« 映画「叙情」 | トップページ | 映画「トランセンデンス」 »

2017年10月16日 (月)

ドキュメンタリー「イカロス」

「イカロス」オフィシャル・トレーラー

2017年アメリカ
監督:ブライアン・フォーゲル
出演:
ブライアン・フォーゲル
グリゴリー・ロドチェンコフ

 あこがれのアスリート・ランスがドーピングをしていたことを知ったブライアン。しかしランスは、薬物検査を何度も受けたことがあったにもかかわらず、常に陰性だったのだ。
 ブライアンはアスリートの薬物検査がザルであることを自らの身体で証明しようと思い立つ。筋肉増強剤には処方箋が必要だし、ドーピング検査に引っかからないようにするには、医師の助けが必要だ。知り合いの医師に相談したものの、彼はいざドーピングプログラムを始める段階になって後込みしだした。自分の名誉が傷つくのではないかと。
 そして、代わりに彼が紹介してくれたのが、モスクワにいるグリゴリー・ロドチェンコフ。ロシアのアンチドーピング機関のモスクワ所長だった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 最初は、「スーパーサイズ・ミー」か、ユーチューバーが「ドーピングやってみた」みたいなノリなんだよね。
 薬物検査って案外精度が思うようなモノでない、雑だったりあまりにも敏感すぎるってのは、「怪しい伝説」でもやってたっけ。アンパンの上に付いてるケシの実で麻薬反応が出て、薬物中毒の嫌疑を掛けられてクビになる「都市伝説」をウソかホントか自分の身体で実験するってヤツ。
 自分の体感でも、会社の健康診断の検査なんてあてにならんってのは思うもんね。

 そんな体当たり系のドキュメンタリーだったのが、ロドチェンコフが「自分がロシアのドーピングスキャンダルの中心人物としてドイツの映画に取り上げられたゾ」とブライアンに知らせてきた頃から、うっすらきな臭い感じになってくる。
 WADAから嫌疑が掛けられていて、自分は危険人物だなんて、ロドチェンコフは冗談めかして言ってたが、ついにはあの世界的な大スキャンダルに発展してしまう。

 しかもこれ、非常に命がヤバイ話に見える。死人が出てるし。そんな中でもブライアンは、よく友人を最後まで助けた。スポーツ・ジャーナリストで、こういう政府の陰謀を好んで追うタイプには見えなかったんだが、さすが自由の国アメリカのジャーナリストだって思った。

 あと、ロシア的なことをアメリカ的な解釈で見ている感じがする。ロドチェンコフが、「WADAは宗教だ」って言ってるところをみると、二重思考ってのは、二重信仰と関係あるのかもな。本音と建て前が大きく乖離していても、特に矛盾を感じないっていうのは、帝政ロシアの昔から言われていることだから、社会主義時代とは関係なく、国民性のようなもんなのかも。

 あ、でも本音と建て前が全然違うのは、日本人も同じか(笑)。

|

« 映画「叙情」 | トップページ | 映画「トランセンデンス」 »

ロシア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/65926002

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー「イカロス」:

« 映画「叙情」 | トップページ | 映画「トランセンデンス」 »