2017年3月23日 (木)

ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(2.腕の中で)

「マルコ・ポーロ」シーズン2オフィシャルトレーラー

2016年アメリカ
監督:ジョン・ファスコ
キャスト:
マルコ・ポーロ…ロレンツォ・リチェルミ
フビライ・ハーン…ベネディクト・ウォン
コカチン…チュウ・チュウ
チャブイ皇后…ジョアン・チェン
チンキム皇太子…レミー・ヒー
ナヤン…ロン・ユアン
ハイドゥ…リック・ユーン
百の眼…トム・ウー
アフマド…メヘシュ・ジェドゥ
ビャンバ…ウリ・ラトゥケフ
クトゥルン…クラウディア・キム
謎の女…ミシェル・ヨー

 英題はハグ……これ、フビライのハグなんだよね。山のような大ハーンのハグ……どわわわわ。

 さて、フビライ手ずから刎ねた首を、ハイドゥへの返事としてカラコルムへ持って帰ったビャンバ。宣戦布告をしたハイドゥは、多数派工作を進めているが、なかなか思うようにはいかないようで。

 その理由は、ハイドゥが少しクセが強いせいかもね。
 父親(カシ)が酒浸りだったせいで大ハーン位をトルイ家に奪われたと母親(シプキネ)にぐちぐち言われていやそうにしているが、彼自身も酒を絶対飲まないんだよね。カラコルムの酒の湧く木も、ハイドゥが命じて酒がでないようにしちゃってる。ポンジュースでも出ときゃ良いのにねぇ。せっかくオゴデイが作ったのにもったいない。
 トルイも酒で……とか言われてたし、ここの一族は酒飲みばっかりかい。

 一方、マルコは恭帝を大都に連れ帰ったが、宮廷内でコカチンに出会い、彼女がチンキムの妃担っているのを知ってショックを受ける……。
 ラストも、随分とショッキングな場面を目撃して、次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(1.狩人と織り手)

「マルコ・ポーロ」シーズン2オフィシャルトレーラー

Marcopolo

2016年アメリカ
監督:ジョン・ファスコ
キャスト:
マルコ・ポーロ…ロレンツォ・リチェルミ
フビライ・ハーン…ベネディクト・ウォン
コカチン…チュウ・チュウ
チャブイ皇后…ジョアン・チェン
チンキム皇太子…レミー・ヒー
ナヤン…ロン・ユアン
ハイドゥ…リック・ユーン
百の眼…トム・ウー
アフマド…メヘシュ・ジェドゥ
ビャンバ…ウリ・ラトゥケフ
クトゥルン…クラウディア・キム
謎の女…ミシェル・ヨー

 おおー、久々に帰ってきましたよ、「マルコ・ポーロ」。
 第一話は皆さんお変わりなく、といった感じで主要キャストが次々出てきて懐かしかった。

 ただ、最初の場面は、いったい誰?と思ってたら、チンギス・ハンみたいなんだよね。オゴデイかと思った。だってハイドゥに
「オマエの父はハンになる。その次はオマエがハンになる」
とか言ってるから……まぁ、それもヘンなシチュエーションではあるが。チンギス・ハンが後継者にってのはコデンぢゃね?とか、ハイドゥはチンギスと会ったことあったっけ?とか、釈然としないまま始まったけど、トレーラーもタイトル画も、「戦うフビライ」みたいな感じになってるから、ちょっと期待してる(笑)。

 さてそのフビライ。
 出て来るなり小山のような存在感。しかも肩にサルが生息していてワロタ。山のようになり過ぎだ。
 それは、チンキムとコカチンの婚礼の日のこと。忙しくしているフビライのところに、ビャンバが帰ってきた。ハイドゥの使者として、ハイドゥがクリルタイを開いて正統ハンになる意向だと伝えにきたのだ。

 一方、メイリンに案内させて宋の幼い皇帝を探しているマルコ。マングローブの林の中の水路を小舟で行く……って、そこ本当に中国?
 謎の女に襲われながらも、恭帝を見つける。

……と、ストーリィはこんなもんだが、今後キーとなりそうなのが満州のナヤン王子っていうやつ。満州ってモンゴル時代にはないような気もするが、まぁ、当時の地名でいってもわからないしな。それよりも、このナヤンって誰のことを言ってるんだろう? キリスト教徒で教皇の所に行くそうだが、フビライはおじ上って呼んでんだよな。母方のことなのかな? なんとなくオングドとケレイドを混同しているような感じもするが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

映画「U.G.T. カオスコード」

U.G.T. カオスコード [DVD]

2012年トルコ
監督:ジェム・ギュル
キャスト:
メテ・オズテュルク…ギョクハン・ムムジュ
メルテム…ロジダ・デミレル
マンスール…ジェマル・ヒュナル

 んー、このチープな画面のツクリは……アサイラム?(違います)
 低予算っぽさが端々ににじみ出てて、あらゆるシーンでメガシャークを思い出すんだけど、B級映画作りにマニュアルでもあるの???

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 突然命を狙われ出したメテ大尉。妻を殺され、正体のわからない敵と戦い、傷ついたところを謎の美女メルテムに助けられる。彼女はUGTという秘密諜報組織に属しているという。このところ世界中でUGTの要員が殺される事件が起きており、それはこのところエジプトなどイスラム諸国の政権を倒し、最後の砦トルコを牛耳ろうとしている世界的規模の秘密結社の仕業だという。実は、メテの父親は……というお話し。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 イルミナティとかメーソンとか地震兵器とか、どうしてそういう大きな事言っちゃうかな。まぁ、そういう厨二臭も好きなんだけどさ。トルコでもこの類の陰謀論が通じるのか、と勉強にもなるしね。
 B級とわかって見る分には、なんじゃこりゃあ!そこ画面に映っちゃ駄目だろ!と笑える場面もあり(笑)。おおむね失笑なんだけど、アクション映画の迫力あるシーンはこうして作る!というメイキングを見るようなおもしろさもある(いや、本編上でバレちゃ駄目だろ)。

 あ、でも、世界を影から牛耳っている秘密結社が~っていう感じの陰謀論を本気で信じてる人にこんな事言っちゃうと怒られそうだな。そうです。これはある世界的規模の秘密結社の陰謀に挑むメテ大尉のアクション映画なのです(棒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

映画「ドラゴン」

映画「ドラゴン」オフィシャルトレーラー

2015年ロシア
監督:インダル・ジェンドゥバエフ
キャスト:
ミラ…マリヤ・ポエズジャエヴァ
アルマン…マトヴェイ・ルィコフ
イーゴリ…ピョートル・ロマノフ

 少女漫画定番中の定番、世の中のみんなは彼のこと乱暴でひどいヤツだと言うけれど、私だけは彼の本当の優しさを知っている!的なお話し。原題の「彼はドラゴン」の方がよりはっきり女の子向けってわかり易い。もとの(つまりロシアの)レーティングが+6になってて驚愕したんだけど、それ必要かな? 花嫁が生きながら焼かれるシーンが問題?
 ちなみに、プロデューサーがティムール・ベクマンベトフ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 昔むかしのお話。
 北の国の公爵(クニャージ)にミラという娘がいましたとさ。
 彼女はイーゴリという男と結婚する事になりました。イーゴリの祖父は、かつてこの国の若い娘を生け贄にしていたドラゴンを殺した英雄です。ところが彼は、祖父を称える為と称して今まで禁じられていたドラゴンを呼ぶ歌を婚礼の儀のときに歌うように命じたのです。この歌に誘われ、滅びたと思われていたドラゴンが現れ、ミラを掠っていってしまうのです。

 知らない島に落とされたミラに、優しく話し掛ける美青年(←ココ重要)がいました。彼は、ミラの傷に薬草を持ってきてくれたりしてとても親切なのですが、実はドラゴンは彼が変身した姿なのです。ドラゴンの本能は彼自身にも抑える事ができません。でも、この島から出るには空を飛んで行くしかないようです。こうしてミラはドラゴンとこの島で暮らすことになったのですが…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 略奪婚の心理もこんな感じなんだろうか。掠われてきたのに、結局は女の方が男を尻に敷いちゃうのよね…。呪術的な話とすれば、ミラがドラゴンに名前を付けたところで勝負は決まったよな。

 ミラがドラゴンフルーツを食べてたり、エンドクレジットの出し方にちょっとしたお遊びが入っていてクスッとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

ドキュメンタリー「エール・フランス447便」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
シーズン10:航空機事故の真実と真相 (吹替版)(2012)
第13話「エール・フランス447便」

 2009年5月31日、リオデジャネイロを飛び立ったエールフランス447便が大西洋上で突然行方不明になった。
 ただ、到着予定の時間になってもシャルル・ドゴール空港に現れなかったのである。遭難信号もない。

 エールフランス447便の機材は、ハイテク飛行機エアバスA330。もしこれが事故なら、初めての重大事故だ。
 しかし、なんの手がかりもない。A330には飛行中も短波でメンテナンス・メッセージを航空会社のセンターに送るエーカーズという装置が備え付けられているが、これ以外には何もない…。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 何といっても、この事故原因の調査に対するフランス事故調査委員会(BEA)の執念がすごい。
 水深4000mの深海からブラックボックスを2年もかけて回収している。広大な大西洋の深海を捜すなんて、干し草の山から針を探すどころではない。

 それで判明した事故原因がまた考えさせられる。
 パイロットが自動操縦に慣れすぎていて、手動で適切な操縦ができなかったからだというのだ。

 きっかけは、対空速度を測るピトー管(飛行機の外に突き出している)が凍ったことだが、このこと自体は別に飛行に影響するものでもない。

 ただ、コンピューターは、ほかのセンサーと矛盾するデータが入ってくると判断に窮してオートパイロットを解除し、人間に操縦を任せる。このとき、たまたま昔ながらの操縦に慣れていたベテラン機長が休息中だったのも運が悪かった。副操縦士たちが突然のオートパイロット解除に動転して機首を上げすぎ、失速したのである。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 これさ、旅客機のパイロットだから「プロとしてどうなの?」って言われちゃうけど、これから自動運転の車が普及してきたときにも起こり得る事故だよね?

 自動運転車に乗る場合に、とりあえずは免許持ってなきゃならないようになるのかもしれないけど、自動運転車が対応できないような難しい状況で、いきなり人間側に「じゃあ頼むわ」って運転の権限を渡されたって対応できるわけないよ。

 そういうの対応できるのってパイロットみたいにプロのドライバーだけじゃないの? 二種免許持ってる人しか自動運転車に乗れないとかじゃあ自動運転の意味がない。

 高齢者が判断ミス・操作ミスや病気になって起こす事故が急に目立ち始めた今日この頃、ああいうの自動運転車だったら起こらなかった事故で、自動運転車はとても必要だとは思うけど、導入するなら最初から完全自動運転、ハンドルもアクセルもないようなのにしてくれないと困っちゃうよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ドキュメンタリー「JFK:人生を変えた7つの起点」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
ドキュメンタリー「JFK:人生を変えた7つの起点

 J.F.ケネディに関するドキュメンタリーはたくさんあり、ナショナルジオグラフィックのほかの物もいくつか見たけれども、これが一番好きかな。

 リアルタイムでケネディを知らず、ストレートなドキュメンタリーが一巡した後に、視聴率ほしさに奇をてらった陰謀論が盛り上がっていた頃にこの人を知ってしまったのがまずかった(笑)。

 一方では正統的な見方として、あまりにも理想的な大統領として崇め奉られていたっていうのもまずかった。あまりにも聖人君子みたいな人に対しては「ケッ」と反感しか抱かないモノだし。

 でも、このドキュメンタリーで「人臭さ」というか生身の人間として感じられるようになった。「グラマーな美女が大好き」とか正直すぎる(笑)。

 当時のマリリン・モンローとの関係の扱いってどうだったんだろ? 今は公然の秘密みたいになってるけど、その頃は???
 マスコミはみんな知ってるけどあえて記事にはせず、選挙民にはあまり知られていなかったって感じなんだろうか? どういう感じだったかは当時を知ってる人にしかわからないよね。

 後の方の五つ(③ニクソンとの公開テレビ討論、④マリリン・モンローとのスキャンダルがばれそうになる、⑤キューバ危機、⑥市民権運動、⑦ダラスでの暗殺)は知ってたけど、最初の二つが案外大きくケネディの行動の方向性を決めていたみたいで興味深かったなぁ。やっぱり、表舞台に出てくる前の若い頃体験したことって重要だよなぁ。

 政治家の健康問題ってのはいつでも弱点になるもんだけど、ケネディも病気持ちだったとは。いかにも若くて疲れを知らない大統領みたいに思っていたけど、それも虚像……と言って悪ければ「イメージ戦略」だったんだ。

 ケネディも第二次世界大戦の時、魚雷挺に乗ってて日本軍の駆逐艦に撃沈されたことがあったんだねぇ。この世代は当然そういう人多くて日本に対して複雑な感情を抱いている人が多かったと思うんだけど、あんまりそういう恨み辛みを感じないのは、その頃のアメリカの眼中にはもう日本がなくなってた(ソ連の脅威の方が切実だったとかで)んだろうかねぇ? それとも日本人は被害者意識ばかりが強過ぎて、自分が相手にした酷いことを忘れるのが得意だとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

映画「アルメニア大地震」(仮)

「アルメニア地震」オフィシャルトレーラー(R12)

2016年アルメニア/ロシア
監督:サリク・アンドレアシャン
キャスト:
コンスタンチン・ベレジノイ…コンスタンチン・ラブロネンコ
ロベルト・メルコニャン…ヴィクトル・ステパニャン
アンナ・ベレジナヤ…マリヤ・ミロノヴァ
クラノフシク…アルチョーム・ブィストロフ
ガヤンツ…サビナ・アフメドヴァ

 アルメニアでは既に公開済み、ロシアでは2016年12月から公開される映画。原題はそのものズバリ「地震」。まぁ、日本で公開されるかわからないけど、仮に表題のようにしておいた。中国の「唐山大地震 」に倣い…といっても「余震」は原作の題名か。

 この地震は1988年12月3日に発生、ほとんどアルメニア共和国の半分を覆い、スピタク、レニナカン、キロヴァカン、ステパナヴァンの諸都市が壊滅。死者25,000人、負傷者19,000人、50万人が家を失った。

 この大災害の中、出会った二人の主人公・45歳のベレジノイと20歳のメルコニャン。
 実はこの二人には深い因縁があった…というようなお話、らしい。

 石積みやレンガの建物が崩れ落ちるシーンはトレーラーだけでも怖ろしい。だけど、「唐山大地震 」がおっけーなら、これもどこかで上映されても良さそうなもんだが、どこかやってくれないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

映画「スティンガー」

スティンガー [DVD]

2013年ロシア
監督:アントン・ローゼンベルグ
キャスト:
ペペル…ヴラジスラフ・アバシン
「老人」…アレクセイ・イグナトフ
ルィマ…ミハイル・ソロトコ
マクス…ヴラジーミル・ルキヤンチコフ
ユーリャ…ナターリヤ・シベツ

 麻薬捜査官でありながら、裏の組織に属して麻薬の取引をしてるペペル。誤って自分の属している組織のアジトをガサ入れしてしまった事から、どのように対処しても最悪の事態へと急速に転落していく。

 ギャングの連中が救いがたい暴力体質だったり、短絡的で切れやすかったり。悪い事してる麻薬捜査官やらFSB職員やらが、ペペルの転落に巻き込まれて破滅していくのが何ともザマアミロという感じでスカッとする自分好みの映画なのですが、カメラワークがなぁ…。

 手持ちハンディカムで撮ったような手ブレ映像は長時間見られないよ~。
 わざとカメラ振ってるんじゃないかと思うほどすごいんだよ。座ってる人とか、寝ている人とか、動かない対象を映しているときでさえひどい横揺れ。ファウンド・フッテージ・フィルムみたいなのが流行った時こういうのあったけど、さすがに見にくかったんだろう、撮った人をプロかセミプロ、例えば映像学科の学生の卒業制作という設定にしたりして見やすい映像になっていったもんなぁ。

 ともあれ、こういうバイオレンスな映画はたまに見ると良い刺激になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

映画「ヴァイキング」

ヴァイキング」オフィシャルトレーラー

2016年ロシア
監督:アンドレイ・クラフチュク
キャスト:
ヴラジーミル公…ダニーラ・コズロフスキー
イリーナ…スヴェトラーナ・ホッチェンコヴァ
スヴェネルド…マクシム・スハーノフ
ログネダ…アレクサンドラ・ボルティチ

 ロシアで2016年12月公開予定の映画。日本ではどうですかね?バイキングものだったら公開されるかな?

 監督は「提督の戦艦」の人ですな。プロデューサーは「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」「提督の戦艦」と同じ。配役はいまいちよく調べられんかった。随分前からこの映画の話は噂に聞いていたような気がするけど、製作には七年もかかっているそうな。

トレーラーの説明欄には、

中世初期、長大な剣と暗黒の血の掟の時代。支配氏族内での内紛。兄弟の突然の死の罪が大公に降りかかる。掟に従って彼に報復しなければならなくなったのは、異母弟の私生児だった。

……みたいな事が書いてあるんだけど、「大公」とか訳を付けて良いかどうかはよくわからない。教えて!ロシアの歴史に詳しい人!! これ、リューリク朝の話だよね? 映画の内容がわからないので、映画のキャッチであろう括弧書きしてあるところが訳せない。仮に訳すと、「(対外)戦争のためより、共同体の(内紛の)ために、より大きな剣が必要だった」(?)。

 一応歴史モノに分類されているし、トレーラーを見る限りでは良さげなんだけど、日本に来るかなぁ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

ハザール帝国時代の墓地を発掘しているよ

シンフェローポリ市(クリミア)のサイトによると、東ボスポロス調査隊がケルチ市郊外クズ=アウル遺跡でハザル可汗国(ハザール帝国)時代のアランと見られる人々の墓を発掘したと報じています!

2016年7月21日
クリミアで考古学者が古代の墓地を発見(写真あり)←というかほとんど写真

場所はケルチの郊外です。
上の記事の写真見ると、海に臨む高台(海岸段丘の上)のようですね。
古墳好きも納得の(?)良さげロケーションです。

 プレス・リリースによると、手に持ってるのが石英塊、銅製の装飾品とおもり。1~1歳半の子供が埋葬されてました。その遺骨の上には玉髄の大きなビーズ。5~8世紀のいわゆる「サルトフ=マヤーツカヤ文化」に属しているものである事が判明しています。というわけで、この墓の被葬者はハザル可汗国を構成していたアランであったとみなされています。

 遺骸は法医学鑑定ののち発掘物共々クリミアの博物館に収められるとのことですが、具体的な館名が書いてない…クリミアにあるのなら、いずれにせよ、なかなか行くのが難儀そうな(政治的に)所でしょうなぁ。

 ハザールってだけでユダヤがどうのー、アシュケナージがどうのー、色々面倒くさい事を言ってくる人がいるのに、クリミアかよ!って思いますが、政治的意図があるからそこら辺から発掘費用が出てくるんでしょうね。ポル=バジンなんかもそうでしょう。わざわざプーチンが見に来たりしてさ。

 考古学なんて浮き世のどろどろからほど遠い、純粋でひたむきな学問のようなイメージがありますが、なかなかに生臭い事でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧