« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(9.跡継ぎ) | トップページ | ドキュメンタリー「なぜ我々は戦うのか:バトル・オブ・ロシア」 »

2017年4月30日 (日)

千葉市動物公園行ってきた

千葉市動物公園行ってきたー。

5月7日までは、ここの入場券とモノレールフリー切符セットで800円だって。

Zoo04

今はライオンがいるんですな。
2016年3月からいるんだそうな。感慨深い。
逆に、鹿野山の虎騒動(1979年)のトラウマが癒えるまで40年近い年月がかかったとも言える。

Zoo08

お馴染み、タヒ(蒙古野馬)

Zoo01

ペルシュロン。でかっ。

Zoo05

ハシビロコウ。 動かない鳥って言われてるケド、クラッタリングしたり、羽を干していたり、歩き回ったり、結構動いてた。

Zoo02

け、毛皮?

Zoo10

……と油断させておいて、くらえ暗琉天破!!!

Zoo11

奥義を放つときには目つきも厳しくなる。

Zoo19

目が怖いと言えば、ロシア原産・セヴァストーポリ種のガチョウ。
ロシア出身だとガチョウでさえ目が怖いのか?

Zoo14

タルバガンはいないので、同類のプレーリードッグで和もう。

Zoo12

カピバラさんで更に和もう。

Zoo17

カピバラさんアップ。

Zoo07

優しげなアジアゾウでもっと和もう。

Zoo09

アミメキリン。

Zoo13

イシガメ? クサガメ? 見分けが付かないなー。

Zoo15

同じカメでも、こうなるともう恐竜。

Zoo16

こっちに向かって突進してくると思わず仰け反る。

Zoo18

恐竜の子孫? フンボルトペンギン。
まぁ、ハシビロコウの方が恐竜っぽいが。

Zoo06

マレーバク。夜行性だから、当然のように寝てる。

Zoo20

カンガルーも寝てる。

Zoo03

総選挙やってた。

さて。これでゴールンウィークも終わった……。

|

« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(9.跡継ぎ) | トップページ | ドキュメンタリー「なぜ我々は戦うのか:バトル・オブ・ロシア」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/65215900

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市動物公園行ってきた:

« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(9.跡継ぎ) | トップページ | ドキュメンタリー「なぜ我々は戦うのか:バトル・オブ・ロシア」 »