« Я посетила Касори-кайдзука Кьёккенмединги | トップページ | ドキュメンタリー「大韓航空8509便」 »

2016年6月 3日 (金)

映画「ストーカー」

ストーカー 【Blu-ray】

1979年ソ連
監督:アンドレイ・タルコフスキー
キャスト:
ストーカー…アレクサンドル・カイダノフスキー
妻…アリサ・フレインドリフ
作家…アナトーリィ・ソロニーツィン
教授…ニコライ・グリニコ

 ある日ある国のある所に突如として現れた未知の空間、通称「ゾーン」。
 そこに入り込んだ者はほぼ帰ってこない。軍隊も探索に入って行方不明になってしまったことから、今は非常線を張り、立ち入り禁止区域になっている。

 そんな「ゾーン」にも、中を歩き回って帰って来られる者がいる。ストーカーである。
 とはいえ、「ソーン」の影響はストーカーにも様々な形で及んでおり、中には自殺してしまった人もいるそうだ。

 しかし、そんな危険な「ゾーン」に、むしろ危険だからこそ訪れてみたいと思う人達がいるもの。今日もまた、作家と教授が「ゾーン」に入ろうとストーカーに道案内を依頼してきた。
 実は「ゾーン」にはある噂があり、彼らは知的好奇心からそれを論理的に、あるいは科学的に確かめてみたかったのだ……。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 この映画を見ると、廃墟探索が人を惹きつける理由がわかるような気がする。まるっきり廃墟動画だ。
 こんな所があったら確かに行ってみたい。あんな風に戦車がゴロゴロ放置されてるのって日本じゃなさそう。

 最後の方のストーカーの嘆きを見ると、信仰についての話かな、とも思うけれども、そこまで穿って考えなくても、日本にも実話怪談系の有名どころ、「山の牧場」やら「メリーさんの館」なんかに似てる気がした。まぁ、「ストーカー」の方が先ではあろうが。幽霊とかバケモノがはっきり出て来ない廃墟探索でも、突然「ヤバイ、ヤバイ」とかいって逃げ出す心理と似たような物なんじゃなかろうか。何かよくわからない者に対する畏れっていうを感じてみたい、という欲求はどこの人にもいつの時代にでもあるって事なんだろう。

 まぁ、これは映画だから、最初からフィクションってわかっちゃってる分、「実話」怪談のようにリアルに感じないよーって人もいるかもしれない。でも、ほんとの話ぶる必要がない分、むしろこっちの方が廃墟の空気感を味わえるようにできているかも。いつの間にかすっかりはまって、ホネを見つける辺りでは実に何とも言えない不安定な気分になっている。

|

« Я посетила Касори-кайдзука Кьёккенмединги | トップページ | ドキュメンタリー「大韓航空8509便」 »

ソ連」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/63726556

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ストーカー」:

« Я посетила Касори-кайдзука Кьёккенмединги | トップページ | ドキュメンタリー「大韓航空8509便」 »