« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(8.駆ける白馬) | トップページ | 千葉市動物公園行ってきた »

2017年4月22日 (土)

ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(9.跡継ぎ)

「マルコ・ポーロ」シーズン2オフィシャルトレーラー

2016年アメリカ
監督:ジョン・ファスコ
キャスト:
マルコ・ポーロ…ロレンツォ・リチェルミ
フビライ・ハーン…ベネディクト・ウォン
コカチン…チュウ・チュウ
チャブイ皇后…ジョアン・チェン
チンキム皇太子…レミー・ヒー
ナヤン…ロン・ユアン
ハイドゥ…リック・ユーン
百の眼…トム・ウー
アフマド…メヘシュ・ジェドゥ
ビャンバ…ウリ・ラトゥケフ
クトゥルン…クラウディア・キム

 アフマドの反逆を知ったフビライは、白馬の群れに火を付けてナヤン・ハイドゥ・十字軍の陣営に突っ込ませる。ここは、ナヤンの領地の双子川と呼ばれているが、ザナドゥ(上都)から西に半日行程のところにあるらしい。前にナヤンは、自分の所領は大都の北の方だと言っていたが、どの辺を想定しているのかな。

 この作戦で、馬群が幕営地の真ん中に集積してあった火薬庫に突っ込んで大爆発。……なぜそこに置いた?

 この混乱に乗じて、アフマドの策略で少人数しかいないフビライの軍が突撃。両軍入り乱れての大混戦になる。
 前線に出て戦うフビライはなかなか格好良い。皇帝だけど、馬上大刀を振るっているよ。まぁねぇ、だいたいこの物語の登場人物はみんな強いんだけど、ニコロ・ポーロまで戦ってるのにはびっくりだ。

 オロスとチンキムの因縁の対決あり、ビャンバを助けてしまうクトゥルンあり。百の目がバケツ兜と鎖帷子姿の十字軍兵士と戦っているのなんかも見ものだ。

 ナヤンから、反逆の首謀者がアフマドだと聞いて、息子と可愛がってやったのにと大ショックを受けるフビライ。でもさぁ、フビライがアフマドのこと息子って呼んでても、わしらの時代で言う仮子なんだろうから、たぶん、裏切りっていっても腹心の部下が裏切ったくらいの感覚だろう? 肉親に裏切られたみたいにいうのは何か違うよね。……っていうか、冒頓単于の昔から、息子が父親を殺すのなんかザラだよね。でもこれ、この物語的には、なんか、まずいことの伏線の気がするよ(笑)。

 ちなみに、ナヤンは磔の刑に。本当にキリスト教信者なら本望だろうよ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 そしてここでタイトル入る。アバンタイトル長いな!(笑)
 この戦闘シーンが第2シーズン最大のアクションの見せ場ってことだ!

 フビライはクリルタイに、チンキムはアフマドをやっつけに大都に向かうといったところで、コカチン(ネルグイ)が産気づく。この一番精神の弱った状態で、コカチン(ネルグイ)が側にいて欲しいと願ったのはマルコだった。これはさすがに鈍いチンキムでもオカシイと気付くわな。ますますマズイぞ、マルコ~、どうなるんだ~。

 次回、最終回へ続く。

|

« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(8.駆ける白馬) | トップページ | 千葉市動物公園行ってきた »

モンゴル」カテゴリの記事

中央アジア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/65183733

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(9.跡継ぎ):

« ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(8.駆ける白馬) | トップページ | 千葉市動物公園行ってきた »