2017年3月30日 (木)

ドキュメンタリー「ハッピー・ピープル タイガで暮らす一年」

Happy Peopleトレーラー(ワンコ走りバージョン)

2010年ドイツ/ロシア
監督:ウエルナー・ヘルツォグ/ドミートリィ・ヴァシュコフ
キャスト:
ニコライ・シニアエフ
ゲンナジー・ソロヴィヨフ
アナトーリィ・タルコフスキー

 エニセイ川中流バフタに暮らす人たちの暮らし。ロシアのTVシリーズを90分にまとめたもの。元のヤツは、ヴァシュコフ本人がTouTubeにアップしているのを見られる。ロシア語だけど

 タイガの中で黒貂を獲って生活しているハンターたちが、
「この暮らしがもっとも幸せだ」
と言ってるのは、『集史』に出てくるモンゴル時代の森の民が、
「ここの暮らしより良いものはない!」
と言って、羊を飼う暮らしを嫌悪しているのを思わせる。ラシードは、彼らが井の中の蛙でもっと良い生活を知らないからだと言いたげだけれど、そうじゃないのかもしれない。
 自分の力量だけが頼りの厳しい暮らしでも、誰にも束縛されず自分自身にだけ従っていれば良いという暮らしを好むということなのかも。そういう他人に支配されるのを嫌う人たちを、指揮官の命令には絶対従う兵隊にしたてるのは大変そうだ。だから、森のウリャンカイは軍隊に編成して戦に行かせたりせずに、チンギスの墓を守る役割を与えられたのかもしれないな。一人で墓所をパトロールなら得意そうだし。そういう適材適所に配したのは誰なのかねー。チンギスかな?

 村まで道がないって村はシベリアには他にも結構ありそうだね。まぁ、エニセイ河が道のようなもんだけど。エニセイ河畔の村の暮らしに興味のある人は、必見。
 ケート(エニセイ・オスチャーク)もちょっと出てるけど、特有の文化の紹介がほとんどないほどに、伝統文化は忘れ去られちゃってるとはねぇ。オンゴンみたいな家の精の人形を持ってたおばあさんも、家が火事になって村を離れてしまうし……。

 熊に食べられないように、木の高いところに食料をしまっておく話は、樹上葬の始まりはそういう事だったのかなーなんて考えさせられた。
 やっぱり、シベリア森の暮らしは興味深いんだけど、蚊がなー。夏のあのやけにでかい蚊が雲のようにまとわりつくのは、勘弁して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

アルタイで保存されてたチンギス=ハンの教訓が解読されたってよ

 「智恵の鍵(オユーン=トゥルフール)」というアルタイ共和国アノーヒン記念国立博物館に保管されていた古モンゴル文写本が、イリーナ=ネフスカヤ教授の指導のもとヘルレン=ボリドという学生によって解読されたそうな。

 元ネタはココ→「チンギス=ハンの教え」(アルタイ共和国アノーヒン記念国立博物館

 写本は18世紀前半に書写されたものと見られ、現存する「智恵の鍵」の写本としては、最も古いらしい。筆跡は三人のもので竹ペンや筆で上から下へ、左から右へとモンゴル文字で書かれている。
「女の言葉をあまりまじめにとりあうな」なんて訓戒は、一七条の憲法とよく比較されるチベット「一六清浄人法」をちらっと思い出したんだけど、比べてみたら全然違った(笑)。まぁ、訓戒なんて、似たような感じになるかもなー。

 「智恵の鍵」という書物は非常に有名で、写本がサンクト=ペテルブルグやウラン=バートルに複数保存されていると言うけど、初めて聞く書名だなー。「はっきりした文字(トド文字のこと?)」で書かれたオイラト語写本もあるって言うくらいだから、広く知れ渡った書物・格言のようなんだけど。あるいは日本では別の名前で知られているのかもしれないなー。専門家じゃないからわからないや。教えて!偉い人!

 ……それはいいんだけど、13~14世紀に成立した「智恵の鍵」の最も古い部分は、「チンギス=ハンによって書かれた」と読めるんだけど、こう翻訳して大丈夫なのかなぁ? 「書かせた」なら問題ないんだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

ロシアのスペツナズが近々快適で高性能な極地用防護服を装備するらしいよ?

 局地戦ではなく、極地戦ね。北極とか酷寒の地での戦闘用の新しい装備のお話し。

元ネタはこの辺→「ロシアのスペツナズが極地用ボディアーマーを与えられる」(イズベスチヤ)

 いやいや、どこからの攻撃を想定しているのか、現状だって冬のロシアに攻め込むような無謀な国はないだろ、と思ったんだけど。今のままでもロシア軍の冬装備最強じゃないの?  冬将軍をものともしなかったのって、モンゴルとフィンランドくらいしかないじゃん。地図的にはアメリカが北から上陸して来そうな地形だけどさ。

 まーなー、スペツナズ(特殊部隊)なら、活動するのはロシア国内ばかりじゃないかもしれないけど、それにしたって、あんまり使いどころが考えつかないぞ。

 で、どんなのかっていうと、ドラグノフ狙撃銃で5~10mから撃たれても平気なヘルメットと、強風を防ぐジャケット、ズボンの一式。「アルモコム(「強化複合材」からとった社名)」の超堅牢素材センターが開発した微細な孔から水蒸気を逃がす構造になっている「フィルム状の布」でできているとか。

 この「フィルム状の布」っていうのは直訳だけど、ゴアテックスのような水蒸気は通すけど水は通さない素材のことらしい。なんて言うのかな?

 風を通さず、軽くて蒸れないから快適っていうんだけど、そういうの山歩き流行ってる日本でも売り出したら売れるかも。ヘルメットは御岳山とか火山の避難所備品用。火山弾は…防げるかな???

 ただ、ロシアの、しかも軍当局の考える「軽い」は、レジャー用途で我々の考える「軽い」とは違うかもしれないのがちょっと引っかかる。このヘルメットが世界で最も軽いっていうんだけど、総重量1kgなんだって。…重いような気がするんだけど、いろいろ付いてるとこんなもんなんかね?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

世界初のマヌル研究センターがアルタイにできるよ

 ネットですっかり人気者のマヌルネコ。でも、大型ネコ類の御多分に漏れず絶滅危惧種なのです。

(2008年にブレイクしたというからこのYouTubeくらいが最初か?確かに、初期にこの映像を見た記憶がある)

 ロシアでは、ザバイカル、トゥバ、アルタイ辺りに生息していて、レッドデータブックにも載っていて保護されているけれども、隣接するモンゴルでは毛皮獣として今でも狩られているような状態です。

 中央アジアの他の国々にもマヌルはいます。でも、どうもはっきりした個体数とかはわかっていないみたいです。それぞれの国の様々なデータや経験が単発・個別的にあるだけでまとめられていなかったんですね。まぁ、同じ個体が国境を越えていたり、国によって調査の手法が違うとまとめにくそうではあります。

 2016年9月14、15日ノヴォシビルスクでロシア、アメリカ、イギリス、タジキスタン、カザフスタン、スウェーデン、モンゴル、ウクライナの学者が参加して開かれていた国際フォーラムで、こういったモノをまとめようと話し合われ、ある程度設備のあるアルタイ共和国のサイリュゲム国立公園に集約したらどうかということでまとまったとのこと。 世界初のマヌル研究センター(?)になりそうです。

元ネタはこのあたり:
ノヴォシビルスクでマヌル研究に関するカンファレンスが行われた(ヴェスチー・ノヴォシビルスク)
サイリュゲム国立公園がマヌル研究の場になる(サイリュゲム公園公式)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

チャイナマネーがサハでマンモスの牙を爆買いしてるってよ

 タイトルが全てなんですが(でおち)、サハ(ヤクーチャ)ではマンモスの牙を巡ってゴールドラッシュのような状態になっているらしいですぞ。

マンモス狩り:ヤクーチャで新種の「ゴールドラッシュ」 (ロシア語・写真多数)

 象牙の取引が厳しく制限されているので、その規制に引っかからないマンモスの牙を獲って一攫千金を狙う象牙ハンターが殺到。サハの辺鄙な村に億万長者村が出現しているとか。

 下の方に出ているのは毛サイの角ですね。これも確か漢方とかで中国で人気があったモノではないかと。

 サンゴ騒動の時もそうでしたが、数年後の取り尽くされて荒涼とした沙漠だかツンドラだかが残される未来しか見えないのですが、大丈夫なんでしょうか?? たぶん大丈夫じゃないと思うんですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

「ラノベのようにすらすら読める集史」シリーズをKindleしてみたよ

 Kindleアンリミテッド人気にあやかろうと、ウチも「ラノベのようにすらすら読める集史」シリーズなるものを始めてみました。

Jami2
集史: 部族篇2 ラノベのようにすらすら読める集史

 →にある『届かなかったLove Letter』のラシードが語っている、というイメージで書いたので、少々調子に乗り過ぎな気もしますが、いかがなものでしょう?
 アンリミテッドで読める方、有料でも読んでやる、という親切な方、是非とも感想をお聞かせ下さい(「え?集史ってこんなんだっけ?」とか)。

 いや~、それにしても「部族篇2」翻訳してから3年、見直してみると随分いっぱいいっぱいだったんだなぁ、と感慨深いですな。序文のワケワカランぶりにうんうん唸った後でこれ見るとそんなに難しくなく読めて、「クソっ、クソっ、なんて自分はロシア語できないんだ」と思いながらも取り組んでいるウチに少しは進歩したのかな?……だといいな~。

 で、新シリーズ記念に、既発表のヤツの無料キャンペーン、9月11日までやってるるるr。
是非ダウンロードしてみてね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

モンゴル史「部族編4」が我が家に着いたぁ@日東ヒ34b

 そ、そりゃないぜ、小澤さん…。

 小沢さんといっても「仮面ライダーアギト」の小沢澄子じゃないぞ(あたり前田のクラッカー)。

 スカヌウトの部族名の元になってる「スカイ」ってモンゴル語にねえなあってずっと探してたんだけどさ。

 なんのことはない、現代モンゴル語辞典みたら、まんま載ってたわ。しかも、キリル文字表記の現代語辞典だから探すの苦労なしで。なんなのこの「青い鳥は家にいた」みたいなオチは…。

……あぁ、我が家にいなかっただけなのね、ウチにある貰い物の超古くて簡単な現代モンゴル語辞典には出てなかったもんな。DA・KA・RAさんざん探してたんだけどさ。そりゃあ、いないよね、ウチに青い鳥さん……シクシク。

 ま、いいんだけどね、ラシードの解説が正しいって事を自分で納得するために調べてただけなので……。

 だって、もう「部族篇4」刷り上がっちゃったから!

Mongol41
ほれぼれする出来上がり

Mongol42
そしてこの注の量である(セミョーノフの注だよ、私じゃないので信用できる)。

 カノッサ編集長、ありがとうございます。

 さて、再来週の「部族篇4」は:
●シギ=クトクとヤギの*の話
●チンギスがボオルチュの尻を愛でる話
●チンギスに「おまえの娘なんかガマかカメみたいだ、このおれが娶るかよププ」と言って処刑されたアミールの話
…等々、見所たくさんだよ~。

みんな、見てね~!
Pop1
『モンゴル史』部族篇4
\1,000.-
「群雄」日東ヒ34b

……そしてますます秘史原理主義者になるわしであった……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

自家用ヘリを買おうぜ

 ヘリコプターマネーではなく、リアル・ヘリコプターの話です。

個人所有ヘリ:どれを買うべき? どうやって飛ばす?

 ↑なんてなタイトルのロシアの雑誌記事を見かけまして。
 ほほー、ロシアの金持ちはどんな自家用ヘリコプターに乗ってるのかナー?と興味津々でのぞいてみました。

 結果から言えば、ロビンソンR-22、ローターウェイA600タロン、ヘリ・スポルトCH-7、CH-77、懐に余裕があればエアバスヘリコプターズもしくはベルと、なんてことはない、欧米と同じじゃないですか。

G-HIZZ Robinson R-22 Helicopter (27189429136)
<ロビンソンR-22>

 なるほど、とは思いました。最近どうもロシアのニュース映像でロビンソンよく見かけるなぁ、と思ってたんです。ロシアでもポピュラーになったんですね。
 まぁ、R-22なら価格が3000万円前後(輸送費関税等含まず)とお手頃なんでしょう。

 しかし!

 ロシアなのにロシア製のヘリはどうした、と思うわけです。

 一応、自家用に使えそうなものとしてカザン・ヘリコプターズのアンサト(タタル語で「難しくない」「簡単」という意味だそうな)、

Kazan Ansat
<カザン・ヘリコプターズ アンサト:wikipediaでは「軽量多目的ヘリコプター」に分類されてるけど、後部キャビンに7~9人乗れますってそこそこ大きいような>

 カモフKa-226T

Ka-226T maks2009
<カモフ Ka-226T:自家用ユースには若干無骨なフォルムかもしれません。でも、カモフ特有の二重(同軸)反転式メインローターがステキって人もきっといる…か?>

 カモフKa-62の名が挙がっています。

MAKS Airshow 2013 (Ramenskoye Airport, Russia) (519-10)
<カモフ Ka-62:テイルローターの形状(フェネストロン)からしてドーファンじゃねーかと突っ込みたくなりますケド(汗)>

 しかし、これらロシア製のヘリコプターはR-22やA600のように自分で飛ばして楽しむってタイプではありませんよね。大きいし。
 大金持ちならパイロットもお抱えだし、後部キャビンを豪勢なサロンに仕立てて空飛ぶ執務室・応接室として使ってもいいじゃないか、とも思いますが、それだと、お洒落な(笑)エアバス・ヘリコプターズH135、H155やアグスタ・ウエストランド(フィンメカニカ)AW139とまるかぶりです。何となく成金だと舶来品を選びそうな気がします。

I-easj
<AW139:ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーでも取り上げられてましたね>

※逆に言えば、Ka-62の工場は極東・沿海州アルセーニエフ市にあるんだし、日本と極東の経済交流って事で日本の個人なり航空会社がKa-62買ってもいいんじゃないかと思いますね。
 昔、日本でもソ連製ヘリコプター運用してた会社がありましたが、きわめて頑丈で故障しないって聞いたことあります。ロシア製ヘリは極地やアフガニスタンで鍛えられ、Mi-8/17のように改良を加えられながら50年以上生産し続けている機種もあります。ソユースもそうですが、ロシアはそういう息の長い技術が得意ですよね。

 その他、カザン・ヘリコプターズのアクタイ、トリアッチ市の企業の製造しているベールクトの名が挙げられていました。両方とも二人乗りの小型ヘリです。まだまだロシアではこういう軽量ヘリコプターの歴史は浅いので一般的ではないのでしょうが、 そのうち、ロビンソンR-22のライバルに成長するかもしれませんね。

Berkut (helicopter)
<ベールクト:「イヌワシ」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

ドキュメンタリー「ロシアの怪人ラスプーチン」

ナショナル ジオグラフィック チャンネル
あなたの知らない世界史 シーズン1(吹替版)(2009)
第4話「ロシアの怪人ラスプーチン」

 人気者ですなあ、ラスプーチン!……悪名高いともいうけど。
 ロシア人ってオカルトっぽいの好きよねー。
 あの当時のロマノフ家としては、皇太子の不治の病を治したいっていう藁にもすがりたい気持ちにつけ込まれたんだろうけど、超自然的な者を崇拝したがる素地は元々あったよねえ。ほら、いろいろ妙なキリスト教の宗派あったよね? あーでも、皇后はドイツ人だっけ?
 まぁ、キリスト教に限らず、イスラム教にも仏教にも妙なのはあるけどさ。

 草原者的には、「チムールの墓を暴く」→「ドイツ侵攻」っていう大ネタがあるか。

 この番組では、新たに発見されたラスプーチンの検死報告書をもとに死因を検証していて、なかなか面白かった。
 「怪しい伝説」みたいに実際に人体を模したゼラチンを銃で撃って、できた傷口を比較してみたりして。

 確かに、一般に言われてる毒を飲ませても、拳銃で撃っても死なず、川に投げ込んでようやく溺死した、みたいに言われてるけど、言ってるのは殺したプリシケーヴィチとかユスポフだから、自分らの敵はこういう悪魔(闇の力!)であって欲しいって願望も入っちゃってるだろう。

 サンクトペテルブルグにそう詳しくなくても、聞いたような地名がぽんぽん出てくる。こういう事件の現場を巡る旅行も楽しそうだね。サンクトペテルブルグはこの手のダークな事件多そうだから、一人ミステリー・ツアーやったら夜、ホテルで恐くなっちゃいそう。まぁ、幽霊が出たら、オカルト好きにとってはボーナスポイントなのかもしれないが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

ヴァシリエフ「ポル=バジン要塞のルーン文字銘文」を読んで

 昨年、ネットニュースでも取りあげられて話題になったトゥバ共和国のテレ=ホリ湖上の島に残るウィグル時代の城塞遺跡ポル=バジン
 ここで碑文の類は出土していないと思っていたのだが、実はあったんだってさ。で、それについて書かれた論文を読んだので感想文を書くよ。

『中央アジアと南シベリア』論文集Ⅰ(2009年モスクワ)に収録されているD.D.ヴァシリエフの論文というか報告の原題は「ポル=バジン要塞の銘文」。図を見ると明らかに古代トルコ=ルーン体文字なのでキャッチーな表題にしておいた(笑)。

 私はこの遺跡について全く知らなかった。しかし、帝政ロシア時代のシベリア探索で既に注目されていて、1698年に編纂されたレメゾフのシベリア地図にも記されているんだそうだ。

 で、銘文の方だけれどもこれもかなり早く、1964年のS.I.ヴァインシュテインが初出で、テレ=ホリ湖の北岸、アルト=タシの高台にある古代(スキト=シベリア文化時代)遺跡に立つ鹿石に彫られているんだそうな。こういう再利用はよくあるよね。
 保存状態は当時からかなり悪く、どうも拓本は取れない様子。今回の調査(2002、2007年)で終日観察して太陽の向きで変わる影の具合で読み取ったみたい。意味の取れる長さの文章ではないけれども、中に「イルキン/エルキン」という称号が読み取れる箇所があって、それはそれでいろいろと想像をかきたてられる。イルキンという称号は、後世の『モンゴル史』「部族篇」にも出てくる歴史ある称号で部族長クラスだから、この要塞の守備隊長だったのかなー、とか。

 もう一つは今回の探査で発見されたもので、要塞内、内城の外壁にひっかくようにして書かれた2行。
 ヴァシリエフは、衛兵が自分の名前を記念に書いたかも、と想像しているけどそれって落書きじゃん! でも、そういう普通の人がルーン体の文字を普通に書いちゃうって結構すごいんじゃないの? ウィグル教育水準高!って思ったけど、王宮警備の衛兵なら良いとこの坊ちゃんで字くらい知ってるのかなー?

 ヴァシリエフは、ポル=バジンにもモンゴルのハル=バルガス(カラバルガスン)のような碑文があったはずと言う。なぜなら、シネ=ウス碑文や(E8)テルヒン(タリアト)碑文(W1)、セレンガ碑文(未確認)の「聖なるオテュケンの西麓、テズ川上流河源の近く」にバヤンチョル(磨延啜、葛勒可汗)が築かせたのがポル=バジン要塞であり、それら碑文から窺えるように、ポル=バジンにも碑を建てさせているはずだという。

 ハル=バルガス、すなわちウィグル時代のオルドゥ=バリクは破壊されたから早い時期に遺跡になって碑文が割れた状態ではあっても残されたけど、モンゴル時代までも生き残って使われてたバイ=バリクにはそういうのないみたいだからねー。ポル=バジンがあんまり使われないで放棄されたって言うのなら、カガンの碑文はどっかに埋もれてるかもしれない。いや、あまり使わなかったなら紀功碑文なんてどこかに持っていって建て直すかな?

 ヴァシリエフももう失われてしまったのだろう、と半分諦めたような事を書いているけれども今後も捜すという事なので、カガンの碑文が発見される!ポル=バジンを築かせたのは実は○○カガン……なんてニュースを聞く日が来るのかもしれない……いや、来て下さい!

 最後に、この地を巡る在地の部族とウィグルとの会戦についての地元の言い伝えってのがすごく気になるんだが、書いてないんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)