなかったかもしれないが、「ストーカー」のイヌは真っ黒で耳がピンと立った有名なアヌビスの像にそっくりのイヌだったのでわかりやすかった。たぶんあれと同じ意味の象徴ではないかと。ヨーロッパの人にとってはイヌはアヌビスとかケルベロスとか、死の世界を連想させるものなのかね? 本来はジャッカルだとすると、それほど聖書の世界観が浸透しているって事か。
 でもさ、そんなの上っ面だけだよね。キリスト教以前の信仰が絶対、心理の古層に残ってるって。季節の行事なんか見れば一目瞭然。タルコフスキーで取り上げられる「信仰心」もキリスト教って訳じゃないもんな。

|

« 映画「雪の轍」 | トップページ | 自家用ヘリを買おうぜ »

ソ連」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/63792987

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ノスタルジア」:

« 映画「雪の轍」 | トップページ | 自家用ヘリを買おうぜ »