2016年9月14日 (水)

ラーダ・ニーヴァが2015年に最も売れた車になったですと?

……まぁ、カザフスタンで、ですけど。
 カザフスタンのアジアアフト社(在ウスチ・カメノゴルスク)が生産してるモデルだそうです。

元ネタはこの辺とかいろいろ
ラーダ4×4(「ニーヴァ」)がカザフスタンで販売トップに

 ラーダ・ニーヴァはソ連時代(1977年)からある車ですね。ソ連車で唯一日本で販売された事のある車だそうで。今でも中古車で検索すると出て来ます。そもそも、コスイギンの音頭取りで開発が始まった、なんて話を読むと時代を感じます。

 もちろん、モデルチェンジが繰り返されて当時と同じではありませんが、外観はあまり変わっていませんね(もっとも、似たようなタイプの車、1970年からあるスズキのジムニーもあまり形が変わっていないのがあるような……)。

6_9
ラーダ4×4 5ドア(VAZ2131)アジアアフト社HPより)

 世界中どこでも走っているランドクルーザーが5位以内に入っていないのが意外なんですが、価格面で太刀打ちできないんでしょうかね? あと、現地生産していないからとか。中古では入っているのかもしれませんが、カザフスタンには行ったことがないのでわかりませぬ。

 でも、ヒュンダイやキアやシュコダを抑えて一位って地味にすごくないですかね?

Škoda Rapid registered March 2013 1598cc
シュコダ・ラピッド(wikipediaより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

チャイナマネーがサハでマンモスの牙を爆買いしてるってよ

 タイトルが全てなんですが(でおち)、サハ(ヤクーチャ)ではマンモスの牙を巡ってゴールドラッシュのような状態になっているらしいですぞ。

マンモス狩り:ヤクーチャで新種の「ゴールドラッシュ」 (ロシア語・写真多数)

 象牙の取引が厳しく制限されているので、その規制に引っかからないマンモスの牙を獲って一攫千金を狙う象牙ハンターが殺到。サハの辺鄙な村に億万長者村が出現しているとか。

 下の方に出ているのは毛サイの角ですね。これも確か漢方とかで中国で人気があったモノではないかと。

 サンゴ騒動の時もそうでしたが、数年後の取り尽くされて荒涼とした沙漠だかツンドラだかが残される未来しか見えないのですが、大丈夫なんでしょうか?? たぶん大丈夫じゃないと思うんですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

ドキュメンタリー「ロシア:氷に隠された自然の神秘」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
ロシア:氷に隠された自然の神秘(2015)

 おお! 最近ニュースで「400年生きる」と話題になったニシオンデンザメの動いてる映像ではないですか!
 場所はロシアと言っても極北も極北、北緯80度より上の地球のてっぺんにあるフランツ・ヨーゼフ諸島です。

 表題に「氷に隠された」と謳っているけども、実際には氷河は溶けてるんですね。19世紀の写真と比べると一目瞭然。
 同じくナショナルジオグラフィックの「北欧物語~生きる」でも、ホッキョクグマが島に取り残されて厳しい状況になっていたけれども、ここでも同じように取り残され、主たる獲物のアザラシが捕れなくなってるんですな。セイウチのコロニーはあるけど、あの牙にはさすがのホッキョクグマも太刀打ちできないか。ホッキョクグマが青々とした草(←これがもっさもっさに茂ってるのも問題かと思うが)を一心に食べてるっていうのも驚きです。クマは雑食とはいえ、ホッキョクグマが肉以外のものを食べている映像って珍しいかもしれません。

 氷山の近くの水温の低い所の方が微細物がたくさんっていうのもおもしろいですね。極北の海は地味だけれども、全体が滋養たっぷりのスープみたいなものって事でしょうか。
 温かい海の方が生物が豊かなように思い込んでいましたが、微生物っていうのはそれぞれの環境に適応してどんどん変化していけるんですね。これだけ氷の溶け方が激しいと、今までいた生物が死滅してしまうんじゃないか、と心配ではあるんですが、環境が変わればそれに順応した生物が繁茂していくんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

ドキュメンタリー「スロヴァキア」

Slovakia: Treasures in the Heart of Europe

2016年アメリカ/スロヴァキア
旅人…パット・アスカート
ガイド…ミラ・キッソヴァ

 最近アマゾン・プライムもYouTube化してきたのか、海外の映像そのままっていうビデオが増えてきた。英語・字幕なしなので意味が今ひとつわからないけれども、スロヴァキア各地の風景が見られれば良いので問題なし。

 スロヴァキアは古いヨーロッパの風情が味わえるっていうので人気なんでしょうね。過度に観光化していない城が多いのも魅力で、以下に紹介された場所を見ても、随分とたくさんの城が紹介されている。まぁ、お城フェスティバルみたいなのもあるんで、そこがスロヴァキア旅行のウリでもあるんだろうな。私は特に廃墟ハイキングに行きたくなった。

ブラチスラヴァ
 ブラチスラヴァ城
 聖マルチン大聖堂
 聖ミハエル門
 プライメット・パラス
 旧市庁舎
 ジェヴィーン城
ドナウ川
シュトーロヴォ ニトラと大モラヴィア
 ニトラ城
 プリビナ像
 キュリロスとメトディオス像
廃墟ハイキング
 フルショフ遺跡
 ギメシュ遺跡
ボイニッチ城
チチマニ
 フォーク・ミュージック・フェスティバル
お城フェスティバル
 オラヴァ城
 トレンチン城
ラフティング
下カルパティアン・ルテニア
バルデヨフ
スピシュ城
スロヴェンスキー・ライ(スロヴァク・パラダイス)
バンスカ・シュティアヴニツァ
冬のお楽しみ・温泉
コシツェ
ポプラト

 そこで甲冑を着たり、ドナウ川をジェットフォイルで行ったり。田舎道をバイクで行くのも爽快そうです。

 旅のスロヴァキア語会話もやってるが、ちょっとロシア語に似てる。それもそのはず。モラヴィアにあるキュリロスとメトディオス像。キュリロスは「キリル文字」の人ではないですか(キリルはロシア語読み)。キリル文字・グラゴール文字の歴史博物館も充実している。なかなかおもしろそうな国ですな。特にヨーロッパに興味のない私から見ても、あの城の風情は行ってみたいレベル。歴史好きや、古き良きヨーロッパを感じたい人には特にオススメだねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

ドキュメンタリー「真相解明!恐怖の人食い動物」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
真相解明!恐怖の人食い動物シーズン1(2011)
第4話「人間を襲うオオカミ」

 カメラマンのゴードン・ブキャナンは、以前捕食動物を追って大自然の中へ入っても、危険だと感じることはほとんどなかったのだという。ところが、近年状況は大きく変わって、こうした動物たちはヒトを獲物として捕食するようになったというのだ。

 それはなぜか?

 それを解明するために、ブキャナンは身一つで人間狩りの舞台となった現場に入り込んで行く。

 このシリーズで取り上げられているのは次の四種類の動物。

第1話「人間の味を覚えたライオン」LION ATTACK(タンザニア)
第2話「殺人キラー:ヒョウ」KILLER LEOPARDS(インド)
第3話「連続殺人鬼:トラ」TIGER AT LARGE(ネパール)
第4話「人間を襲うオオカミ」WOLF HUNT(アラスカ)

 クマが人を食うのは当たり前過ぎるほど当たり前の事だから取り上げられないのかとも思ったが、アマゾン・プライムで見られないだけで他にもあるのかもしれないナ。

 当然、一番興味があるオオカミ編の感想をば。

 北米でオオカミが人を食った事件は二件しかないんだって。2010年アラスカのチグニックレイクでキャンディスという女性が殺されたのがその一つ。つい最近の話だ。

 普通、
「オオカミは人間を尊敬し、恐れているので人を襲うことはない」
そうで、キャンディスが食われたのは余程の特殊事情だったのかとも思うが、この回だけなーんか変な感じ…。

 ネコ科の動物ならしょせんデカネコ、人間なんか尊敬も畏怖してもいないだろう、という思いが心の底にあるせいか、人を食うようになった原因が徹底的に解明されているせいか、割と納得できる結果だったんだけどな~? 現地の人たちも原因を解明したいというブキャナンに協力的にみえたし。原因に即した対応も取られるようになってたみたいだし。

 オオカミの回は、結局の所、人を食った当事オオカミが駆除されたのかどうかわからずじまい(殺されたオオカミの腹からキャンディスの遺体の一部が出た等の証明がされていない)。理由も想像に過ぎないんじゃないかなぁ。まぁ、襲われた人は食われちゃって状況はわからないもんな。参考にするような類似事件も少ない訳だし。

 メイデイ・シリーズと同じで、原因が徹底的に解明されないと、人身事故は繰り返されるんじゃないのかねぇ。手近にいる個体を駆除して終わり、では何の解決にもなっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月31日 (火)

Я посетила Касори-кайдзука Кьёккенмединги

 Недавно я посетила Касори-кайдзука Кьёккенмединги.

Kasori114

 Касори-кайдзука -- остатки неолита (по японскому историтескому делении -- в эпоху Дзёмон). Около 7000 лет назад наши предки, дзёмонские люди осели здесь. 4500 лет назад началось образование кьёккенмедингов и продолжалось 1500 лет.

 В Японии осталось более 2700 кьёккенмедингов и большинство из них находятся на берегу Токийского залива.

 Особенно в городе Чиба находятся 120 кьёккенмедингов. Касори-кайдзука самые большие кьёккенмединги из них, т.е. одни из самых больших в мире.

Kasorip49

Kasori123

 

 

 

 

 Здесь было дзёмонское село. Откопанные базы домов хронятся под крышей.

Kasori129

Kasori135

 

 

 

 

 Дома неолита реконструированные.

Kasorip84

Kasorip70

 

 

 

 

 Точнее говоря, в то время не было веревки из риса. Еще не началось возделывание риса. Даже не было тропического бамбука (Phyllostachys heterocycla f. pubescens, 孟宗竹).

Kasori208

Kasori209

 

 

 

 

 Рядом протекает р. Сакацуки. В то время здесь была пристань.

 

 Касори-кайдцука кьёккенмединги составлялись из двух кругов -- северный и южный. Диаметр северных кьёккенмедингов 130 м, а южных -- 170 м. Они соединились в одни кьёккенмединги и выстроились фигурой 8.

Kasori01

 Эта схема изготовленная из брошуры Касорикайдзука музея.

Kasori219

 В этом сооружении можно увидеть разрез южных кьёккенмедингов. (Место сооружении в схеме ②.)

 

 

Kasorip06

Kasorip07

Kasorip14

 

 

Охраняемое место раскопки северных кьёккенмедингов. (Место сооружении в схеме ①.)

 

 

 Кьёккенмединги -- не только куча раковин. В Касори-кайдцука кьёккенмедингах были найдены останки людей. Они изогнули руки и ноги, как будто эмбрион, по одной версии это значает, что мертвого хотели вернуть матери сырой земле и тем самым возродить человек.

 В Касори-кайдзука, как же в других кьёккенмедингах токийских залива, были найдены останки собаки. Они бережно были похороненные, говорит о том, что на территории Японии люди приручили собак еще в эпоху неолита.

 Та собака является талисманом и называется Касорийну.

Kasoriinu01

Icon1

① У Касорийну на голове керамика касори Е типа. Касори Е тип --один из типов керамик второй половины средней дзёмонской эпохи в Канто. Фотографию керамики Касори Е типа смотрите на сайте музея.

Icon2

② Сабака во времени дзёмон похожа на сегодняшнюю сиба-ину. Фотографию кости дзёмонской сабаки, найденные смотрите на сайте музея.

③ В Касори-кайдзука имеется в большом каличестве раковины ибокисаго. И сейчас ибокисаго обитают в Токийском заливе.

④ Дораяки -- японский десерт из сладкого теста с сладкой фасолевой начинкой. Дораэмон, герой манги и аниме "Дораэмон" любит дораяки. см: Википедия "Дораяки"

 

 Во времена дзёмон не было письменности, поэтому не очень ясны мысли дзёмонских людей. Но в глубине японцев еще остается образ мыслей по-дзёмонски как будто память о мере у русских. Особенно это касается взгляд о том, что будет с человеком после смерти полностью объясниться буддизмом или синтоизмом не может. Есль бы объяснение японцев о взгляде на жизни и смерти чувствовали не логически, то посетите кьёккенмединги. Может быть, вы найдете другой взгляд, который обычно не сознают даже японцы.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

「部族篇3」の改訂にでも取り掛かるか、と作業用再生リスト作ってみた

 そろそろ夏コミの準備に取り掛かるかって事で(当落がわかってからでは遅いしねぇ)、需要があるかどうかわかりませんが、「部族篇3」の改訂作業でも始めるかと思い、作業用再生リストをYouTubeにつくってみました。

 ソチ五輪の聖火リレーでみたモンゴルっぽかったり、テュルクっぽかったりする風景を横で流しながらがちゃがちゃやろうっていう寸法です。

モンゴル関連地域 (ブリャート、トゥヴァ、カルムィク)

テュルク関連地域 (サハ、ハカス、アルタイ、[チェリャービンスク]、バシキル、タタル、[ペルミ、ヴォルゴグラード、ピチゴルスク、アストラハン])

北カフカス地域 (カラチャイ・チェルケス、イングーシ、チェチェン、北オセチア=アラニア、[エルブルズ]、カバルダ・バルカル、アディゲ)

1、2時間くらいの動画だとすぐ終わっちゃったりするんですがね。気分が盛り上がっていいんではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

ソチ五輪の聖火、ソチに到着

 ソチ冬期オリンピック、遂に開幕しますね。

 騎馬警察隊やらコサック兵やらまで投入される(Russia Todayの映像はこちら)警備の物々しさに、戦争でも始めるのか、と突っ込みたくもなりますが。

 そんなこんなで、聖火リレーを通して改めてロシアの関連地域に行きたいと思わせてくれる二か月ちょいでした。

おまけ:ヒョウと戯れるプーチン(そして喰われるカメラマン?!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

ソチ五輪の聖火、マイコプでチェルケス騎兵を従える

 先日、エルブルズ山に登っていたソチ五輪の聖火はアディゲ共和国の首都マイコプにやって来ました。ソチはもうすぐそこ……というか、山側の会場はアディゲ共和国からは50kmもないのでは? マイコプは少々離れてますが。

 チェルケス風の騎馬のお供を連れた聖火は何だかカッコイイ。まさにスルタンの風格です。

ソチ五輪聖火リレー公式チャンネル・ビデオ日記  120日目 マイコプ(アディゲ共和国)

 先日訪問したカラチャイ・チェルケス共和国のチェルケス、カバルダ・バルカル共和国のカバルダと同じく、ここアディゲの自称もアディゲです。他所からはチェルケスとまとめて呼ばれています(この3民族をなぜ3民族に分けたのかはよくわかりません)。

 天気が良いせいもあるんでしょうが、開放的で穏やかな雰囲気ですね。ソ連崩壊後はこの三つの民族を併せ、ロシアやトルコなど他国に分散しているチェルケス人を集めて統合していこう、という運動があるそうですが、こういう絵面を見せられると、平和的な方法で進められているのかな、と思えてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

ソチ五輪の聖火リレー、北カフカスでトラック競技になる

 ソチ五輪の開催も間近に迫り、聖火リレーの方も佳境に入ってきました(訪問地的に)!

112日目はマハチカラ(ダゲスタン共和国;)、チェルケッスク(カラチャエヴォ=チェルケス共和国)、

113日目はマガス(イングーシ共和国)、グローズヌィ(チェチェン共和国)とカフカス山脈の北側の微妙な所に行っています。

 112日目は時間的都合か、別の理由によるのかわかりませんが、アリーナのような所で走っています。マハチカラはビデオ日記がそもそもない……(ニュース映像のみ)。チェルケッスクは典型的なチェルケス服での踊りはうれしいですが、警官が多すぎるような。そんなにヤバイ状況だったんでしょうかねぇ? 天気がぐずつき気味なことも相まって、何とも重苦しい印象ですが、無事にリレーを繋げたようでなによりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)