« アニメ「アンゴルモア 元寇合戦記」11 対馬の天道 | トップページ | 映画「302ビス」 »

2018年10月21日 (日)

アニメ「アンゴルモア 元寇合戦記」12 一所懸命

アンゴルモア元寇合戦記 Blu-ray BOX 下巻

2018年日本
監督:栗山貴行
原作:たかぎ七彦
キャスト:
朽井迅三郎…小野友樹
輝日…Lynn
阿無志…堀江瞬
貝谷権太郎…ボルケーノ太田
鹿乃…小松未可子
サナ…原奈津子
劉復亨…子安武人
ウリヤンエデイ…利根健太朗
洪茶丘…中谷一博
ササラ…小林直人
ひし六…島田裕志

 元寇の話か、どうせモンゴルが酷いんでしょ? と、前情報なしで見始めた「アンゴルモア」もとうとう最終回。
 どこへ行っても酷い描かれ方をするのが常なので、どうしても最初は斜に構えてしまうんだよねぇ。
 でも、なかなかどうして。最初はファンタジー???どんな心構えで見たら良いのよ???となかなか定まらなかったが、だんだん楽しくなってきた。修羅場に遭うと、迅三郎がいかにもうれしそうにニマーとするのが良い。

 それに、モンゴルが普通にやる気のある統制の取れた軍隊に描かれていたのがよかった。部族ごとに見事なまでにユニフォームが整ってるのは、一体誰が支給してんのか、大ハーンか? というのは気になって気になってしょうがなかったけど。(←いや、なんでこだわる……笑)

 もっとも、トルコのドラマ『復活・エルトゥールル』でも、エルトゥールル側は服装バラバラでも、モンゴル軍はユニフォームだったもんな。ドラマだからなのか、実際そんなもんなのか? たとえば、日本で農民が戦に駆り出されるときは、武将が防具とか槍とか貸してくれんの?

 最後どうなるのかは、特に書かないけど、どうしてもひと事言いたい。

 鬼剛丸と劉復亨の対決なんで描かないの? アレにもう一話いるでしょ!

……それとも、続編やること決まってるのかな? そこに「実は生きてました!」って出ること確定ってこと?

|

« アニメ「アンゴルモア 元寇合戦記」11 対馬の天道 | トップページ | 映画「302ビス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198713/67291680

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「アンゴルモア 元寇合戦記」12 一所懸命:

« アニメ「アンゴルモア 元寇合戦記」11 対馬の天道 | トップページ | 映画「302ビス」 »