2007年8月30日 (木)

映画「ブラッド・ブラザース」

Bbブラッド・ブラザース / 刺馬

1973年香港
監督:チャン・チェ(張徹)
キャスト:
マー・シンイ…ティ・ロン(狄龍)
チャン・ウェンシャン…デビッド・チャン(姜大衛)
ホアン・チュン…チェン・クアンタイ(陳観泰)
ツェン・ティエンヤン…ダニー・リー(李修賢)

 清の時代。長髪賊(太平天国の乱)との戦いで活躍したマー・シンイ提督が刺殺された。犯人はその場で取り押さえられたが、それはマー提督の義弟で、戦でも常にマーを助けて戦っていたチャン・ウェンシャンだった。生死を共にすると誓ったはずの二人の間に何があったのだろう。
 裁判官の前に引き出されたチャンは、むしろ進んで「真実」を語り始める…。


 原題「刺馬」。チャン・チェ監督が、男と男の愛情…じゃなかった、男と男の友情の絆の脆さをいつものティ・ロン、デビッド・チャンコンビで描く。
 ダニー・リーがどこに出てんだよ、と思ってたが、前方転回している(!?)長髪君だよね? キャスト見ると役名付いてるけど、名前なんて全然全くひとことも呼ばれんからよくわからん…(笑)。いやだいたい、自分はダニー・リーを「中国超人インフラマン」で知った人だから、顔よくわかってないだけだったりしてー(自爆)。

Linew_2

 チャンと彼の兄ホアン・チュンがマーとの出会いは、彼らが山賊暮らしをしていた9年前にさかのぼる。
 一人馬に乗って峠を通りがかったマー。待ってましたとばかりに襲いかかるホアン。
 しかし、この男、できる。どうもマーは、ここに腕の立つ山賊が出ると知った上でやって来たようなのだ。強い相手と知って力試ししたくなった二人が戦っていると、ホアンの妻ミランがマーの金を奪って逃げたので勝負もお開きに。だが、マーは三人のねぐらまで追ってきて自分の大望を語るのだった。マーが大人物に思えた二人は、彼と義兄弟の契りを結ぶ。
 やがて三人は、山東省の山賊団のねぐらを襲撃、屈服させて手下にする。マーは彼らを弟子にして厳しく武術の訓練を施し、兵士に仕立てていく。

 そんな中、チャンとホアンは山を下りて町に遊びに行き、不用意な言動から、捕吏に追われる羽目になる。マーが助けに来てくれたのでかろうじて山に逃げ帰ったが、そのせいでマーは負傷してしまう。チャンとホアンは、このことに恩義を感じ、ますますマーを尊敬するようになるが、ホアンの妻ミランまでもが、夫の義兄という以上に好意を持ってしまうのだ。

 チャンは感づいてるね、完全に。てか、あれだけあからさまだと誰でも気付くか(笑)。ホアンが鈍すぎるんだ(笑)。もっとも、わかりやすく演技しているからニブイ私でもわかるんであって、実際だったら私も気付かんクチだと思う(爆)。

 でも、まぁ、さすがに兄弟の嫁とできちゃうのははまずいと思ったのか、受験を口実にマーは山から下り、ミランの前から姿を消す。

 2年後…。
 山の仲間たちのところに、将軍になったマーから迎えの使者が来た。チャンや弟子たちに自軍に入って欲しいという。
 出世して偉くなったマーに、以前とは違う微妙な距離感を感じ戸惑いながらも、チャンたちは文字通り命をかけて長髪賊と戦いめざましい戦功を上げるのだった。

 しかし、いつまでたっても山賊臭さが抜けず、今の自分の立場がまるでわかっていないホアンが、マーにはだんだん邪魔になってくる。そして…。

Linew_2

 下積み時代に一緒に苦労した仲間もしくは彼女が出世するにつれて疎ましくなって…というのはよくある話だが、この場合、マーは最初っからチャンやホアン、あるいは弟子たちを出世の踏み台にしようとしてないかぁ? チャンにしてみれば、あこがれの兄貴に裏切られたと感じるだろうが、マーからすれば、用済みになったらポイってのは最初から織り込み済みだったのかもしれないね。
 むしろ、マーにとって誤算だったのは、ホアンの妻ミランに惚れてしまった事じゃないのか。

 でもさー、それを出世の邪魔だから取り除くのか、女を自分のものにしたいために取り除くのか、どっちがメインか知らんが、いずれにしろあさましいよな。

 でも、まー、これは上記DVDパッケージに使われているのと同じ写真だろうけど、矢印部分に注目。
Bbo
こんなんで何時間も戦ってるのでまぁ、いろいろあったけど、ここは水に流し、心臓をぐぐっとえぐってさわやかに〆ようではないか(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

映画「セブン・ソード」

セブンソード

2005年韓国/香港/中国
監督:ツィ・ハーク(徐克)
音楽:川井憲次
キャスト:
楚昭南…ドニー・イェン(甄子丹)
楊雲驄…レオン・ライ(黎明)
武元英…チャーリー・ヤン(楊采妮)
風火連城…スン・ホンレイ(孫紅雷)
韓志邦…ルー・イー(陸毅)
緑珠…キム・ソヨン(金素妍)
傳青主…ラウ・カーリョン(劉家良)
劉郁芳…チャン・チンチュー(張静初)
辛龍子…タイ・リーウー(戴立呉)
穆郎…ダンカン・チョウ(周群達)

 清朝ウィークと言うわけでもありませんが。…というか一応清代という設定ではありますが、これを歴史物というのもいかがなものかと(笑)。
 しっかし、ここまで対戦ゲーム風に徹すると、CGも浮いてなくて馴染むもんですな~。ザコキャラざくざく斬りまくり。敵キャラの十二門将でも良い役七剣士でも好きなキャラでプレイでき…ませんけど、それぞれの使用武器で結構見分けがつくし。
 何事も徹底的にやるが吉ですな。

 原作があるらしいので、原作知っている人には物足りないのかもしれませんね。しかし、短い時間の割に登場人物が多いにもかかわらず、それぞれの性格付けがある程度できているのは原作ありの効果でしょうか。もっとも、こういう定番ストーリィ+ノリだったら原作いらないかも(爆)。

 空飛ぶギロチンに似た武器が出てきたり、車裂のシーンが出てきたり(もちろん「英雄十三傑」とは違って裂かれませんが…笑)、香港映画のパロディっぽいシーンの数々にクスリ。
 でも一番吹いたのが、故郷の鴨緑江に向かって何か(遺灰?)を撒いたとたんに乗ってる馬にドバっとかかり、とたんに馬が「なにすんねん」とばかりに頸を後ろに向けて乗ってる人をにらんでんの。ガブッといけ、ガブッと(笑)。

 それにしても、天山の雪景色が素晴らしい。どんよりした雲が険しい峯にかかっている様なんか見てると身体が震える。

 ただし、VFX多用の弊害か、ラウ・カーリョンが出てる割には、ぐっとくるアクションはなかったなぁ…。よってこれをアクション映画と分類するのは大間違い。武侠ってファンタジーなんですかね?

関連作品:
スン・ホンレイ出演→「初恋の来た道」「MONGOL
ラウ・カーリョン監督→「霊幻少林拳

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

映画「霊幻道士 キョンシー・マスター」

 大理でテレビを見ていたときに、5~10分くらいの細切れで変な流し方してた番組がずっと気になっていたのです。
 B級臭がプンプンするキョンシーもので、どうしてああいう放送の仕方をしてたのかわからないんですが、全体がみたくて見たくてしょうがなくなったものの、キョンシーものってものすごく多いからわからないだろうなぁ、と半ばあきらめてました。
 しかし、どうも「霊幻道士~キョンシー・マスター~」らしい、ということで見てみました。

 まず、オープニングからして「♪しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん(メロディーが)…」って「子連れ狼」じゃないっすか。歌詞が中国語なので、日本の歌と認識してないのかと一瞬思ったけどそんなことはなくて、この曲が日本語で歌われ、それを聴いた日本兵の亡霊がしんみりする、というシーンがあるので、向こうでも有名な曲なんでしょう。
…でも、戦死した日本兵はその歌知らんと思ふ(爆)。

 ツッコミどころはたくさんあります。いくつか例を挙げると。
○「キョンシーのおじさんを殺さないで!」<もう死んでるだろ。
○キョンシーや飛頭蛮が何で毒ガスで死ぬんだ。<もう死んでるってば。
…しかも人間は息を止めるだけで助かってるし(びらん性かもしれんのに)。

 キョンシー以外にもいろいろ妖怪の類が出てくるけれども、皆、純なところがあって(笑)、主に非道いヤツは生きてる人間の方。このあたり、意外と現実をふまえているかも?(笑)
 というわけで、いくつか目立つ妖怪(亡霊)を挙げます。(以下、ネタバレあり)

続きを読む "映画「霊幻道士 キョンシー・マスター」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)