2017年3月23日 (木)

ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(2.腕の中で)

「マルコ・ポーロ」シーズン2オフィシャルトレーラー

2016年アメリカ
監督:ジョン・ファスコ
キャスト:
マルコ・ポーロ…ロレンツォ・リチェルミ
フビライ・ハーン…ベネディクト・ウォン
コカチン…チュウ・チュウ
チャブイ皇后…ジョアン・チェン
チンキム皇太子…レミー・ヒー
ナヤン…ロン・ユアン
ハイドゥ…リック・ユーン
百の眼…トム・ウー
アフマド…メヘシュ・ジェドゥ
ビャンバ…ウリ・ラトゥケフ
クトゥルン…クラウディア・キム
謎の女…ミシェル・ヨー

 英題はハグ……これ、フビライのハグなんだよね。山のような大ハーンのハグ……どわわわわ。

 さて、フビライ手ずから刎ねた首を、ハイドゥへの返事としてカラコルムへ持って帰ったビャンバ。宣戦布告をしたハイドゥは、多数派工作を進めているが、なかなか思うようにはいかないようで。

 その理由は、ハイドゥが少しクセが強いせいかもね。
 父親(カシ)が酒浸りだったせいで大ハーン位をトルイ家に奪われたと母親(シプキネ)にぐちぐち言われていやそうにしているが、彼自身も酒を絶対飲まないんだよね。カラコルムの酒の湧く木も、ハイドゥが命じて酒がでないようにしちゃってる。ポンジュースでも出ときゃ良いのにねぇ。せっかくオゴデイが作ったのにもったいない。
 トルイも酒で……とか言われてたし、ここの一族は酒飲みばっかりかい。

 一方、マルコは恭帝を大都に連れ帰ったが、宮廷内でコカチンに出会い、彼女がチンキムの妃担っているのを知ってショックを受ける……。
 ラストも、随分とショッキングな場面を目撃して、次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

ドラマ「マルコ・ポーロ」シーズン2(1.狩人と織り手)

「マルコ・ポーロ」シーズン2オフィシャルトレーラー

Marcopolo

2016年アメリカ
監督:ジョン・ファスコ
キャスト:
マルコ・ポーロ…ロレンツォ・リチェルミ
フビライ・ハーン…ベネディクト・ウォン
コカチン…チュウ・チュウ
チャブイ皇后…ジョアン・チェン
チンキム皇太子…レミー・ヒー
ナヤン…ロン・ユアン
ハイドゥ…リック・ユーン
百の眼…トム・ウー
アフマド…メヘシュ・ジェドゥ
ビャンバ…ウリ・ラトゥケフ
クトゥルン…クラウディア・キム
謎の女…ミシェル・ヨー

 おおー、久々に帰ってきましたよ、「マルコ・ポーロ」。
 第一話は皆さんお変わりなく、といった感じで主要キャストが次々出てきて懐かしかった。

 ただ、最初の場面は、いったい誰?と思ってたら、チンギス・ハンみたいなんだよね。オゴデイかと思った。だってハイドゥに
「オマエの父はハンになる。その次はオマエがハンになる」
とか言ってるから……まぁ、それもヘンなシチュエーションではあるが。チンギス・ハンが後継者にってのはコデンぢゃね?とか、ハイドゥはチンギスと会ったことあったっけ?とか、釈然としないまま始まったけど、トレーラーもタイトル画も、「戦うフビライ」みたいな感じになってるから、ちょっと期待してる(笑)。

 さてそのフビライ。
 出て来るなり小山のような存在感。しかも肩にサルが生息していてワロタ。山のようになり過ぎだ。
 それは、チンキムとコカチンの婚礼の日のこと。忙しくしているフビライのところに、ビャンバが帰ってきた。ハイドゥの使者として、ハイドゥがクリルタイを開いて正統ハンになる意向だと伝えにきたのだ。

 一方、メイリンに案内させて宋の幼い皇帝を探しているマルコ。マングローブの林の中の水路を小舟で行く……って、そこ本当に中国?
 謎の女に襲われながらも、恭帝を見つける。

……と、ストーリィはこんなもんだが、今後キーとなりそうなのが満州のナヤン王子っていうやつ。満州ってモンゴル時代にはないような気もするが、まぁ、当時の地名でいってもわからないしな。それよりも、このナヤンって誰のことを言ってるんだろう? キリスト教徒で教皇の所に行くそうだが、フビライはおじ上って呼んでんだよな。母方のことなのかな? なんとなくオングドとケレイドを混同しているような感じもするが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

「ラノベのようにすらすら読める集史」シリーズ第二弾が出たよ

 Kindleアンリミテッド人気にあやかろうと、始めた『ラノベのようにすらすら読める集史』シリーズ。ようやく第二弾ができました。もっとサクサク出そうと思ってたのに、めちゃめちゃ手間取ってしまいました。ひえ~。

 どうでしょう。読みやすくなっているでしょうか???

 でさでさ、イスタンブル写本系の特徴で、例の「トゥンガイドとトゥマウドの中身が逆になっている」ってヤツとか直してないんだよね。
「引っかからずにすらすら~ッと読める、っていうのがウリなら直せよ?」
と思ったりもしました。

 でも、自分ではラノベのように気軽に読めるようリライトしたつもりでいても、結局、読むのはそういう写本の違いまで熟知している歴史マニアだけだから大丈夫なんじゃないか???と思ってそのままなんですけど!(群雄堂版には、書いてあるしね!)

 どうでしょう? ご意見ご感想お寄せください。 

なるほど、違いがわからん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

モンゴル史「部族編4」が我が家に着いたぁ@日東ヒ34b

 そ、そりゃないぜ、小澤さん…。

 小沢さんといっても「仮面ライダーアギト」の小沢澄子じゃないぞ(あたり前田のクラッカー)。

 スカヌウトの部族名の元になってる「スカイ」ってモンゴル語にねえなあってずっと探してたんだけどさ。

 なんのことはない、現代モンゴル語辞典みたら、まんま載ってたわ。しかも、キリル文字表記の現代語辞典だから探すの苦労なしで。なんなのこの「青い鳥は家にいた」みたいなオチは…。

……あぁ、我が家にいなかっただけなのね、ウチにある貰い物の超古くて簡単な現代モンゴル語辞典には出てなかったもんな。DA・KA・RAさんざん探してたんだけどさ。そりゃあ、いないよね、ウチに青い鳥さん……シクシク。

 ま、いいんだけどね、ラシードの解説が正しいって事を自分で納得するために調べてただけなので……。

 だって、もう「部族篇4」刷り上がっちゃったから!

Mongol41
ほれぼれする出来上がり

Mongol42
そしてこの注の量である(セミョーノフの注だよ、私じゃないので信用できる)。

 カノッサ編集長、ありがとうございます。

 さて、再来週の「部族篇4」は:
●シギ=クトクとヤギの*の話
●チンギスがボオルチュの尻を愛でる話
●チンギスに「おまえの娘なんかガマかカメみたいだ、このおれが娶るかよププ」と言って処刑されたアミールの話
…等々、見所たくさんだよ~。

みんな、見てね~!
Pop1
『モンゴル史』部族篇4
\1,000.-
「群雄」日東ヒ34b

……そしてますます秘史原理主義者になるわしであった……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

『集史』紹介小話を書いてみたよ

 「部族篇4」は今まで以上にペルシャ語の単語が出てくるので、うんうん言いながら辞書引いてたわけですが。

 最近はかなり楽に引けるようになって、
「あれ? 最初はあんなにょろにょろ文字なんて読めん、パス!と思ってたけど、結構読めるようになった?」
と思って、まるで自分のペルシャ語が上達したかと思ってたら、そんな事はなかったぜ……ってか、そもそもペルシャ語勉強したことないじゃん(笑)。

 じゃあ、アラビア語もって辞書引こうとしたら、全然引けない。

 つまり、単にいつも見てるコレ↓がど素人でも引きやすい素晴らしい辞書ってだけのことだった(大学書林のアラビア語辞典はないみたい……しょぼーん)。

 かといって、オススメ!みんな買ったら良いよぉ、と言いにくい値段なんだよなぁ。どこの図書館にもあるってのが救いではあるケド。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そこで、『モンゴル史』「部族篇」揃うぞ、めでたい気分を盛り上げるために(?)、『集史』紹介の小話「届かなかったLove Letter」を書いてみました。リンクは横→にもあります。

 「ラシードはこんなじゃねぇ!!!」という苦情はコメ欄に受付中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

「部族篇4」の翻訳終わったよ

 『モンゴル史』「部族篇4」翻訳終わりました。

 問題はまだ残っていますが、校正しようと印刷したらこんなになっちゃいましたー。

Honbun

 いやー、片面印刷だし、二つ折りだからブワッとしてるし……。

 冊子にしたら、もっとスリムになりますよ~……たぶん。

 

 

 

Inohana05

 現像待ってるうちにすっかり桜終わっちゃいましたね。まだ八重桜があるか。


 

Inohana03

(どうせ桜はどうでもよくてお祭りしたいだけだろ~~~猫・談)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

映画「日蓮と蒙古大襲来」

日蓮と蒙古大襲来 [DVD]

1958年日本
監督:渡辺邦男
キャスト:
日蓮…長谷川一夫
北条時宗…市川雷蔵

 昔は「仮面ライダーX」のような子供向け番組でも、チンギスカンコンドルのような怪人に使われたりして、モンゴルのイメージは悪かったような気がするんだけど(なにしろコイツは有名なヒトデヒットラーの仲間だ)、今はあんまりそんな事もない。少なくとも、チンギスは「大悪人」ってカテゴリじゃないと思う。今だったら、ヒトデヒットラーの仲間には、スルメスターリンとかが良さげだが…。むしろ今は実在の人物は使わないか。

 だから、今でも「書かれた歴史は農耕民族側からの偏見でなんちゃら」とか書かれているのを見てもピンと来ない。まぁ、普通に日本の立場からしたら攻撃を受けた側だから当然だよな、とは思うでけどさ。っていうかアレは日本の対応も悪いよな。日本って鎌倉時代の昔から、外交で回答出来ないで無視って対応が多いような気がする。

 で、昔はどんなイメージだったのかを知ろうと思い、おもいきり昔、自分が生まれる前の映画を見てみた。

…のだが、オープニングからこちらの思惑なんか吹き飛ばしてくれた。
 主題歌、「南無妙法蓮華経」連呼。宗教色強すぎないか?
…ま、まぁ、最初に歴史無視してますって宣言して始まってるからいいか…な?

 モンゴルのイメージなんかぶっ飛ぶ日蓮全面押し映画だった。
 日蓮を迫害すると大地震が起こって大地は割れーの、処刑しようとすると雷が落ちーの、日蓮が読経すると一天にわかにかき曇り嵐になりーのの、大スペクタクル!

 でも特撮ファンなら一度は見るべき映画だった。嵐でモンゴル軍の船が翻弄されて壊滅するシーンは圧巻。
 ミニチュアで水を表現するのが一番難しいって聞いた事あるけど、とてもミニチュアとは思えないスケール感。今こんなの実写でできないもんな。特撮部分の時間も長いしじっくり堪能できた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

ドキュメンタリー「マルコ・ポーロは実在しない?」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
あなたの知らない世界史 シーズン2 (吹替版)(2011)
第5話「マルコ・ポーロは実在しない?」

 うーむ、まだこれ言う人いるかぁ……。これもう過去の与太話になってると思ったけど、2011年の番組なんだね。で、とりあえず見てみた。……が。

 最初のアナウンスの「マルコ・ポーロは中国に上陸した最初のヨーロッパ人です」と言う所からしてアレレ??っと思う。
 そんな訳ないじゃん。もう端からおかしい。

 全部見終わっての感想だけど、そもそもが歴史好きじゃない普通の欧米人の思い込みをひっくり返すって感じの番組なんだろうか。「黄金の国ジパング」と書かれているって事で興味を持って目を皿のようにして『東方見聞録』を読んでる日本人からしたら、そんなの当たり前じゃん、新事実なんて一つも無いゾ?って感じだった。

 いわゆる『東方見聞録』を「ポーロが書いたとされています」とアナウンスしてそれを否定する事によって、マルコ・ポーロはいなかった、という結論を導き出しているんだけど、アレはルスティケロが書いたんだって知らないで読んでる人はいないもんな。そもそも、たいてい序文やら解説やらに書いてある。

 中国には膨大な歴史書があるのにマルコの事は書いてないから、架空の人物っていわれてもなー。歴史書に地球上に生きた全ての人間の記録がある訳ないじゃん。アガスティアの葉じゃないんだからさ(笑)。
 特に『元史』なんか杜撰の極みで人物の抜けも多かろう、と昔からさんざん中国史方面の学者から言われ続けてきた我ら草原者からすれば、中国の歴史書買いかぶり過ぎぢゃね?と思えるんだな。史書に出てなくても新しく出土した碑文に出てる人なんてザラだもんな。

 誰の身近にも「俺が子供の頃はワルでさ~」なんて話を盛る男はザラにいるんだし、「俺あそこでは顔役でさ」とか「あの戦は俺のおかげで大勝利だったんだぜ?」なんてよくある大ぶろしきのホラ話で、そこからマルコの存在まで否定するのは論理が飛躍しすぎだと思うけどなー。
 だいたいベネティアに「マルコ・ポーロという商人はいた。証拠もある」って番組内で言ってる。いるんぢゃん!いなくないぢゃん!

 で、結局はマルコの存在を示すものがその著書しかないで〆るんだけど、だったら『東方見聞録』自体をよく読めよ、と言いたい。
 「荒唐無稽なファンタジーの怪物が出てくる」っていうけどさ、それ、中国の史書や昔話で伝統的に言われてるバケモノじゃね? だったら、その話、マルコはどこで誰に聞いたのよ?ってならないかい? ここに出てくる学者先生たち、上っ面でしか中国を知らない気がした。いや、私も詳しくはないが、『東方見聞録』って雲南やら北方やらの辺境の話や異民族の話で伝聞にしちゃリアルだな、よく知ってるな、正しいじゃん、ああ、アレのことはこう見るか、と思う所が多いんだよな。

 これは邦題の付け方が悪いのかもしれないな。 「謎の人物・マルコ=ポーロ」的なタイトルで、マルコはドラマで描かれてるようなヒーローじゃないよ?みたいな取りあげ方だったなら、これほど微妙な印象にはならなかったかもしれんのぉ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

Kindle出版またやってみたよ

「部族篇4」ウリャンカタイの雲南(カラジャン)遠征が終わりました!

第四章の目次で言うと、つまりこういう事です。

第一部 ダルレキンと呼ばれる諸部族
  ウリャンカト    ←今ココ!
  クンギラト
  ウリャウト
  フゥシン
  スルドゥス
  イルドゥルキン
  バヤウト
  キンギト

第二部 ニルンと呼ばれる諸部族
  カタキン
  サルヂウト
  タイヂウト
  ハルタカンとシヂウト
  チノス
  ヌヤキン、ウルウト、マングト
  ドゥルバン
  バァリン
  バルラス
  ハダルキン
  ヂュリヤト
  ブゥダト
  ドゥクラト
  イィスト
  スカン
  クンギヤト

……ま、間に合うのか?>自分

 さて、ウリヤンカダイが苦戦したカラジャンとはなんぞや?という理解を深めるため(?)、『ガルーダ 南詔王国の勃興』というラノベ(自称)をKindle版で公開してみました!

Garudahyoshi

←表紙、なんだか昭和の怪獣映画のポスターみたいな……(笑)。
YouTubeで「デストロッヤァァァ!」って叫んでるゴジラ解説をBGVにして作ったせいだろうか。
まぁ、あれにも「ガルーダ」って出てるけどさ。

 今回は他のKindle本を見たり、一太郎の新しいバージョン(EPUB、mobi対応)を導入したりして改良を重ねたので、格段に読みやすくなっている……ハズ。無料キャンペーンもやっているので是非、試してみてくださいまし。

(無料キャンペーン期間2016年2月8日17時~2月12日16時59分)

.。.:**:.。..。.:**:.。.本書の特徴.。.:**:.。..。.:**:.。.
         (当社比)

○縦書き

○見かけない(難しい)漢字 ←非漢民族の名前だと非常に「夜露死苦」的あて字が多いのでコレが出るのは大助かり

○ルビ ←上記の理由でルビ必須。もちろん「強敵と書いてともと読む」厨二病もにっこり

○目次 ←前もできたと思うけど、意識的に作れるようになった

○プレビュー済み ←前できなかったと思ったのは自分が使い方わからなかっただけかもしれないけど

 それで、ジャンの話に戻ると、唐側の記録でもラシードも、雲南の気候は「瘴気に満ちている!」とか書いているところが興味深い。

 唐軍もウリヤンカタイ軍も80%以上の兵員を失っていて、それを雲南の気候が極悪だったせいにしてるけど、嘘つけ、と言いたい。雨期に行ったことあるけど、それほどでもなかったし。…それとも、日本人だから毎年梅雨で鍛えられてるせいで平気だったのかなぁ?

←Kindle版「風の馬」もよろしく!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

ドラマ「マルコ・ポーロ」特別編:百の目

マルコ・ポーロ: 百の眼

2015年アメリカ
監督:アリク・サハロフ
キャスト:
百の目…トム・ウー
フビライ…ベネディクト・ウォン
スブタイの息子…羽田昌義

 日本と言えば、ニンジャ!
 中国と言えば、クンフー!

 …というわけなのかどうなのか、「マルコ・ポーロ」登場人物中では人気が高いらしい、マルコの師匠・百の目のエピソードが特別編で来たぁー!

 これはこの夏にあるという第Ⅱシーズンにも期待できるよ!

 私らは、チンギス=カンと長春真人の問答からの連想で、道教の道士は不老不死の仙人みたいなイメージがあるけど、世間的にはこんな武闘家のイメージなのか。本家中国(というか原作は香港かもしれんが)のドラマ射鵰英雄伝の長春真人もネタとしか言えないくらいすごかった。

 百の目が捕らえられてフビライに仕えるようになるまでのエピソードなんだけど、スブタイの息子って所で吹いた。名前くらい付けてよ、と。でもまぁ、本当にいた人物を出しちゃうとまずいし、ウリャンカタイにしてもフビライにとってはいらない子なのかもしれないから、この扱いも納得できるようなできないような(笑)。それから、このエピソードの時点では、小アルメニア(キリキア)からは普通に来られる訳ね。

 さすが、何度も異民族に征服されたことのある中国、異民族に仕えなければならないときの屁理屈が発達してるわ~、などという見方は腹黒かな(笑)。

 それにしても、チンキムってモンゴル語の名前だと思ってたけど違うのかねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)